疫病、それらを誰が起こしたのか?

5月 16, 2020 0 Comments


新型コロナウィルスは世界中で何千人もの人々に感染と殺害を続けていますが、多くの国々の首脳は、起こり得る2度目の波状に対する恐怖を既に表明しています。

聖書的に言えば、疫病が再発する可能性は本当にあります。つまり、2度目、3度目の波状、またはそれ以上の波状が発生する可能性があります。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
黙示録 11:6
この人たちは、預言をしている期間は雨が降らないように天を閉じる力を持っており、また、水を血に変え、そのうえ、思うままに、何度でも、あらゆる災害をもって地を打つ力を持っている。

疫病、悪病、呪いの発生状況は、神に対する私たちの従順さか不従順さに関係しています。

聖書は、人類が経験するという可能性のある非常に多くの種類の呪いや疫病について語っています。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
申命記 28:15
もし、あなたが、あなたの神、主の御声に聞き従わず、私が、きょう、命じる主のすべての命令とおきてとを守り行なわないなら、次のすべてののろいがあなたに臨み、あなたはのろわれる。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
申命記 28:16
あなたは町にあってものろわれ、野にあってものろわれる。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
申命記 28:17
あなたのかごも、こね鉢ものろわれる。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
申命記 28:18
あなたの身から生まれる者も、地の産物も、群れのうちの子牛も、群れのうちの雌羊ものろわれる。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
申命記 28:19
あなたは、はいるときものろわれ、出て行くときにものろわれる。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
申命記 28:20
主は、あなたのなすすべての手のわざに、のろいと恐慌と懲らしめとを送り、ついにあなたは根絶やしにされて、すみやかに滅びてしまう。これはわたしを捨てて、あなたが悪を行なったからである。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
申命記 28:21
主は、疫病をあなたの身にまといつかせ、ついには、あなたが、はいって行って、所有しようとしている地から、あなたを絶滅される。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
申命記 28:22
主は、肺病と熱病と高熱病と悪性熱病と、水枯れと、立ち枯れと、黒穂病とで、あなたを打たれる。これらのものは、あなたが滅びうせるまで、あなたを追いかける。

申命記 28:22で述べられた疫病の1つは打たれることです。爆風または突風は、疫病の媒体または乗り物になる可能性があります。健康の専門家は、新型コロナウィルスに感染した人がくしゃみ、咳、または会話をすると、その飛沫から感染する可能性があると述べています。そのため、ウイルスの蔓延を防ぐために、物理的な距離を厳密に守ることが一般に推奨されています。彼らは、このウイルスは空中浮遊ではないと言っていますが、風や空気がその伝染に関与していることは否定できません。そして研究によると、この新型コロナウィルスは数時間も空中で検出可能なままです。


中国で始まった新型コロナウィルスは、ほんの数週間から数か月で世界のほぼすべての国に浸透することができました。現在、米国では新型コロナウィルス陽性のケースが最も多くなっています。このため、多くのアメリカ人、特にニューヨーク在住の人々は、大統領、ドナルド・トランプ氏がこの汎流行に対する準備に失敗したことについて、非常に激怒しています。それは、馬鹿げていると思います!そもそも、誰がそれに対して備えることが出来たのか?このウイルスの発生源の中国でさえも準備ができていませんでした!

この汎流行はすでに国家元首の支配を超えています。チャールズ王子でさえ、新型コロナウィルスに対して陽性反応を示したのではないでしょうか。そして、彼らは接触追跡を行なった後でも、彼がどのようにウイルスを獲得したかを追跡することができませんでした。それは、空中に運ばれるウイルスが本当にあるからです。

人間の酷い邪悪と神への不服従は別として、聖書の宣言に言及しようとするなら、疫病の発生へのもう一つの寄与因子は、多くの牧師と宗教指導者の習慣であり、それは聖書に記されてあります。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
黙示録 22:18
私は、この書の預言のことばを聞くすべての者にあかしする。もし、これにつけ加える者があれば、神はこの書に書いてある災害をその人に加えられる。

そのような疫病の例は、消耗病や結核病のような消耗性疾患です。腸チフスのような発熱、灼熱。しかし、人間の邪悪さがさらに強まると、聖書に書かれていなかった疫病を人類が経験することになります。

なぜ現在、エボラウイルス、鳥インフルエンザ、中東呼吸器症候群、豚インフルエンザ、重症急性呼吸器症候群、そして今では新型コロナウィルスが存在するのかは、過去の世代には知られていないのは当然のことです。それは、人間がより悪になったからです。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
申命記 28:59
主は、あなたへの災害、あなたの子孫への災害を下される。大きな長く続く災害、長く続く悪性の病気である。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
申命記 28:60
主は、あなたが恐れたエジプトのあらゆる病気をあなたにもたらされる。それはあなたにまといつこう。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
申命記 28:61
主は、このみおしえの書にしるされていない、あらゆる病気、あらゆる災害をもあなたの上に臨ませ、ついにはあなたは根絶やしにされる。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
申命記 28:62
あなたがたは空の星のように多かったが、あなたの神、主の御声に聞き従わなかったので、少人数しか残されない。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
申命記 28:63
かつて主があなたがたをしあわせにし、あなたがたをふやすことを喜ばれたように、主は、あなたがたを滅ぼし、あなたがたを根絶やしにすることを喜ばれよう。あなたがたは、あなたがはいって行って、所有しようとしている地から引き抜かれる。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
申命記 28:64
主は、地の果てから果てまでのすべての国々の民の中に、あなたを散らす。あなたはその所で、あなたも、あなたの先祖たちも知らなかった木や石のほかの神々に仕える。

申命記 28:59の「wonderful(英語版)」という言葉(「主は、あなたへの災害、あなたの子孫への災害を下される。大きな長く続く災害、長く続く悪性の病気である。(新改訳聖書版)」というのは、何か悪いことを伝えます。そこで「wonderful(英語版)」という言葉は、非常に奇妙で陰惨な何かを意味します。並外れた何か。つまり、非常に厄介で恐ろしい疫病が実際に存在し、それらは「大きな」および「長い間に続く」と表現されています。そのため、それらは大きな有害な影響を引き起こす可能性があります。

振り返ってみると、世界ではインフルエンザやスペイン風邪による4千万人から1億人の死者が出ており、1918年には腺ペストがあった。それは新型コロナウィルスが登場してからほぼ100年前のことだった。

私の恐れていることは、この疫病がさらに長く続くと、多くの人々が死ぬことです。申命記 28:61で述べたように、「主は、このみおしえの書にしるされていない、あらゆる病気、あらゆる災害をもあなたの上に臨ませ、ついにはあなたは根絶やしにされる。」

この疫病は、2つの視点から見ることができます。最初に、それは神から下るかもしれません。何故なら、人間はとても悪になり、人間が悔い改め、自分の愚かさを悟り、そして、目覚めの呼びかける者として役に立つことを神は望んでおられているからです。2つめは、神の敵、青ざめた馬に乗る者、それの野望は、人類に大混乱をもたらすことから来るのかもしれません。

この疫病が神から来たものである場合、それが人間の罪深さと神の戒めへの完全な反抗の結果である場合、多くの人が倒れることになります。それは人の命の非常に大きな損失を引き起こす可能性があります。しかし、この疫病が神の敵、青ざめた馬に乗っている者によって引き起こされた場合、それを止めることができる可能性があります。

どちらが疫病の原因であるにせよ、全能の神は私たちが悔い改めて、神の元に戻ることは、疫病を終わらせる力を持っています。ニネベは、彼らの邪悪さが原因で神に滅ぼされそうになったことを思い出してください。しかし、彼ら全住民が悔い改めて神の元に戻ったことで、彼らが降りかかるはずだった破壊を免れました。

ニネベに起こったことは私たちにも起こるかもしれません。彼らが神の憐れみを手に入れ、破壊から救われたなら、ニネベの人々がしたことだけをやれば、この新型コロナウィルスの汎流行からも救われるかもしれません。私たちが悔い改め、私たちの悪行から背き、自分自身らを神の権限に戻したらと思います。


0 コメント:

善いお知らせは、人類の為に希望があること

5月 09, 2020 0 Comments


20世紀と21世紀の前期は、洪水、地震、および旱魃などの自然災害から、通貨膨脹、戦争、テロなどの人為的な問題等のさまざまな種類の危機を経験してきました。しかし、多くの人々は、新型コロナウィルスの汎流行がおそらくすべての中で最悪であることを証明しています。実際、高齢者はこれほど恐ろしくて壊滅的なものはこれまで経験したことがなかったと主張しています。それは、経済に大きな打撃を与えました。人々の移動を制限しています。それは、多くの死者を出し、貧しい人々の生活をさらに困難にしました。

すべてのニュース・ポータルは、毎日増加する死亡人数と新しい症例を報告しているだけなので、多くの人は事態がさら​​に改善するかどうか尋ねざるを得ませんでした。改善可能の場合、いつ、どのように?そして、誰がこの恐ろしい状況から人類を救助できるでのしょうか?

このウイルスが生み出した広大な問題の解決策を全世界が暗闇の中で探っている一方で、人類に希望と大きな安堵を与えることができる朗報はあるのです。善い知らせは、私たちが神に服従し、神に従い、神を信頼するならば、常に私たちを救ってくださる神がいるということです。

今日、多くの人々が落胆し、多くの不安に圧倒されている理由は、彼らが、神と神のできることへの信頼を欠いているためです。さらに悪いことに、彼らは自ら神と離れています。

神への私たちの信頼は、私たちに心の平和、希望、慰め、そして積極的さを与えるものです-私たちの免疫力を高めるだけでなく、疫病、悪疫、または汎流行などの困難な状況への対処にも役立ちます。

専門家によると、統計は毎日急上昇し続けているため、この新型コロナウィルス汎流行はまだピークに達していません。 [報告に基づいて、その開始からこの執筆まで、世界中で300万人以上が陽性反応を示し、100万人以上が回復し、20万人以上が死亡しています。]

神がエジプト人に疫病を送ったとき、たった一夜でエジプト人らのすべての初子は死にました。その疫病は、数時間で数千人が亡くなったため、より壊滅的なものであったと言えます。そして、それはエジプト人にイスラエルの神がいかに強力であるかを示すためでした。 新型コロナウィルスに関する限り、今のところ1泊で何千人もの死者を出した国はまだないと思います。私が間違っている場合はご是正下さい。

神の御言葉によると、疫病は数千人の転倒、つまり死を引き起こす可能性があります。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
詩編 91:6
また、暗やみに歩き回る疫病も、真昼に荒らす滅びをも。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
詩編 91:7
千人が、あなたのかたわらに、万人が、あなたの右手に倒れても、それはあなたには、近づかない。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
詩編 91:8
あなたはただ、それを目にし、悪者への報いを見るだけである。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
詩編 91:9
それはあなたが私の避け所である主を、いと高き方を、あなたの住まいとしたからである。

今、全世界が置かれている状況は、まだ絶望的なものではありません。まだ治療法があります。私たちが、神を私たちの逃げ処にするなら、この疫病は終わるかもしれません。もし、私たちが、神に信頼を置くのならば。

しかし、人々が神を信じることを拒否し続けるなら、彼らには 詩編 91:7 に書かれていることが実現されます。「 千人が、あなたのかたわらに、万人が、あなたの右手に倒れても、それはあなたには、近づかない。 」

繰り返しますが、善い知らせはウイルスの根絶ではありません。善い知らせは、人々が神に信頼を置き、心から神の教えを守り、邪悪な道を離れれば、人々はこの伝染病から救われるかもしれないということです。そして、彼らがこのウイルスに感染したとしても、それは彼らの転倒や死を引き起こさないでしょう。詩編 91:8で述べられているように、「あなたはただ、それを目にし、悪者への報いを見るだけである。 」神は疫病を食い止め、神を信頼し、神の元へ逃げる人々を救う力を持っています。

新型コロナウィルスに対する世界の戦いはまだ終わっていませんが、家族や愛する人だけでなく、最前線にいるすべての人々(国のリーダー、医療機関)のために祈ることが非常に重要です。提供者、平和と秩序を維持する人々、基本的なサービスの提供に従事する人々、そして他のすべての人のために。彼らの安全と保護を祈りましょう。

私たちが祈ることは、神の戒めです。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
フィリピ 4:6
何も思い煩わないで、あらゆるばあいに、感謝をもってささげる祈りと願いによって、あなたがたの願い事を神に知っていただきなさい。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
フィリピ 4:7
そうすれば、人のすべての考えにまさる神の平安が、あなたがたの心と思いをキリスト・イエスにあって守ってくれます。

私たちの熱心な祈りと神への信頼は、疫病と悪病に対する強力な武器です。ですから、必ずお祈りしましょう。

神は、私たちに権威のある人々を含むすべての人のために祈ることを望んでおられます。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
テモテ 一 2:1
そこで、まず初めに、このことを勧めます。すべての人のために、また王とすべての高い地位にある人たちのために願い、祈り、とりなし、感謝がささげられるようにしなさい。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
テモテ 一 2:2
それは、私たちが敬虔に、また、威厳をもって、平安で静かな一生を過ごすためです。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
テモテ 一 2:3
そうすることは、私たちの救い主である神の御前において良いことであり、喜ばれることなのです。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
テモテ 一 2:4
神は、すべての人が救われて、真理を知るようになるのを望んでおられます。

神は、私たちが他の人々のために祈るときはいつでも喜んでおられています。

残念ながら、時々、他の人々が祈るのは、あるカトリック教の司祭がしているように、他の人々の破壊や没落です。彼はドゥテルテ大統領の死を祈っています。私はそれが司祭のようにとてもふさわしくないと思います。彼がクリスチャンでありキリスト教の擁護者であると公言するなら、彼は権威のある人々のために私たちが祈るべきである聖書の忠告を知っているべきです。あるいは、聖書を読んでいないので、彼はそれを知らないのかもしれませんね!

クリスチャン、またはキリストの追随たる者は、敵のことをも祈ります。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
マタイ 5:44
しかし、わたしはあなたがたに言います。自分の敵を愛し、迫害する者のために祈りなさい。

私たちを迫害し、私たちに感謝している人たちのためにでも、私たちは祈らなければなりません。しかし、彼らの死や不幸を祈るのではなく、神が彼らを祝福し、彼らを憐れんでくださるように祈りましょう。

神が私たちが仲間に愛と憐れみを示すことを見ると、神は確かに私たちにも憐れみ深くなるでしょう。

そして、神の憐れみと神への信頼によって、私たちは新型コロナウィルスから救われることができます。アーメン。

免責事項

この日本語翻訳は、私たちの通訳者たちの全力を尽くし最高度の注意をもって翻訳されました。しかし、ControversyExtraordinary.com は諸要因により翻訳された情報の正確さを保証しません。本来の言語である英語版と日本語版に不一致があった場合でも、本来の英語版が常に優勢です。

0 コメント:

人類に対する神の言葉を無視することの危険性

5月 06, 2020 0 Comments


今日人類に起こっている不穏なことはすでに聖書で預言されていました。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
黙示録 6:8
私は見た。見よ。青ざめた馬であった。これに乗っている者の名は死といい、そのあとにはハデスがつき従った。彼らに地上の四分の一を剣とききんと死病と地上の獣によって殺す権威が与えられた。

ヨハネに与えられたこの啓示は確かに非常に怖いです。想像してみてください。死とハデスは地球の1/4分に対する権威を与えられました。ヤツらは、剣と飢饉で多くの死を引き起こします。それが発生する可能性のある1つの方法は、紛争や戦争を扇動し、その結果、多くの企業や産業の破壊と閉鎖を引き起こし、飢饉や飢餓につながる可能性があることです。そして私たちが知っているように、人々が飢えたら、人々は冷酷で無法になります。したがって、人々が食物のために殺したり、死ぬ準備ができたりすることは、遠い可能性ではありません。

これらはすべて、青ざめた馬に乗っている死という名の者の行動です。それは、サタンから来た霊であり、疫病、飢餓、戦争、および野生動物によって引き起こされる感染症をもたらすので、全世界に憂懼と恐怖をもたらすことです。

今、私たちの周りを見回すと、青ざめた馬に乗っている者がその任務を遂行するのに忙しいのは明らかです。ヤツは、国々を互いに戦争させるよう挑発しています。そして現在、ヤツは容赦なく人々を殺害している。ウイルスは健康専門家がCOVID-19と名付けた。私たちは、少なくとも今のところまだヤツがその使命をまだ完全に果たせないことを望んで祈ることしかできない。

この新型コロナウイルスが世界中に広まったため、人類は準備ができていない状態で捕らえられています。人間は無力な立場に置かれ、顔の見えない、目に見えない敵から身を守ることができませんでした。この新型コロナウイルスとの戦いは、空腹のライオンに追われるよりもさらにタチが悪いものです。後者ならば、少なくともできるだけ速く走って命を守るか、獣の動きを止めるために武器を使うことはまだできます。

非常に怖いのは、誰もが気づかないうちにこのウイルスに感染する可能性があるという事実です。例えば、感染者からの飛沫が含まれているボールペンや紙幣を持っている手で目や鼻をこすると、人が感染する可能性があります。

専門家によると、特定の条件のもとでは、この新型コロナウイルスは、着地した表面に応じて、3〜5日間生存する可能性があります。研究によると、新型コロナウイルスは段ボールに着地した場合、24時間生存する可能性があります。ステンレス鋼で2〜3日。プラスチックで3日間。そして銅の上で4時間。ウイルスに抗菌性と抗菌性があるため、銅または銅合金の上に落ちると、ウイルスの寿命ははるかに短くなります。


専門家らがそれを証明するために実験を行なったから、私はそれが本当であると信じる傾向があるわけではありません。実際、それらの実験がなくても、聖書には銅の消毒剤としての有用性が述べられているからであって、私はそれを信じる傾向があります。

覚えておいてください、イスラエル人は彼らの溶かした耳輪から偶像となる子牛を造った時、彼らは神に対して罪を犯しました。彼らは金色の耳輪を溶かし、それから彼らの神となる子牛を造りました。しかし、当時溶かされたすべての耳輪が本物の金で作られたわけではないという大きな可能性を考慮する必要があります。他は単に金のようであるかもしれませんが、実際には銅でした。そして彼らは、彼らの偽りの神を作るのに使用した混合物に金と銅の合金を持っていました。そして、彼らが主の与えられた疫病から救われるために、モーセは溶かした子牛を燃やして粉になるまで砕き、イスラエル人に飲まされた水にふりかけた。苦い味だったかもしれませんが、疫病から彼らを救ったのでしょう。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO

出エジプト記 32:20

それから、彼らが造った子牛を取り、これを火で焼き、さらにそれを粉々に砕き、それを水の上にまき散らし、イスラエル人に飲ませた。

銅は消毒作用があります。この事実は、アロンとその息子たちが会衆の幕屋と祭壇に入るときはいつでも守らなければならなかった神からの教えでさらに強化されました。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
出エジプト記 30:18
「洗いのための青銅の洗盤と青銅の台を作ったなら、それを会見の天幕と祭壇の間に置き、その中に水を入れよ。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
出エジプト記 30:19
アロンとその子らは、そこで手と足を洗う。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
出エジプト記 30:20
彼らが会見の天幕にはいるときには、水を浴びなければならない。彼らが死なないためである。また、彼らが、主への火によるささげ物を焼いて煙にする務めのために祭壇に近づくときにも、

会見の天幕に多くの人々が行くので、神は安全な場所になるように望みました。それが、アーロンと彼の息子たちが入る前に足を洗うべき真鍮製の海苔、または、大きな洗面器を置いた理由です。 [真鍮は銅と亜鉛の合金です。]なぜそうするように指示されたのですか?確かに、その特定の指示の背後には知恵があります。

銅はウイルスと細菌を破壊する。何故、それはどこにでもないのですか?

ソース: www.vice.com/en_us/article/xgqkyw/copper-destroys-viruses-and-bacteria-why-isnt-it-everywhere

科学者によるの長期にわたる綿密な研究の結果、彼らは銅に抗菌作用と抗菌作用があることを発見しました。おそらく、銅製の洗面器に水をかけると、銅のイオンが水と結合するため、コロイド状の銅が生成されます。したがって、アロンと彼の息子たちに与えられた指示は、彼らがそこに向かった他の人々によって運ばれたかもしれない細菌やウイルスに感染しないようにするための予防策でした。

本当に驚くべきことは、科学が消毒における銅の有用性を発見するずっと前から、それは聖書ですでに述べられていたという事実です。聖書が人生のあらゆる面において権威であること、そして神のすべての御言葉には常に知恵があることを証明しています。

全世界が直面している現在の苦境、特に新型コロナウイルスでは、イスラエル人が科学的価値も持っているため、イスラエル人が彼らの時代に観察した特定の措置を採用すると役立つかもしれません。例えば、自宅では銅製の家庭用品を使用できます。水を飲む場合は、銅製の容器に入れてください。手を洗う場合は、石鹸と水で洗った後、銅製の洗面器に入れた水に手を浸します。

神の処方箋の後に私たちがわたしたちの人生を模倣しようとするなら、それは、私たちに多くの良いことになります。もしかしたら、手すりやドアノブにステンレス鋼の代わりに銅を使用することに戻る時がきたのかもしれません。銅、または銅の合金さえ存在するだけで、細菌やウイルスの寿命が短くなるので、感染する可能性を減らすことができます。

しかし、何よりも、本当に私たちを救うことができるのは、神への従順です。神の戒めを守れば害はありません。神の戒めに従うなら、たとえそのような戒めの背後にある知恵を完全に理解していなくても、自分の利益のためになることを確信できます。それらはすべてあなた自身の利益のためです。

実際に人類が現在、多くの災害を経験している主な理由は、非常に多くの人々が神から離れたためです。彼らは神の御言葉を無視することを選択しました。彼らは自分の気まぐれだけに従うことを選んだ。

しかし、ウイルスや疫病のような問題に悩まされにくい生活をしたいのであれば、神様の御心に沿った生活をしてください。神の教えと戒めに従い、私たち全員が神の恵みと憐れみに完全に依存しているという事実を認めます。

神が私たちみんなを祝福し、守って下さいますように!

免責事項

この日本語翻訳は、私たちの通訳者たちの全力を尽くし最高度の注意をもって翻訳されました。しかし、ControversyExtraordinary.com は諸要因により翻訳された情報の正確さを保証しません。本来の言語である英語版と日本語版に不一致があった場合でも、本来の英語版が常に優勢です。

0 コメント:

人間の神への信頼から発される前向きさの利点

5月 06, 2020 0 Comments



新型コロナウィルスの拡大は、事実上、世界のあらゆる地域で、いわゆる世界の先進国々でさえ、多くの人々の心に大きな恐れを投げかけています。特に、この特定のコロナウイルスは誰に感染するのかを人を選ばないことを人々が見たとき、それは、権力のある政治家、王族、有名人、さらにはバスケットボールのスーパースターのような、金持ちで有名な人さえも被害を受けています。


ウイルスがどれだけ速く伝染するかを見て、咳、くしゃみ、または普通に咳をした人に対して、彼らがウイルスの保因者である可能性があると疑い、恥をかかせられている人たちもいます。だから彼らは感染するかもしれないという恐怖から自分自身を遠ざけようとします。

このウイルスへの恐怖により、多くの人が新型コロナウィルス陽性の症状を示す可能性についても不安を抱いています。したがって、毎日、彼らの考えは、全世界が経験している健康危機に取り憑かれています。

人間の心は非常に強力です。時には、人が常に考えていること、つまり重大な病気にかかるなど、人が深く恐れていることを、自分の器官に吸収させることができます。そして、人がそのような考えをすぐに捨てなければ、それらは現実になりかねます。

つまり、特定の病気にかかることへの大きな恐怖が人にあり、人が昼夜それを考え続け、自分の心がそれに設定されている限り、人は本当にその病気にかかる可能性が非常に高いです。聖書はそれを認めています。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
箴言 18:14
人の心は病苦をも忍ぶ。しかし、ひしがれた心にだれが耐えるだろうか。

神の御助けにより、私たちの心と精神は私たちの弱さを打ち消し、または相殺する力を持っています。私たちの精神と神への信頼は、私たちが恐れや不安にどう対処すべきかを導きます。

しかし、あなたの心が常に様々な恐怖に夢中になっているなら、あなたがそれらについて絶え間なく考えているならば、あなたの恐怖は本当にあなたに訪れるでしょう。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
箴言 10:24
悪者の恐れていることはその身にふりかかり、正しい者の望みはかなえられる。

目に見えない敵との戦いの最中でも、人生の前向きな見方を身につけることが重要です。人生のあらゆる面で-私たちの道のすべての課題、そして、私たちが経験するあらゆる健康問題で-常に神を信頼し、積極性を実践することが重要です。

根拠のない恐怖はストレスや鬱病を引き起こし、免疫力を弱める可能性があります。一方、前向きな見通しを持っていると、人の免疫力を高めることができます。強力な免疫力は、ウイルスを弱め、さらには圧倒します。

人生において前向きな見方をしている人は、簡単に気になりません。その人は、問題によって簡単に揺さぶられることはなく、その人の心配や恐れがその人の命を左右されません。代わりに、その人は心の安らぎと非常に前向きな性格を持っています—神へのその人の信頼と神が何かをして下さることへのその人の信頼から発する積極性。

その人は結局のところ、勝つのは全能の神の意志であり、それがすべての改善のためであると信じています。

アメリカの一部の医師が行なった研究では、人の神への信念がその人の健康にプラスの影響を与えることが出来ると分かったのです。

神を信じることは、本当にあなたを気持ちよくさせると研究は示唆しています

=====

“The new analyses reviewed previous studies of spirituality involving more than 44,000 cancer patients altogether. The studies varied in many ways, but religion and spirituality were associated with better health regardless of specific religion or set of spiritual beliefs.”

:翻訳:
新しい分析では、44,000人を超えるがん患者を対象とした精神性に関するこれまでの研究を総括しました。研究は、様々な方法で変化しましたが、特定の宗教や一連の霊的信仰に関係なく、宗教と霊性はより良い健康に繋がっていました。

ソース: https://nypost.com/2015/08/10/belief-in-god-really-does-make-you-feel-better-study-suggests/

=====

その特定の研究では、医師は、患者の宗教的所属や宗教的信念や慣行に関係なく、神への信仰が回復に積極的に寄与することを確立することができました。しかし、もちろん、より迅速な回復は、幸せな気質と人生の前向きな見方も持っている神の信者から期待できます。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
箴言 17:22
陽気な心は健康を良くし、陰気な心は骨を枯らす。

これはすべての面で非常に当てはまります。それは科学によっても確認されています。あなたの骨は、壊れた精神によって偏見されますが、「陽気な心は健康を良くします」。陽気な心、前向きな見通しが人の健康に貢献することは、医師でさえ同意しています。前に述べたように、あなたは自分の前向きさが神への信頼から発するのだということに注意する必要があります。

私たちの行動を導くのは神への信頼です。たとえば、特定の健康に問題がある場合は、医師に相談する前や薬を服用する前に、まず神に祈りましょう。

医師がたまたま専門医であっても、間違いを犯しがちです。彼らはまた、特定の脆弱性と制限があります。しかし、あなたが最初に祈れば、神はあなたの病気を診断し、あなたに適切な処方を与えるように医師を導くでしょう。

科学分野の進歩という点で、アメリカ合衆国が達成したことは人類の歴史において比類のないものであることは否定できません。

ただし、健康管理が進んでいるにもかかわらず、アメリカで3番目に多い死因は医療過誤であり、これには間違った処方箋、誤診、病院感染が含まれていることが皮肉です。

米国で3番目に多い死因は、ほとんどの医師があなたに知ってほしくない・・・

=====

“Medical errors are the third-leading cause of death after heart disease and cancer.”

:翻訳:
医療失敗は、心臓病や癌に続く第3位の死亡原因です。

ソース: https://www.cnbc.com/2018/02/22/medical-errors-third-leading-cause-of-death-in-america.html

=====

これは、医師に対する神の導きが非常に必要とされるところです。医師が神に導かれたら、彼または彼女は正しい診断を下し、正しい薬を処方することができ、患者に感染を引き起こさないように特別な注意を払うように促されます。

神は医者ができないことをできます。神は医者が見えないものを見て、医者が理解していないものを知っておられています。主の導きを通して、医師は正確かつ正確に自分の仕事を行なうことができ、あなたは誤診や間違った処方箋の犠牲者になることはありません。

間違った処方箋を与えたり、誤診したり、病院で感染したりすることさえ、一部の医療専門家の不注意から生じている可能性があります。

私が読んだある記事で、肝炎やエイズのような病気に苦しんでいるアメリカの退役軍人がいたと述べました。調査したところ、エイズに感染していることが判明した89歳の退役軍人が、定期検診を受けている退役軍人病院から入院したことが判明した。一方、別の退役軍人は、歯科処置を受けたときに肝炎を発症した。

退役軍人局の病院は1800人の退役軍人をHIVに感染させた可能性がある

ソース: https://edition.cnn.com/2010/US/06/30/va.hospital.hiv/index.html

歯科医でさえ、彼らの仕事の遂行において不注意で無謀である可能性があります。私自身、一部の歯科医が患者に感染する可能性が高いことを観察しました。そうです。歯科医たちは手袋を着用し、歯科用器具は滅菌されています。しかし、彼らは患者に有害であるかもしれない特定の側面を見落とす傾向があります。

たとえば、抜歯を行なう際、歯科医は歯科用椅子に触れて調整する場合があります。また、患者の口がよりはっきり見えるように光を調整します。その後、手袋を交換せずに、歯科用椅子と照明に触れたのと同じ手で患者の口をもう一度精査しましたが、どちらも消毒されていませんでした。

歯科用椅子と照明にウイルスがなかったことに、どれほど確信出来るでしょうか。ウイルスは一定の期間表面で繁殖することができます。コロナウイルスの場合、家庭外での寿命は約5日です。

私が指摘しようとしているのは、確かに、仲間に対する不注意と思いやりの欠如は、人生を害する可能性があるということです。このため、全能の神の介入が唯一の頼みの綱と言えるでしょう。

特に多くの人々が混乱し、落胆し、絶望的であるように見えるこの悲惨な時期に、私たちが常に神の憐れみと保護を懇願するなら、それは私たちに安心感を与えます。

神を信頼しましょう。私たちの人生と私たちが持っているすべてのものを神に任せましょう。

被害妄想になったり、自分の手に負えない事柄について心配するのではなく、この困難な状況を、熱心な祈りを通して常に神と交信を取る機会として利用しましょう。

神は、人間には見えないウイルスを見ることが出来ます。神は、一瞬でそれらを全滅させる御力を持っておられています。そして、神はまた、この致命的なコロナウイルスに対する解毒剤を見つけることで関係者となっている人々を導くことができます。

この汎流行がますます多くの人々を神に近づけ、神の慈悲と愛ある親切への私たちの完全な依存をすべての人に悟らせることを心から願っています。

永久に、神様に栄光あれ。アーメン。

免責事項

この日本語翻訳は、私たちの通訳者たちの全力を尽くし最高度の注意をもって翻訳されました。しかし、ControversyExtraordinary.com は諸要因により翻訳された情報の正確さを保証しません。本来の言語である英語版と日本語版に不一致があった場合でも、本来の英語版が常に優勢です。

0 コメント:

神を敬う夫婦であるため、神の目的を受け入れること

4月 22, 2020 0 Comments


このような危険な時代に、夫と妻の強力な関係を築き、「死が私たちを引き離すまで」という結婚の誓いを果たすことは、多くのカップルにとって困難な課題となっています。夫と妻は毎日、関係に脅威を与える問題や誘惑と戦わなければなりません。したがって、彼らは自分たちの結婚だけでなく家族全体を保護するために知っているあらゆる措置をとります。残念ながら、すべてのカップルが成功するわけではありません。

まず第一に、夫と妻だけでは、強い関係を築き、維持ができないことを理解する必要があります。どういうわけか、彼らは気を散らすでしょう。最悪の場合に、サタンが彼らの前に置いている多く雑念に屈するかもしれません。

夫婦関係を本当に強固にすることができるのは、神の教えです。他の人が乗り越えられない確率や抑えられない誘惑であるとと認識しているものによっても、神の教えに基づいて関係が築かれていれば、夫と妻が簡単に揺さぶられることはありません。彼らの結婚は神の教えに支えられているので、彼らは堅固で揺るがないままであり、彼らは何があってもお互いを握り続けます。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
使徒 14:22
弟子たちの心を強め、この信仰にしっかりとどまるように勧め、「私たちが神の国にはいるには、多くの苦しみを経なければならない。」と言った。
ルカによると、使徒パウロと他の使徒たちは弟子たちの魂を確認または強化して、彼らが信仰を持ち続けるように勧め、苦難が来ても簡単に落胆しないようにしました。弟子たちは神の説教者たちの勧めを聞き従ったことで信仰が強くなりました。ここでは、使徒たちのような神の説教者たちが人々に強い信仰を発達させる上で果たす重要な役割を見ることができます。

私たちが強い夫婦関係を持っている、または結婚を無傷に保つことについて話すときも同じことが当てはまります。夫と妻も同様に、神の教えを忠実に説教している説教者に耳を傾ける必要があります。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
コリント 一 14:3
ところが預言する者は、徳を高め、勧めをなし、慰めを与えるために、人に向かって話します。

まず、新約聖書では、「預言する」とは将来の出来事を占う行為を指しているのではないことを明確にしておきます。新約聖書の預言とは、徳を高め、勧め、そして慰めを与えるについて語ることです。そして、この任務は神の説教者の肩にかかっています。

さて、徳を高め、勧め、そして慰めを与えるという言葉はどこから来るのでしょうか?

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
ローマ 15:4
昔書かれたものは、すべて私たちを教えるために書かれたのです。それは、聖書の与える忍耐と励ましによって、希望を持たせるためなのです。

神の説教者によって説教されている神の御言葉—神の教え、神の戒め—は聖書にあります。神の御言葉は教育し、慰めを与えることができます、そして夫婦の関係を強く、調和の取れた、そして紛争のないようにすることで夫婦を導くことができるのです。

しかし、それは神の教えに耳を傾けることだけで始まって終わるのではありません。神の教えに従う必要があります。それは、夫と妻、そして家族全員を無傷で団結させることができるのは、神の戒めへの従順です。そのため、家族が常に神の御言葉、つまり福音に耳を傾けることが非常に重要です。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
コロサイ 1:23
ただし、あなたがたは、しっかりとした土台の上に堅く立って、すでに聞いた福音の望みからはずれることなく、信仰に踏みとどまらなければなりません。この福音は、天の下のすべての造られたものに宣べ伝えられているのであって、このパウロはそれに仕える者となったのです。

夫婦がお互いに与えるべき愛、思いやり、尊敬を育むことを目的とした訓戒が含まれているので、福音は夫と妻の関係を強化することができます。

例えば、エフェソ 5:28では、使徒パウロが夫の立場にいる者たちに言ったことは、

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
エフェソ 5:28
そのように、夫も自分の妻を自分のからだのように愛さなければなりません。自分の妻を愛する者は自分を愛しているのです。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
エフェソ 5:23
なぜなら、キリストは教会のかしらであって、ご自身がそのからだの救い主であられるように、夫は妻のかしらであるからです。

夫は妻に優しく思いやりをもって指導するように指示されています。
JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
エフェソ 5:25
夫たちよ。キリストが教会を愛し、教会のためにご自身をささげられたように、あなたがたも、自分の妻を愛しなさい。

福音書はまた、夫に妻を愛し、思いやり、心配りを持つように教えています。夫は、キリストが教会を愛しておられているように、妻を愛する必要があります。

しかし、警告は夫だけに限定されていません。同様に、福音書は妻の立場にいる者たちにも、特定の指示を与えています。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
エフェソ 5:22
妻たちよ。あなたがたは、主に従うように、自分の夫に従いなさい。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
エフェソ 5:24
教会がキリストに従うように、妻も、すべてのことにおいて、夫に従うべきです。

妻は夫に服従するように言われており、夫が持つ妻への権限を認めるべきです。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
エフェソ 5:33
それはそうとして、あなたがたも、おのおの自分の妻を自分と同様に愛しなさい。妻もまた自分の夫を敬いなさい。

夫を愛することとは別に、福音は妻に夫に敬意を示すように教えています。

福音には、夫と妻が健康的で強い関係をどのようにして達成できるかについての完全な処方があります。すべての夫婦が心を育み、福音のすべての教えを実践するなら、魂を教育する器として神に遣われている神からの説教者から聞いたことも含めたら、サタンの邪悪な計画があるにもかかわらず、夫婦の関係は堅固で長続きするでしょう。

福音の教えは、夫と妻の関係だけでなく、友人同士、家族同士、血縁関係のキョウダイ同士、さらには教会のキョウダイ同士の関係など、他のすべての関係も強化または徳を高めることができます。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
エフェソ 4:16
キリストによって、からだ全体は、一つ一つの部分がその力量にふさわしく働く力により、また、備えられたあらゆる結び目によって、しっかりと組み合わされ、結び合わされ、成長して、愛のうちに建てられるのです。

教会のすべての人々を啓発するのは愛です。何よりも神への愛です。そして、仲間への愛、配偶者や子どもへの愛、キョウダイへの愛、そして敵への愛もです。愛はどんな関係においても拘束力であり、強化または啓発の要素なのです。

教会内の組織、世帯、団体の間で愛が優勢になれば、徳を高められます。エフェソ4:16で述べたように。 。 。成長して、愛のうちに建てられるのです。」

愛は人々を結びつけるものです。愛はすべての関係を強くさせ、弾力的にします。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
コロサイ 3:14
そして、これらすべての上に、愛を着けなさい。愛は結びの帯として完全なものです。

愛は完璧の絆であると考えられています。世帯のすべての人(夫、妻、子ども、キョウダイ、祖父母)が、聖書が教えている愛の種類を学べば、未解決な問題を残したりやすれ違いをしたままにならず、夫婦はお互いに浮気なんてしたりはしません。愛によってつながっているのですから、苦難が来ても家族は離れ離れになりません。

私が本当に誇りに思っていることが一つあるとすれば、それは私たちの組織のキョウダイたちに広がっている連帯と愛です。神の教会のキョウダイたちは、聖書によって教えられている愛によって徳を高められているのは明らかです。私たちは絶えない多くの迫害、中傷、そして事実上すべての形態の嫌がらせを経験していますが、聖書に教えられている愛によって強くさせられてきたので、私たちは毅然として、堅固で、そして恐れることがありません。神に感謝します!

免責事項

この日本語翻訳は、私たちの通訳者たちの全力を尽くし最高度の注意をもって翻訳されました。しかし、ControversyExtraordinary.com は諸要因により翻訳された情報の正確さを保証しません。本来の言語である英語版と日本語版に不一致があった場合でも、本来の英語版が常に優勢です。

0 コメント:

神様が命を与えて下さる目的を発見すること

3月 29, 2020 0 Comments


神が人間の命に与えられている重要性の量と私たちの存在意義を私たち全員が理解するのなら、おそらく誰も自分の人生を誤用しないでしょう。その代わりに、誰もがしっかりと命を使うように努力するでしょう。

マタイ 10:29-30 で主イエス・キリストが仰せられたのは、

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
マタイ 10:29
二羽の雀は一アサリオンで売っているでしょう。しかし、そんな雀の一羽でも、あなたがたの父のお許しなしには地に落ちることはありません。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
マタイ 10:30
また、あなたがたの頭の毛さえも、みな数えられています。

御父は私たちの頭にある髪の毛の数さえ知っておられるとキリストが仰せられた時、私たちが御父にとってどれほど重要であるか、そして御父が私たちをどれほど愛しておられるか、私たちの存在の細部までよく面倒みられ、よく世話されているのだと主が私たちに示しておられています。

使徒パウロがローマに行く時期がありましたが、航海中に船が強い波で大暴れした事件がありました。乗客全員は大混乱になりはじめ、海の乱気流のために必死になりました。しかし、彼らの恐怖と絶望の真っ只中に、神はご自身の御使いをパウロの元へ遣わして、彼らの恐怖を和らげ、彼らが目的地に到達できることをパウロに保証させました。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
使徒 27:23
昨夜、私の主で、私の仕えている神の御使いが、私の前に立って、

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
使徒 27:24
こう言いました。『恐れてはいけません。パウロ。あなたは必ずカイザルの前に立ちます。そして、神はあなたと同船している人々をみな、あなたにお与えになったのです。』

神はご自身の御使いを通して、船にいる彼らの中で一人でも命を失わないことをパウロに保証しました。つまり、たとえ船が壊されても、命が失われることはなく、ローマに到着することができる、と。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
使徒 27:34
ですから、私はあなたがたに、食事をとることを勧めます。これであなたがたは助かることになるのです。あなたがたの頭から髪一筋も失われることはありません。」

彼らが神によって守られているため、髪の毛が一本も頭から落ちないことを御使いはパウロに保証しました。

神にとって、人の命は非常に貴重です。それをさらに説明するために、キリストは雀について言及しました。雀は非常に安い価格で売られているので価値はあまりありませんが、御父の許可無しでは落ちたり、死んだりすることはありません。

雀が死ぬことを御父の御心が許可しない限り、雀たちは死ぬことはないというその保証と同じく、私たち人間も、御父の許可が無ければ死ぬことはないと確信することができます。私たちは、雀たちよりも大切なのですから。

一方、私たちが死んだ場合、それは御父が許可なさったことです。

私たちの命は神から与えられています。私たちの存在は、神に依存しているのです。私たちが理解する必要があるのは、私たちの人生を正当に過ごす方法です。私たちが神に仕えるために使える命を神が私たちに与えてくださいます。私たちが神の戒めに従い、神の御心を果たすことを神が私たちに望んでおられるのです。聖書的に言えば、それが私たちの究極の義務であり、私たちの存在の最終目標なのです。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
コヘレトの言葉 12:13
結局のところ、もうすべてが聞かされていることだ。神を恐れよ。神の命令を守れ。これが人間にとってすべてである。

私たちは神に仕え、神の戒めを果たすために存在しています。私たちは善をするために造られました。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
エフェソ 2:10
私たちは神の作品であって、良い行ないをするためにキリスト・イエスにあって造られたのです。神は、私たちが良い行ないに歩むように、その良い行ないをもあらかじめ備えてくださったのです。

神にとって、人間の命は非常に重要です。だから神は、私たちに殺してはいけないと命じられました。また、私たちの自分たちの敵さえも愛するように神は命じました。

そのような教えは、神が人間の命をどれほど大切にされているかを示しているのは明らかです。したがって、私たちが正しい人生を送ることに適切なのは、神に仕え、神の戒めに従うことです。

免責事項

この日本語翻訳は、私たちの通訳者たちの全力を尽くし最高度の注意をもって翻訳されました。しかし、ControversyExtraordinary.com は諸要因により翻訳された情報の正確さを保証しません。本来の言語である英語版と日本語版に不一致があった場合でも、本来の英語版が常に優勢です。

0 コメント:

青ざめた馬とそれがもたらす災害

3月 21, 2020 0 Comments


今日も地球上で起こっている不幸と悲惨な出来事はは、ヨハネの黙示録の4つの馬とそれぞれに乗っている4つの者に関する幻のまだ一部的な実現に過ぎません。

4頭の馬のうちの1頭は青ざめた馬であり、それに乗る者には、地球上に災害をもたらす力が与えられていました。実際、地球の人口の4分の1は、青ざめた馬がもたらす様々な種類の災害を経験します。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
黙示録 6:8
私は見た。見よ。青ざめた馬であった。これに乗っている者の名は死といい、そのあとにはハデスがつき従った。彼らに地上の四分の一を剣とききんと死病と地上の獣によって殺す権威が与えられた。

REVELATION 6:8 (KJV) 【英語版/English Version】

And I looked, and behold a pale horse: and his name that sat on him was Death, and Hell followed with him. And power was given unto them over the fourth part of the earth, to kill with sword, and with hunger, and with death, and with the beasts of the earth.

この特定の節では、英語版では「and with death/死」という単語が使用されていることに気付くでしょう。タガログ語版等では、疫病を意味する【salot】という単語が使われました。時々、聖書の翻訳者は勝手に単語を交換している時があるのだと私たちは理解する必要があります。

その上、疫病は実際に死をもたらします。しかし、疫病の発生は本当に聖書で確かに言及されています。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
黙示録 22:18
私は、この書の預言のことばを聞くすべての者にあかしする。もし、これにつけ加える者があれば、神はこの書に書いてある災害をその人に加えられる。

ギリシャ語版でのこの聖句の【plagues/災害】に値する単語はplēgē(プレイジェイ)
意味:【一打】、含意により【傷】、比喩的には【災害】、【鞭打ち】、【負傷】

plēgē
from G4141; a stroke; by implication a wound; figuratively a calamity: stripe, wound (-ed).

したがって、疫病は生命に害を与えるものであり、災害、異常発生、死病、または伝染病の形で発生する可能性があります。また、それは非常に突然であり、予想外に訪れます。

この分配は、エボラ、SARS、鳥インフルエンザ、豚インフルエンザなどの多くの疫病の発生を人類は目撃して、それを経験しました。最新のものは新型コロナウイルス、またはCOVID-19です。

これらの疫病に悩まされないために、私たちは何かをすることを勧められます。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
黙示録 18:4
それから、私は、天からのもう一つの声がこう言うのを聞いた。「わが民よ。この女から離れなさい。その罪にあずからないため、また、その災害を受けないためです。

疫病は人間の罪深さの結果であることは明らかです。だからこそ、聖書は「この女から離れなさい。」と言っているのは、私たちはこの女の罪の参加者や疫病の被害者にならないためにです。私たちは罪深い行ないから離れること。代わりに、神に従う必要があります。

実際、モーセの時代には、人類が神の意志に従わないために疫病に苦しむだろうと神は既に仰せられました。ですから、現在、多くの人々が神には非常に不従順になり、人々はもはや善行をする気がないのは明らかで、疫病が発生するのは驚くことではありません。

人々の先入観は、仲間を利用したり、麻薬を使用したり麻薬を売ったり、無力で無実の人でさえ殺害するなど、邪悪なことをすることにありました。人類のこの酷い邪悪さと、神に従うことを意図的に拒否することは、人々が疫病を経験する2つの理由です。

世界的に経験している疫病が青いざめた馬に表わされている場合として、残りの3つの馬は、人類が経験しなければならない同様に恐るべき出来事を表わすことになります。

赤い馬は戦争と流血の象徴であり、この馬に乗っている者には地球から平和を取り、人を殺す力が与えられています。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
黙示録 6:4
すると、別の、火のように赤い馬が出て来た。これに乗っている者は、地上から平和を奪い取ることが許された。人々が、互いに殺し合うようになるためであった。また、彼に大きな剣が与えられた。

一方、黒い馬は飢饉と極度の貧困を表わしています。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
黙示録 6:5
小羊が第三の封印を解いたとき、私は、第三の生き物が、「来なさい。」と言うのを聞いた。私は見た。見よ。黒い馬であった。これに乗っている者は量りを手に持っていた。

そして最後に、白い馬は詐欺的な宗教、偽りのキリスト、偽りの預言者を表しています。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
黙示録 6:2
私は見た。見よ。白い馬であった。それに乗っている者は弓を持っていた。彼は冠を与えられ、勝利の上にさらに勝利を得ようとして出て行った。

(この記事では、4つの馬とそれぞれに乗っている4つの者の意味について詳細かつ細かな議論をすることはできません。それは余りにも長くなります。しかし、神様の御心ならば、、今後の記事ではそれらについてのことを私たち見せるようにして下さるでしょう。)

私が指摘しようとしているのは、聖書が本当に人類に降りかかる可能性のある死病と疫病等について語っているということです。

たとえば、20世紀初頭、具体的には1918年に、ほぼ4,000万人がインフルエンザで死亡しました。

=====


【Translation for Image】
1918年から1919年のインフルエンザのパンデミックは、現在、大戦(WW1)として知られている第一次世界大戦よりも多くの人々(2000〜4000万人ほど)を殺しました。記録された世界史上、最も破壊的な流行として引用されています。 1347年から1351年までの4年間の黒死腺疫病の4年間よりも、たった1年間で多くの人がインフルエンザで死亡しました。「スペイン風邪」または「La Grippe」として知られる1918-1919年のインフルエンザは世界的な災害でした。

======
おそらく、今日も世界中に伝染している新型コロナウイルスは、インフルエンザ・ウイルスの変異体です。両方のウイルスは、咳や風邪、気道感染を引き起こします。しかし、新型コロナウイルスとは異なり、インフルエンザ・ウイルスの場合は、それと闘うことができる抗生物質を医療専門家が既に発見しているため、制御可能です。既に利用可能な抗インフルエンザ・ワクチンもあります。

しかし、突然変異を受けた新型コロナウイルスはより丈夫で恐ろしいものです。それは非常に簡単に拡大し、高速に伝染します。特定のクルーズ船の乗客に何が起こったのかを確認してください。一晩で、60人以上が感染しました。さらに警戒するのは、ウイルスの威力を鎮めることができる解毒剤がまだ開発されていないという事実です。したがって、今のところは、ウィルスの威力は致命的です。

私たちが気づく必要があるのは、多くの人の死に至る新型コロナウイルスのような疫病は、4つの馬の中での一頭、青白い馬に乗っていた者の行動であると共に、神に対する人間の不従順さの結果です。

間違いなく、これらすべてに対する私たちの最善の防御は、神の意志に従うことです。

神がどうか私たちを祝福して下さり、常に私たちを守ってくださいますように。アーメン!


免責事項

この日本語翻訳は、私たちの通訳者たちの全力を尽くし最高度の注意をもって翻訳されました。しかし、ControversyExtraordinary.com は諸要因により翻訳された情報の正確さを保証しません。本来の言語である英語版と日本語版に不一致があった場合でも、本来の英語版が常に優勢です。

0 コメント:

新型コロナウィルス汎流行の恐怖:クリスチャンたちはどうやって備えるべきなのか?

3月 15, 2020 0 Comments


疫病、自然災害、戦争、そしてこれまで想像もできなかった程度の人間の邪悪の段階的な増大は、主イエス・キリストの到来の兆候の一部です。「あなたの来られる時や世の終わりには、どんな前兆があるのでしょう。」と使徒たちに尋ねられたとき、キリストご自身がこれを答えられました。

マタイ 24:4-7は、主キリストが使徒たちに答えたことを私たちに教えてくれます。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
マタイ 24:4
そこで、イエスは彼らに答えて言われた。「人に惑わされないように気をつけなさい。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
マタイ 24:5
わたしの名を名のる者が大ぜい現われ、『私こそキリストだ。』と言って、多くの人を惑わすでしょう。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
マタイ 24:6
また、戦争のことや、戦争のうわさを聞くでしょうが、気をつけて、あわてないようにしなさい。これらは必ず起こることです。しかし、終わりが来たのではありません。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
マタイ 24:7
民族は民族に、国は国に敵対して立ち上がり、方々にききんと地震が起こります。

主イエス・キリストは、戻られる前には飢饉、疫病、疫病、そして地震が起きると仰せられました。聖書が真実であり、その中の主イエス・キリストの宣告がすべて真実であるという証拠は、戦争や他国に対する国家の蜂起を含むこれらのことを現在、私たちは経験しているという現実です。そして、戦争や自然災害が飢饉や餓死などのより多くの問題を引き起こす可能性があることを知っています。

その特定の預言的な宣言は、数千年前にキリストから与えられました。その時代では、乞食でさえまだ食べるものがあったので、人々が飢えてしまうことは中々、想像もできませんでした。

しかし、現在、食物は大きな問題となっています。今では一日にほとんど食事をしない人たちがいます。また、飢饉で亡くなった人々の話も耳にします。

しかし、もっと憂慮すべきことは、人為的な疫病が現在あるということです。例えば、シリアでは、生物学的および化学的戦争のために意図されたと思われる「何か」が、人々を即座に全滅させることができる「何か」を使用されました。インターネット上に投稿された動画の人物が物質を吸入すると、痙攣または発作の発作に苦しみ、しばらくして死ぬことが録画されました。


疑いなく、私たちの周りで今見られるこれらの壊滅的な出来事はすべて、主イエス・キリストの到来のしるしです。問題は、主のその日のために私たちはどう備えるべきでしょうか?

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
ペトロ 二 3:10
しかし、主の日は、盗人のようにやって来ます。その日には、天は大きな響きをたてて消えうせ、天の万象は焼けてくずれ去り、地と地のいろいろなわざは焼き尽くされます。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
ペトロ 二 3:11
このように、これらのものはみな、くずれ落ちるものだとすれば、あなたがたは、どれほど聖い生き方をする敬虔な人でなければならないことでしょう。

私たちがすべき準備は、他の人がしているような準備であってはなりません。人々は地下シェルターやバンカーなどを準備しており、それらは避難と保護を提供できるからと考えています。

たとえば、シンガポールには、防空壕が組み込まれた家があります。もちろん、そのようなシェルターはすべて破壊可能であるため、絶対的な保護を提供することはできません。それで、私たちがしなければならない備えの種類は何でしょうか?

主イエス・キリストは、使徒パウロを通して、私たちは聖くて、尊い生活を送ることで準備しなければならないと言いました。キリストは、私たちにとって赤の他人、特に貧しい人々、捨てられた子どもたち、未亡人、孤児への思いやりに満ちた善なる生活を送ることを望んでいます。私たちは自分たちが持っているものの一部を彼らに与えなければなりません。

インターネットに投稿された別途の動画は、粘土でできたクッキーを食べるハイチの子どもたちがいることを示しました。彼らがやっていることは、水と粘土の混合物に砂糖を入れ(陶工に使用する粘土に似ています)、それをクッキーに成形しました。次に、粘土のクッキーを太陽の下に置いて乾燥させます。乾いたら、子どもたちに食べられます。


その動画を見たとき、私は心に痛みを感じました。それで、私は教会のラテン・アメリカ人ワーカー兄弟の一人に、粘土のクッキーを食べている子どもたちがいるハイチに行くように言いました。

私は彼に、貧しい人々のための給食センターとして機能する場所を探すように言いました。神の御助けと、ハイチの関係政府機関との連携により、この給餌センターはすでに稼働しています。そして毎日、たくさんの人々がそこに行き、無料で調理済み食品パックを手に入れるために並んでいます。

また、フィリピンの主要都市に同様の給食センターを設けて、ストリートチルドレンや乞食たち、さらには栄養失調や軽視されている子どもたちが必要としている食べ物の不足に対処することも私は考えています。

時には、大きな肉の切れ端を犬に与えている癖に、飢えている隣人に食事を提供出来ないお金持ちの人々に私は気を悪くせずにはいられません。

金持ちの犬は、ストリートチルドレンよりもはるかに良い位置にいることさえ明らかです。何故なのか?それらの犬の裕福な飼い主は、犬の生活と維持のために莫大なお金を費やすことを気にしません。ペットたちは定期的に獣医に連れてこられます。ペットたちは栄養を与えられます。また、定期的な外見手入れも行われます。快適な部屋で寝ています。

それらの犬とは異なり、ストリートチルドレンは、空腹を満たすことができる何かを見つけることを期待してゴミ箱を漁らなければなりません。ストリートチルドレンたちはそれで汚れてしまっています。ストリートチルドレンたちの服はボロボロです。ストリートチルドレンたちはホームレスであるため、ストリートチルドレンたちは寒い所で寝ています。確かに、金持ちの愛犬の生活は羨ましいと言えます。

しかし、神を喜ばせるのはどれだと思いますか:犬の世話をして栄養を与えるのか、乞食や孤児を食べるさせるなどの世話なのですか?犬を甘やかすのではなく、貧しい同胞の飢えや苦しみを和らげることができるものにお金を使うなら、神は喜んでおられる。

神は私たちに聖なる人生を送ってほしいと願っています。それを達成するために、私たちは、悪徳、贅沢、そして世俗的な喜びにふけることのないように、神の教えに従って生きなければなりません。代わりに、神は私たちが赤の他人、特に貧しい人に思いやりを持つことを望んでおられています。

それがまさに、メンバーズ・チャーチ・オブ・ゴッド・インターナショナル教会( MCGI )において私たちが尽くしていることです。神が私たちに望んでいることを遵守するために最善を尽くしています。そのため、無料の診断センターを設置して、臨床検査や診断にお金を払う必要のない人たちを支援しています。

また、貧しいが、奨学生に相応な学生たちに学費や身の回りをも賄う完全な奨学金を提供する学校も運営しております。私たちが提供する奨学金には、無料の授業料と諸費用、無料の制服、無料の昼食、コンピューターやその他の教材や設備等の無料使用も含まれています。

また、世界の様々な地域で定期的な医療ミッションを実施しており、医療、歯科、視覚関連のサービス、栄養や医薬品も無料で提供しております。また、孤児、見捨てられた赤ちゃん、高齢者のための施設もあります。

これらの無料サービスと支援形態はすべて、宗教や人種を問わずべての人は大歓迎です。

明日なんて、どうなるのか分かりません。明日になれば、私たちはまだ生きているかどうかはわかりません。また、最近のいずれ、人為的または自然災害の犠牲者になるかどうかもわかりません。不確かな明日である一方、私たちがこれから訪れること、特に主イエス・キリストが戻られることのために常に備えていることが私たちにとって大変重要なことです。

しかし、主キリストが戻られるまでには、神聖な働きをして他人に思いやりを示すことはもちろんですが、それ以上には、真の信仰を持って神への真の奉仕が熱心に実践している、本物の「神の教会」を見つけることが最善なことです。

神様に栄光あれ!

免責事項

この日本語翻訳は、私たちの通訳者たちの全力を尽くし最高度の注意をもって翻訳されました。しかし、ControversyExtraordinary.com は諸要因により翻訳された情報の正確さを保証しません。本来の言語である英語版と日本語版に不一致があった場合でも、本来の英語版が常に優勢です。

0 コメント:

決して満たされず:人間の貪欲さがどうやって神の怒りを起こすのか

3月 07, 2020 0 Comments


火山噴火、大規模地震、壊滅的な台風や洪水、そして中国で始まった自然災害、世界中の何千人もの人々を殺し、感染させたCovid-19(新型コロナウィルス)のような感染症の出現の災害が、私たちの時代に起こった悲劇的な事件であります。そして、同時にではないにしても、それらは連続して発生しました。

これらに加えて、多くの国での社会的および政治的不安、いくつかの国同士の間の敵対的で不安定な関係は、外交的に解決しなければ戦争につながる可能性があります。

これらはすべて、生命に脅威を与えるため、多くの人々に恐怖と混乱を引き起こします。多くの人は、これらのことが既の聖書の特定の宣言の成就であるかどうかを考えずにはいられなくなりました。。

一つには、今日起こることはすべて聖書で予言されていました。日本人ノーベル賞受賞者であるミチオ・カク(加來 道雄)博士は、「神は数学者である」と言った時、彼は正しかった。数学者として、神は人類に起こるすべてのことを計算することができます。

何世紀にもわたって発生したすべての出来事に関するすべての情報を収集し、すべての問題のすべての側面を分析すると、それらのことが私たちの目の前で実際に起きていることそのものです。

私たちがそれらを回避する方法はありません。特に、人間には見えないが、神には見られる他の状況があるという事実を考える、すべてをまとめると、地球上で起こる恐ろしくて非人道的なことはすべて人間の貪欲に由来することに気付くでしょう。

戦争は、人間が非常に貪欲になったために起こります。人間は自分が持っているものに満足することはありません。今日、たとえば、私たちは、強力な国である中国が、フィリピンに正当に属する土地、島、および海をつかむことによって中国は自分の領土を拡大しょうとするやり方を目の当たりにします。

中国の行動が領土の境界を定義する国際法に違反している場合でも、中国はそれを実行します。法律を守る代わりに、中国はそれを無視します。原住民の主権を尊重する代わりに、中国は人々を無視します-すべては欲のためです。

目立っているのは、より劣悪な国をいじめたり嫌がらせをする強国のほとんどが、無神論者または神を信じない人々によって支配されていることです。

中国は共産主義の国であり、共産主義者は全能の神を信じていないのではありませんか?私はすべての中国人が神を信じていないと言っているのではありません。実際、私たちの教会には多くの中国人のキョウダイがいます。また、心の優しくて神を恐れる中国人を何人か私は知っています。私は一般的に無神論者に言及しているのです。

私は、無神論者、または神を信じない人は何も良いことをしないと信じています。それは単なる個人的な意見ではありません。聖書はそう言っているのです。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
詩編 53:1
愚か者は心の中で「神はいない。」と言っている。彼らは腐っており、忌まわしい不正を行なっている。善を行なう者はいない。

神や無神論者を信じない人は、悪事をする人です。人類に起こるすべての悪事は無神論者の行ないです。彼らは神を恐れないので、これらの人々は非常に破壊的です。彼らの神は自分自身なのです。

神は人間ができる邪悪の度合いを計算しました。そして、もし人間が自分の行動を抑制しなければ、戦争のようなより壊滅的な出来事が地球上で起こるはずです。

戦争が発生する理由の1つは、領土侵略です。より強力な国は、その領土の人々の権利を侵害し踏みにじることを意味する場合でも、希望する領土を獲得するために力を行使します。しかし、本来はあってはならないことです。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
使徒 17:26
神は、ひとりの人からすべての国の人々を造り出して、地の全面に住まわせ、それぞれに決められた時代と、その住まいの境界とをお定めになりました。

神が設定した境界があります。それとは別に、国際法によって定義された境界もあります。私たちがしなければならないことは、神と人間の法が定めたものを尊重することだけです。しかし、なぜ他の人は法律を尊重しないのですか?それは欲のせいです!

また、一部の人々は、命を破壊する禁止薬物の製造や販売などの違法なビジネスに従事しているというのも、欲のためでもあります。それとは別に、権力への欲望故に、人々をすぐに絶滅させることができる化学物質を実験する国もあります。

実際、この新しいコロナウイルス株の起源となった武漢市には、生物兵器を実験している研究室があるという推測があります。本当かどうかはわかりませんが、可能性があります。特に、このウイルスの拡散率を考慮する場合はそうです。

しかし、それが真実であるかどうかにかかわらず、これらのことは、神を認めない人々、人生に神を持たない人々によって行われていることは確信できます。

神を信じる人々は、心に愛と憐みを持っています。神を信じる人々は敵さえも気遣います。神を信じる人々は敵が空腹と渇きを感じるたびに何か食べるものと飲むものを与えます。そして、神を信じる人々は仲間に害を及ぼす可能性のあることを敢えてしません。

どうやら、今起こっているすべての厳しいことは、人間の貪欲の結果です。欲は神を怒らせ、神の怒りはさまざまな形で現れます。時々、神は自然を使って怒りを現わします。したがって、発生する火山噴火があるのです。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
詩編 104:32
主が地に目を注がれると、地は震え、山々に触れられると、山々は煙を上げます。

地震でさえも神の怒りの現われなのです。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
ヨブ記 9:5
神が山々を移されるが、だれもこれに気づかない。神は怒ってこれをくつがえされる。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
ヨブ記 9:6
神が地をその基から震わすと、その柱は揺れ動く。

強い台風もまた神の怒りを現わしています。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
エレミヤ書 25:32
万軍の主はこう仰せられる。見よ。わざわいが国から国へと移り行き、大暴風が地の果てから起こる。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
エレミヤ書 25:33
その日、主に殺される者が地の果てから地の果てまでに及び、彼らはいたみ悲しまれることなく、集められることなく、葬られることもなく、地面の肥やしとなる。』」

神は強力な台風を送り、激しい豪雨をもたらします。そして、継続的な大雨のため、一部の地域は浸水します。人々は洪水で溺れるのです。時には、人々の体は水流によってさまざまな場所に運ばれます。死体を回収できない場合もあります。その結果、彼らは適切な埋葬を与えられず、彼らの愛する人たちは彼らのことを嘆き悲しむことになる。

これらはすべて人間の罪深さの結果であると言えます。人は神に対して非常に遠ざかってきました。人間はほとんど祈らない。そして、人間はもう善行をすることを望んでいなくなった。仲間に善行をする代わりに、自分はどうやって他人より上になるのか等の邪悪なことしか考えなくなったのです。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
創世記 6:5
主は、地上に人の悪が増大し、その心に計ることがみな、いつも悪いことだけに傾くのをご覧になった。

これが、ノアの時代に神が人々に大洪水をもたらした理由です。彼らの邪悪さは神を怒らせました。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
創世記 6:7
そして主は仰せられた。「わたしが創造した人を地の面から消し去ろう。人をはじめ、家畜やはうもの、空の鳥に至るまで。わたしは、これらを造ったことを残念に思うからだ。」

ですから、私たちのしていることがすべて悪事なら、神は怒ります。神が悪人となるために人間を創造したのでは無いことを忘れないでください。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
エフェソ 2:10
私たちは神の作品であって、良い行ないをするためにキリスト・イエスにあって造られたのです。神は、私たちが良い行ないに歩むように、その良い行ないをもあらかじめ備えてくださったのです。

私たちは善を行なうために作られました。残念ながら、私たちの多くは他人に善を行ないません。多くの人は、自身にとってのみに何が良いのか、何が有益であるかだけを考えています。人々の考えや行動はすべて個人的な利益のみを対象としています。彼らは仲間のためをほとんど気にしません。

だから、神の教会のキョウダイたちには、人々の宗教的所属に関わらず、すべての人々に善行をするようと教えるのに、私は飽きることはありません。実際、私たちの組織は、医療ミッション、給食プログラム、献血プロジェクト等をフィリピンだけでなく、ハイチ、ブラジルなど世界の一部地域で定期的に開催しています。

また、見捨てられた人々やホームレスのための施設やシェルターも設置しています。見捨てられた赤ちゃんのための幼児ケアセンターもあります。未成年者のための孤児院もあります。そして、自分たちの子どもたちに軽視されてきた高齢者のためのシェルターもあります。それ以外にも、災害後や災害時に救助活動や救援活動を行なっています。

神の教会の兄弟たちが聖書から学んだクリスチャンの美徳を、実際に実践しているので、私は神にとても感謝しています。特に私たちの献血プロジェクトにおいて、キョウダイたちは仲間を助けることを目的とする、すべての努力を積極的に支援し、参加しています。

実際に、フィリピン血液センターは、同国で7年連続トップの献血者であるとして、当組織を認めておりました。私たちの教会のキョウダイたちは、見返りに何も求めずに、自分たちのお金だけでなく他の人々に自分が持っているものを与えることを学んだのです。キョウダイたちは利己的でもなく、貪欲でもありません。


【MCGI】がフィリピン血液センターから新たなホセ・リサール賞を受賞しました。

貪欲な人がいなければ、人類全体が互いに愛と尊敬を実践し、すべての人だけが神への信仰と従順を身につければ、この世界は、住むのにより良い場所になるでしょう。そして、何度も起こっている戦争、飢饉、搾取、疫病、災害はもう無くなります。すべての人は平和と調和の中で生きれるのです。

しかし、人間が神を認め、従うことを拒否する限り、人間が罪深いやり方を続けるのなら、人類はまたさまざまな形の苦しみを経験し続けるでしょう。人間の罪深さは神を怒らせます。

非常に明確です。神への信仰を持ち、神の戒めに従うことで、失うものは何もなく、得るものがたくさんあります。永遠の命に値することさえできます。

しかし、神を信じないことを選択した場合、神の御言葉を特に注意する必要がないと思う場合は神の怒り以外に何も得られず、救済のチャンスも失われます。

神のご加護があなたにありますように!

免責事項

この日本語翻訳は、私たちの通訳者たちの全力を尽くし最高度の注意をもって翻訳されました。しかし、ControversyExtraordinary.com は諸要因により翻訳された情報の正確さを保証しません。本来の言語である英語版と日本語版に不一致があった場合でも、本来の英語版が常に優勢です。

0 コメント:

十分の徴収に関する真実

2月 29, 2020 0 Comments


たくさんのお金を自分で貯めたい牧師は、マラキ3:10 の宣言を利用しています。 牧師らは、「天国からの祝福を浴びたいなら、十分の一を払うべきだ」と人々に信じさせます。

それは明らかな詐欺です! どうして? なぜなら、マラキ3:10 はクリスチャンのためではなく、イスラエル人のための戒めだからです。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
マラキ書 4:4
あなたがたは、わたしのしもべモーセの律法を記憶せよ。それは、ホレブで、イスラエル全体のために、わたしが彼に命じたおきてと定めである。

収入の十分の一徴収の支払いは、モーセの律法の一部です。 しかし、主イエス・キリストが来られてから、主は律法を変えられたので、この律法はキリスト教の神権時代にはもはや効力を持ちません。 主は神権を変えました。 したがって、神権の変更は法律の変更も必要とされていました。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
ヘブライ 7:12
祭司職が変われば、律法も必ず変わらなければなりませんが、

残念ながら、この特定の聖句は、十分の一徴収の擁護者によって読まれていません。 会員たちから確実にお金を貰えることを意味するので、牧師らは、自分たちに会員たちが定期的に十分の一を支払うようにを望んでいます。

これらの牧師らは、十分の一徴収に関する律法はモーセの神権の時代に限ったことを理解していないのが明らかです。 神権の時代も変わり、有効性は失効していました。 現在に有効なのは、キリストの律法です。 それが、キリスト教の時代にモーセの律法がもはや施行されるべきではないという理由なのです。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
使徒 13:39
モーセの律法によっては解放されることのできなかったすべての点について、信じる者はみな、この方によって、解放されるのです。

モーセの律法は、キリストの律法へ変更された。 私たちが今成し遂げなければならないのは、キリストの律法です。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
ガラテヤ 6:2
互いの重荷を負い合い、そのようにしてキリストの律法を全うしなさい。

キリストの律法は私たちに十分の一を支払うことを要求していません。 支払うことは何もありません。 私たちは牧師らに何も借りていないのに、なぜ彼らにお金を払わなければならないのですか?

  クリスチャンは十分の一を支払うように命じられていません。 クリスチャンへの戒めは、コリントの兄弟への手紙の中で使徒パウロによって明確に述べられています。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
コリント 二 9:7
ひとりひとり、いやいやながらでなく、強いられてでもなく、心で決めたとおりにしなさい。神は喜んで与える人を愛してくださいます。

キリスト教の時代のすべての人、すべてのクリスチャンに命じられた支払いはありません。 代わりに、各自の心で決めたとおりの事柄に応じて、与え、貢献し、寄付します。 与えたいという欲求は自身の心から発せられ、与えられる量も同様に自身の心によって決定されます。 決まった額はなく、「神は喜んで与える人を愛してくださる」ので、「強いられて」ではなく、自発的に与えるべきです。 このため、教会で神の行ないに協力した一世紀のクリスチャンたちは、十分の一を与えただけではありませんでした。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
コリント 二 8:3
私はあかしします。彼らは自ら進んで、力に応じ、いや力以上にささげ、

一世紀のクリスチャンたちは自分たちの自由意志で自分たちの限界を超えて与えました。 彼らにどれだけ与えるべきかを誰も口述していませんでした。 あなたが十分の一を与えているというのなら、それはあなた自身の自由意志によってではなく、あなたの牧師の意志によって与えていることを意味します。

モーセの律法の一部であった十分の一の律法は、「イスラエル人の時代」での神のご意志であったことを留意してください。 しかし、モーセの律法は終わり、キリストの律法になりました。 そして、キリストの律法の下で、あなたは十分の一ではなく、あなたの心の決めたことに応じて与えなければなりません。

他の牧師らに騙されないように、お願いします!

免責事項

この日本語翻訳は、私たちの通訳者たちの全力を尽くし最高度の注意をもって翻訳されました。しかし、ControversyExtraordinary.com は諸要因により翻訳された情報の正確さを保証しません。本来の言語である英語版と日本語版に不一致があった場合でも、本来の英語版が常に優勢です。

0 コメント:

結婚指輪のこと、人間の伝統、そして神に従うこと

2月 22, 2020 0 Comments


結婚指輪を非常に重視することは、様々な社会の様々な人生の歩みから多くの人々の慣行となっています。その一つ、人々はそれを愛の象徴と見なしています。このため、既婚者、特に女性は、他の人が誤解するかもしれないと恐れ、指から結婚指輪を外すことを嫌がります。しかし何よりも、彼女らはそれが夫を怒らせたり不快にさせたりするのではないかとも恐れています。

基本的に、指輪は、結婚指輪であっても、アクセサリーや装飾品であり、その中にカラットと宝石が複雑に装備されているため、着用者と贈与者の両方の社会的地位が決まったりします。

しかし、たとえ最高の素材で作られていても、指輪は、結婚する契約当事者の愛情、忠実さ、決意を測定するものではありません。どちらも永続的な所有物ではありません。所有者が不注意で怠慢な場合、指輪は失われます。泥棒の興味を引くと、盗まれてしまいます。所有者が経済的困難を経験した場合、それは質屋等に売り飛ばし、買い戻せなくなることもあります。

しかし、結婚指輪がなくなった場合、または妻がそれを指から外した場合、夫との関係も悪くなることを意味しますか?それは、妻が結婚指輪を着けるという伝統を無視しているからといって、もはや夫を愛していないということですか?絶対に違います!

聖書は私たちが従わなければならないことを私たちに告げており、それらは主イエス・キリストの教えなのです。私たちの従順の対象は、人によって定式化された教義、伝統や文化的慣習ではなく、神の教えなのです。

聖書的に言えば、女性は、結婚指輪であっても、指輪のような装飾品を身に着けないことをお勧めします。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
テモテ 一 2:9
同じように女も、つつましい身なりで、控えめに慎み深く身を飾り、はでな髪の形とか、金や真珠や高価な衣服によってではなく、

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
テモテ 一 2:10
むしろ、神を敬うと言っている女にふさわしく、良い行ないを自分の飾りとしなさい。

ですから、女性がこの戒めに従うなら、指から指輪を外すと、それは神への恐れと服従の顕現です。そして、夫はそれを否定的に受け取らないようにしてください。また、妻たちの従順さは、誰よりも神に与えられるべきであり、彼女らにも、伝統にも従わないことは理解すべきことなのです。

神への従順は、女性を良い妻にすることができます。良い妻であることは結婚指輪に依存しないことです。指輪はそれとは何の関連性もありません。良い妻になるためには、女性は人間の習慣や伝統ではなく、神の御言葉に導かれなければなりません。

さらに、女性が金や真珠、高価な列を身に着けてはならないというキリストの戒めに従えば、神と神の御言葉への彼女の忠実さと忠誠心を証明出来るようになります。結果、女性を夫に対する良い妻にすることができます。

妻は、結婚指輪を指から外したのだと夫が分かった場合、夫の反応や不快感を心配するべきではありません。主は夫の心を啓発して、夫婦が問題を起こさないようにしてくださるのです。妻は唯々、夫と上手に対応すればいいのです。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
ペトロ 一 3:1
同じように、妻たちよ。自分の夫に服従しなさい。たとい、みことばに従わない夫であっても、妻の無言のふるまいによって、神のものとされるようになるためです。

妻の良い行動と控えめな態度によって、妻は夫を勝ち取ることができます。「神の御言葉への従順」が、どのように彼女の中で積極的に機能するかを彼女の夫が見るとき、妻は夫を簡単に神に属する者に変えることができます。妻は何も言う必要はありません。神の御助けにより、夫の心は啓発されます。そして最終的に、夫はキリストの従者にもなります。

簡単な助言として:人間の伝統と信念を固守する代わりに、主に従いなさい。主はあなたの夫婦関係を含む、あなたの心配を解決してくださるのです。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
ペトロ 一 5:7
あなたがたの思い煩いを、いっさい神にゆだねなさい。神があなたがたのことを心配してくださるからです。

あなたのすべての思い煩いと問題と、あなたとあなたの夫が将来に遭遇するかもしれない問題でさえも、神に委ねてください。神があなたのことを心配してくださるので、神を信頼してください。アーメン。

免責事項

この日本語翻訳は、私たちの通訳者たちの全力を尽くし最高度の注意をもって翻訳されました。しかし、ControversyExtraordinary.com は諸要因により翻訳された情報の正確さを保証しません。本来の言語である英語版と日本語版に不一致があった場合でも、本来の英語版が常に優勢です。

0 コメント:

それは真実の愛なのか?探すことなく、あなたの為の「あの人」を見つかるには?

2月 15, 2020 0 Comments


結婚する全ての男性と女性は、死ぬまでに続く幸福な結婚生活を持つことを常に夢見ています。常にその通りに起こる訳ではありませんが、達成するには可能なことです。 まずは、たまたま思慮深いな男性または女性と結婚した場合には達成できます。そうでなければ、関係は確かに不安定で面倒なことになります。

問題は、思慮深いな配偶者をどのように見つけることができるかですね。

自分の標準を使用し、人生のパートナーや配偶者を探す場合は、探した苦労が無駄になる可能性があります。また、あなたが見つける配偶者は恐らく、本当に思慮深い者ではありません。何故なのか?

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
箴言 19:14
家と財産とは先祖から受け継ぐもの。思慮深い妻は主からのもの。

思慮深い配偶者は神からなのです。そして、配偶者が神の教えを支持し、従うのならば、配偶者は神からなのだと断定できるでしょう。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
テモテ 二 3:17
それは、神の人が、すべての良い働きのためにふさわしい十分に整えられた者となるためです。

神の民は、すべての良い行ないについて徹底的に教えられています。そうだとすれば、彼らが結婚する時、思慮深い夫や思慮深い妻になることができるのだと確信できます。

もちろん、思慮深い夫または思慮深い妻を見つけることは非常に可能なのです。気長に待ちましょう。そうすれば、適切な時期が来れば、神を恐れ・神の教えを非常に重要視している人に出会うことができます。

酔っぱらいと結婚しないでください。あらゆる種類の悪に満ちた人と結婚しないでください。気が短く、怒りやすい人と結婚しないでください。あなたが不機嫌で猛烈な人と交際したり関係を持ちたりすることさえ神は実際に望んでいません。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
箴言 22:24
おこりっぽい者と交わるな。激しやすい者といっしょに行くな。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
箴言 22:25
あなたがそのならわしにならって、自分自身がわなにかかるといけないから。

箴言 22:24のような人々、特に気性が悪く、暴力的で無礼になる傾向のある人々と交友する、または交際するのではなく、彼らを避けることを神は望んでおられています。そのような人と結婚した場合、身体的および精神的に虐待されることになります。

あなたが最後に苦しまないために、急いで結婚に飛び込まないことが最善です。神があなたに下さる思慮深い人を待ってください。神から与えられる配偶者は思慮深いであることを常に忘れないでください。それで、その人とあなたは至福で永続的な結婚を手に入れることが出来るのです。

免責事項

この日本語翻訳は、私たちの通訳者たちの全力を尽くし最高度の注意をもって翻訳されました。しかし、ControversyExtraordinary.com は諸要因により翻訳された情報の正確さを保証しません。本来の言語である英語版と日本語版に不一致があった場合でも、本来の英語版が常に優勢です。

0 コメント:

バプテスマは罪を洗い流す

2月 08, 2020 0 Comments


人が犯した罪はすべて、神の教会にてバプテスマを受けたときに赦されるのでしょうか?

この質問に答えるために、使徒パウロの宣言について考えてみましょう。彼の自己評価では、自分は全世界の主要な罪人の一人として見なされてもおかしくないのです。これは、彼が神、主イエス・キリスト、初代のクリスチャンたちに対して多くの重罪を犯したからです。それにも関わらず、彼は慈悲を得ることができました。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
テモテ 一 1:12
私は、私を強くしてくださる私たちの主キリスト・イエスに感謝をささげています。なぜなら、キリストは、私をこの務めに任命して、私を忠実な者と認めてくださったからです。

使徒パウロは主イエス・キリストに感謝しました。何故なら主は、パウロのことを忠実な者だと数えて下さったからです。主がパウロを忠実に数えて下さった際に、主は完全に多くの思いやりと憐みを用いたことをパウロは知っていました。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
テモテ 一 1:15
「キリスト・イエスは、罪人を救うためにこの世に来られた。」ということばは、まことであり、そのまま受け入れるに値するものです。私はその罪人のかしらです。

パウロは、自分がどれほどな大罪人であったかを知っていました。実際、パウロは自分を「主罪人」と呼んでいました。イスラエルやイスラエルの部族一つに対してだけでなく、全世界の中での主要な罪人とパウロ見なすほど、実に大胆でした。しかし、パウロにはそう信じる理由がありました。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
テモテ 一 1:13
私は以前は、神をけがす者、迫害する者、暴力をふるう者でした。それでも、信じていないときに知らないでしたことなので、あわれみを受けたのです。

パウロの人生の中で、冒涜者であった時代がありました。パウロは物事を言い、神に反することをしました。冒涜者であることに加えて、パウロはまた、教会と初代クリスチャンたちの迫害者の一人であった。しかし、パウロは無知と不信からそれらのことをしたので、パウロは神の慈悲を得られました。

言い換えれば、パウロは自分がしたすべてのそれらの卑劣なことから赦されました。どうやって?パウロの罪が赦されるために、神はパウロに何をするように命じられましたか?

神はパウロにバプテスマを受けるように仰せられました。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
使徒 22:16
さあ、なぜためらっているのですか。立ちなさい。その御名を呼んでバプテスマを受け、自分の罪を洗い流しなさい。』

非常に明確に、聖書によって教えられたバプテスマは、すべての罪の赦しの必要条件です。

バプテスマはというのは、ある人が使徒パウロのような「主な罪人」であったとしても、その人の罪を洗い流します。

神のご加護があなたにありますように!

免責事項

この日本語翻訳は、私たちの通訳者たちの全力を尽くし最高度の注意をもって翻訳されました。しかし、ControversyExtraordinary.com は諸要因により翻訳された情報の正確さを保証しません。本来の言語である英語版と日本語版に不一致があった場合でも、本来の英語版が常に優勢です。

0 コメント:

何故、神は苦しむことを許可するのか?

2月 08, 2020 0 Comments


人間が不幸や苦しみを経験する時はいつでも、その傾向は自分に対する神の愛に疑問を投げかけることです。しかし、間接的に、人間は神に見捨てられたために苦しんでいるのだと何らかの形で合理化するのです。もちろん、それは非常に間違った考え方です。人間は、自分のすべての苦しみは、罪と神への不従順の結果、または自業自得に過ぎないのだというのを認識する必要があります。

聖書によれば、神はその御姿と似せて人間を創造されました。神が人間を創造した時、人間は正しい人であった。最初は地上に悪はなかった。死もありませんでした。死がなければ、病や悪疫もなかったことを意味します。当時、人間の生活を脅かすようなものはほとんどありませんでした。同時に、神はまた、最初の男と女がそれぞれの生活に必要なものすべてを利用できるようにして下さったのです。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
創世記 2:16
神である主は、人に命じて仰せられた。「あなたは、園のどの木からでも思いのまま食べてよい。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
創世記 2:17
しかし、善悪の知識の木からは取って食べてはならない。それを取って食べるその時、あなたは必ず死ぬ。」

神は、植物と動物が存在する園にアダムとエバを置きました。善と悪の知識の木以外のすべての果物を食べる自由がアダムとエバに与えられました。そうでなければ、アダムとエバは確実に飢えて死ぬでしょう。これは、神の命令に従わない場合にのみ死が来ることを意味しますが、神の指示を忠実に守れば死を経験することはありません。残念ながら、アダムとエバはこの神の一つの戒めを守れませんでした。そして、この不従順のために、死と苦しみが訪れることになった。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
ローマ 5:12
そういうわけで、ちょうどひとりの人によって罪が世界にはいり、罪によって死がはいり、こうして死が全人類に広がったのと同様に、・・それというのも全人類が罪を犯したからです。

人類の苦しみはその悪行に対する罰にすぎないことは明らかです。悲しいことに、これらのことが起こる度に、自分たちの不正行為を認めるのではなく、神の愛、慈悲、正義の感覚の方を疑います。他の人は、神が自分たちの苦しみの当事者であるようかのように表現している。

神は正義の神です。そして、可能な限りあらゆる方法で正義を行使しなければなりません。宇宙は正義のために機能します。科学で学んだように、地球の上で太陽が引いている。太陽は別として、地球の周りの他の天体も同様に地球を引きます。地球が太陽の周りを公転する軸と経路上で維持されるためには、地球を均等に引く必要があります。太陽は、太陽から発せられる重力があり、また私たちの周りの他の天体から、惑星から発せられる重力もあるので、太陽が引くことができる限度以上には引くが出来ません。

正義、または平等で共生的な引力は、地球上の生命を維持します。正義がなければ、物事はうまくいかないでしょう。科学者によると、もし私たちが太陽にちょっとでも近づいたら、火傷するでしょう。そして、私たちがそれから少しでも離れていたら、凍ります。したがって、数学的に言えば、私たちは生命が維持できる宇宙の正確な場所、または正確な所にいます。

社会正義でさえ非常に重要です。つまり、夫婦間、親子間、家族の間、人種内、コミュニティ内、国家内に正義があるべきです。

家族の中で正義と良好な関係を維持するためには、親は子どもたちに対する良い提供者でなければならない。子どもたちは親を支えなければなりません。すべてが親に割り当てられるならば、それは親にとって不公平なことです。すべての義務と責任が子どもに割り当てられる場合も同じく、それは子どもにとって不公平になる。

正義は平等を意味します。ギリシャ語聖書では、それはdikaiosuneです。人生のあらゆる分野に、二海音、または平等がなければなりません。神の律法に反する場合や平等の規則に反する場合、不従順の結果で苦しむ必要があります。

これが今。人々が苦しんでいる理由です。人間の不従順は遺伝子を破壊しました。 遺伝子に含まれるべきものは、人間の罪や神の正義に耳を傾けるのを拒んだり、薬物を服用するなどの自分自身に対する乱用行為、環境に対する乱用行為によって汚染されています。現在、空気の酸素はわずか21%であり、肺の問題、アレルギー、その他の病気を引き起こす非常に高い割合の炭素を含んでいます。大気中の汚染物質の存在は、人間による天然資源の乱用の結果です。

何年も前、環境を研究していた人々が実験を実施しました。彼らは北極と南極で氷の層を掘りました。氷の層または階層は、この惑星の歴史における特定の年齢または期間を表しています。彼らの研究では、特定の氷の層(特定の年齢または期間を表す)に高い割合の酸素が存在することを発見しました。そして、それは私たちの現在での割合よりもはるかに高かった。

なぜこれほど多くの細菌やウイルスが繁栄するのも不思議ではありません。特定の割合で酸素が存在すると、ウイルスや細菌を殺すことができます。これは、代替医師によって発見されました。そのため、感染症が発生するたびに、代替の医師が過酸化水素(H2O2)として知られる液体を患者に注入することにより、体内に酸素を導入します。過酸化水素は、より多くの酸素を血流に導入して、ウイルスの拡散を制御します。時にはオゾン処理も使用します。オゾンはOxygen3(O3)です。酸素3が血流に注入されると、人に感染する細菌とウイルスの多くが破壊されます。

私が何を伝えたいかというと、今の人々は、自分自身に対する乱用行為とその無謀さ、そして神への不従順のために、さまざまな種類の苦しみを経験しています。人々が神に逆らわなければ、人は死ななかったでしょう。聖書が呼んでいる「永遠の命」にさえ、私たちの人生を維持すること神にはできますから。

確かに、私たちの肉体は老化しますが、神は私たちに余分な力と余分な年を与える力を持っています。メトセラは969歳までに生きれたことを思い出してください。ノアは950歳になるまで生きました。想像してみてください。ノアが船を造るように神から命じられた時、既にに600歳でした!そしてその年齢では、彼はまだ非常に強かった。しかし、今の人々を見てください。人は簡単に弱くなり、かなり若いうちに死にます。時には、人々はすでに50、60、または70歳で死にます。なぜですか?それは人生における乱用行為のせいです。

言い換えれば、苦しみは人間の悪行や乱用行為から生まれたものであり、神の御言葉に従うことを拒否したためなのです。

免責事項

この日本語翻訳は、私たちの通訳者たちの全力を尽くし最高度の注意をもって翻訳されました。しかし、ControversyExtraordinary.com は諸要因により翻訳された情報の正確さを保証しません。本来の言語である英語版と日本語版に不一致があった場合でも、本来の英語版が常に優勢です。

0 コメント:

怨みではなく、愛と感謝を親に

1月 30, 2020 0 Comments


私が、特定の理由により親に対して怨みを抱いている息子や娘に出くわす機会は多いです。

確かに、子どもたちが親に対して否定的な感情を抱くのは正しくありません!そして、既に抱えている場合は、すぐに消し去る必要があります。どうやって?

子どもたちがしなければならない第一のこと考えて、熟考することです。自問してみてください、あなたの母親と父親がお互いに恋に落ちていなかったなら、あなたが存在するようになると思いますか?もし、神が親をあなたの存在のために器として使わなかったなら、あなたは生まれると思いますか?

私たちが知っているように、人間の精子細胞が女性の卵細胞と結合すると人間が形成されます。精子細胞と卵細胞にはそれぞれ23個の染色体があります。私たちは体のすべての細胞がそれぞれ46個の染色体を持っていることを認識しなければなりません。精子細胞と卵細胞のみがそれぞれ23の染色体を持っていますからね。


性交後に男性の23染色体の精子細胞と23染色体の女性の卵細胞が遭遇と、46染色体の細胞が形成されます。この細胞は胎児が形成されるまで、多くの細胞に分裂します。そして、この胎児は母親の子宮で成長する子どもになります。

私の要点は、あなたの母親と父親がそれぞれ23本の染色体を提供していなければ、今の「あなた」は存在していないということです。つまり、神の次に、あなたはあなたの両親にあなたの人生と存在の借りがあります。それで、なぜ親に対して怨みを抱くのでしょうか?

両親に怨みを持っている子どもたちには、このことに注意してほしい。両親があなたの目ではどれほど酷く見えていても、あなたに深い痛みを引き起こしたのは親だとしても、親を許し、親があなたを傷つけたことをあなたが忘れることは最善なことです。あなたを苦しめる親の欠点を思い出すよりも、親があなたのためにした良いことを思い出してみてください。

実際、あなたは親に感謝することがたくさんあります。何よりも、親はあなたを育てました。親はあなたがまだ母親の胎内にいた時から、あなたの世話をしていました。そして、親は尽くしてあなたを育てました。それを証明するのは、この瞬間までにあなたはまだ生きており、神の憐みによって、あなたは身体的な変形や身体的な障害がないことです。

親が生涯にわたって残酷だったなら、息子や娘が生き残りって今日まで生き残るとは思えません。幼い頃から誰も面倒を見てくれなければ、人間は生き残れません。

人間は亀のようではありません。母亀が海岸に卵を産むとき、亀はちょうど砂で卵を覆い、そして去ります。一定の期間が経過すると、卵が孵化し、まもなく海に浮かぶ若いカメを見ることができます。捕食側が彼らに被害を与えない限り、若いカメは母親の世話を受けなくても生き延びるのです。


孵化したばかりのヒナにも同じことが言えます。彼らも、雌鶏に餌を与えたり世話をしたりしなくても、自分で管理できます。ネズミ、イヌ、ネコに食われない限り、彼らは生き残ることができます。

しかし、それは人間とはまったく異なるものです。人間の乳児は母親によって母乳で育てられなければならず、世話をされ、昼も夜も見守られなければなりません。赤ちゃんは成長し、生き続けます。なぜなら、誰かに養われ、抱きしめられ、保護する誰かの手があるからです。そして、それらは親の手です。

後になって、親が子どもにとって良い親ではないと感じる者は、子どもに良い教育と生活の他の快適さを提供できなかったとしても、親によってなされたすべての善行と犠牲があることに気づかないまま。快適な生活や良い教育を提供して貰えなかったのは、親が子どもを嫌っているからではなく、子どもの財源が限られていることであるのなら、子どもはそれで気分を悪くしてはいけない。

すべての子どもは常に親に感謝と感謝を示さなければなりません。 「カトリック教の詩 Pasyon」が言うように、「子どもの骨や肉が細かく砕かれるよりも、子どもを育てるためだけに親が耐えてきた犠牲や苦労に比べられません。」

=====


翻訳:
これは、あなたが気に掛けるべきこと
そして、いつまでも覚えておくこと
あなたの父と母によって
忍耐された苦しみや痛み、その全て

あなたの肉体と骨を全て
体毛も含めて、
それらを細かく挽いても
親があなたのために
忍耐した痛みを払えられない

あなたの反抗的な状態から
変わらないでいるようなら
あなたは恵みを見つけられない
むしろ、我らの主なる神の
憎しみを誘うだけ
=====

その上、神は恩知らずの子どもたちに不満を抱いています。聖書では、無礼であって、親に感謝を示さなかった子どもたちは迷子になりました。

しかしながらも、現実には、親に対して反抗的で恩知らずになる傾向があ子どもたちがいるのです。それが、聖書が子どもたちに特別な忠告を持っている理由です。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
エフェソ 6:1
子どもたちよ。主にあって両親に従いなさい。これは正しいことだからです。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
エフェソ 6:2
「あなたの父と母を敬え。」これは第一の戒めであり、約束を伴ったものです。すなわち、

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
エフェソ 6:3
「そうしたら、あなたはしあわせになり、地上で長生きする。」という約束です。

神は、父と母を尊敬する子どもたちに約束を持っています。地上で長く生きできるのです。

ですから、あなたの親があなたの期待することに応えられず、親が間違ったため、あなたの心に根深い怒りや憎しみ、または苦い心があるのなら、その気持ちを取り除く方が良いですよ。神の約束を得たいのなら。

さらに、神の御言葉には、傷ついた感情を心地よく美しいものに変える力があります。神の助けを借りれば、あなたは敬意を持つようになり、今まで感じていた怒りを置き換えることができます。そして、あなたの憎しみと苦しみの代わりに愛を込められます。神の御言葉は、私たちの考えや感情を変えることができることは非常に可能なことです。

少し話をさせてください。 1980年代、私はかつてManolo Favis氏のラジオ番組の中心人物の一人でした。ある特定の放送では、自殺行為と自殺した人々について話していました。そこで、「自殺した人は馬鹿だ!なぜ自殺するのですか?自分は自分の命を所有する者ではないのに、なぜあなたはあなたの人生を勝手に終わらせるのですか?」と私は言いました。

放送中に、時間を確認するためだけにラジオに電源をつけた人がいて、その人は私が言ったこと偶然聞いてしまったのです。その人は、午後10時に自殺しようと決心したらしくて、時間を確認するためにラジオに電源をつけていたのです。 (その時は、午後9時頃でした。)

どうやら、彼は自分の親についても良く思っていなくて、自殺を考えたようです。しかし、「自殺するのは愚かであり、自殺した人々は皆愚かだ!」と私が言ったのを彼が聞いたとき、彼は悟りを開き、彼はその夜に予定していたことをもう実行しないことに決めました。

その後、その男性は私に個人的に会いに来ました。彼は、私に感謝している間に泣いていました。私の声明が自分を正気に戻したと言い、私の話を聞いていなかったら、彼は自分の人生を終わらせたのだと彼は言いました。神の御言葉が、どのように彼の中で働いて下さったことを経験した私は心の奥深くで幸せでした。

同様に、神の御言葉は、親に対して怨みを抱いている子どもにも働きます。それは、親に対して、心優しい寛容な息子と娘にすることができます。それで、私たちが神に頼る時、神も私たちを赦してくださるのではないでしょうか?悔い改めてバプテスマを受けるとき、それを受けた人のすべての罪を神が赦して下さるのです。。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
使徒 2:38
そこでペテロは彼らに答えた。「悔い改めなさい。そして、それぞれ罪を赦していただくために、イエス・キリストの名によってバプテスマを受けなさい。そうすれば、賜物として聖霊を受けるでしょう。

神が赦して下さるのに、あなたは何故赦しをしないのですか?神は、罪を犯さない方でおられることを忘れないでください。神は間違いを犯しません。それでも、私たちが罪を犯すときは、いつも神は私たちを理解し、考慮して下さるのです。神は私たちを赦します。罪を犯さず、間違いを犯さない神が赦すことができるなら、罪を犯して間違いを犯すあなたにとって、あなたの母親とあなたの父親を赦すことは難しいことですか?

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
マタイ 6:14
もし人の罪を赦すなら、あなたがたの天の父もあなたがたを赦してくださいます。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
マタイ 6:15
しかし、人を赦さないなら、あなたがたの父もあなたがたの罪をお赦しになりません。

あなたが赦すとき、あなたも赦される。すべての苦味、すべての痛みと苦悩、そして、あなたの心を汚すすべてのものは、神の御言葉によってきよめられます。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
ヨハネ 15:3
あなたがたは、わたしがあなたがたに話したことばによって、もうきよいのです。

それらは、主イエス・キリストの御言葉です。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
ヤコブ 1:21
ですから、すべての汚れやあふれる悪を捨て去り、心に植えつけられたみことばを、すなおに受け入れなさい。みことばは、あなたがたのたましいを救うことができます。

心に留めて下さい。私たちは一生親と一緒にいることはできません。親が亡くなったとき、あなたは親をどれほど愛していて、どれほどそばにいて欲しいかを突き刺さるでしょう。そして、もっと一緒に時間を過ごしたかったと思うでしょう。

私の人生の中で、両親がまだ生きてたらなと望んでいました。私は両親のことをとても愛しています。私の父は2000年頃に亡くなり、母は2003年頃に亡くなりました。両親と過した時間は非常に限られていました。あの時は、会衆のリーダーとして、参加しなければならない行事が多かった時期でもありました。今でも、両親に会いたいのです。香港、シンガポール、アメリカ、そして他の場所に私がいたとき、両親も私と一緒にいて欲しいと願っていたのです。


私たちは、時の針を戻す力はありません。したがって、親とまだ一緒にいられる時間を最大限に活用することが最善です。

神が私たちをこの世界へ導き出すために器にした男と女(両親)は一組しかいません。親があなたに愛を感じさせるために。これを行なうには、必ずしも金を費やす必要はありません。いつでも親に思いやりと敬意を払うことだけで、親に愛を示すことができます。そして、怨みの代わりに、親の無条件の愛に対する感謝と謝意の気持ちがあなたの心に宿り、勝つようになるでしょう。さらに、神の御言葉に耳を傾けるように誘うことも、親にあなたの愛を示す行為でもあります。

親を愛するのは良いことです。それは神の戒めなのですから。ですが、親に対するあなたの愛が、神と主イエス・キリストに対するあなたの愛を超えないようにしてください。親は神と主イエスの次にしましょう。

免責事項

この日本語翻訳は、私たちの通訳者たちの全力を尽くし最高度の注意をもって翻訳されました。しかし、ControversyExtraordinary.com は諸要因により翻訳された情報の正確さを保証しません。本来の言語である英語版と日本語版に不一致があった場合でも、本来の英語版が常に優勢です。

0 コメント:

祈り深くなろう:クリスチャンは絶えずに祈る

1月 18, 2020 , 0 Comments


聖書は、私たちが祈るべき正しい時期、または実例を教えています。一つには、定期的に祈らなければなりません。クリスチャンは昼も夜も祈るように神に命じられました。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
テサロニケ 一 5:17
絶えず祈りなさい。

その訓戒はどういう意味ですか?私たちはどのように絶えず祈りますか?それは、私たちが祈りに全時間を費やすことを意味し、例えば、生計のために働くなど、他のことはもうしないということだろうか?

テモテ 二 1:3 はこう説明しています。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
テモテ 二 1:3
私は、夜昼、祈りの中であなたのことを絶えず思い起こしては、先祖以来きよい良心をもって仕えている神に感謝しています。

絶えず祈ることは、昼夜を問わず祈ることを意味します。つまり、寝る前、または翌朝目が覚めるとき、または特定の日にやらなければならないことを始める前に、最初に祈る必要があります。あなたが達成すべき必要があることをすべて達成することができたというのならば、神があなたを助けて下さったからこそ、やるべきことができたということを心に留めておいてください。ですから、眠りにつく前に、主に祈って感謝するのが適切です。

主イエス・キリストは、使徒たちに常に祈るように促し、熱心でいつも祈るの出来ることの例を彼らに示しました。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
ルカ 18:1
いつでも祈るべきであり、失望してはならないことを教えるために、イエスは彼らにたとえを話された。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
ルカ 18:2
「ある町に、神を恐れず、人を人とも思わない裁判官がいた。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
ルカ 18:3
その町に、ひとりのやもめがいたが、彼のところにやって来ては、『私の相手をさばいて、私を守ってください。』と言っていた。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
ルカ 18:4
彼は、しばらくは取り合わないでいたが、後には心ひそかに『私は神を恐れず人を人とも思わないが、

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
ルカ 18:5
どうも、このやもめは、うるさくてしかたがないから、この女のために裁判をしてやることにしよう。でないと、ひっきりなしにやって来てうるさくてしかたがない。』と言った。」

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
ルカ 18:6
主は言われた。「不正な裁判官の言っていることを聞きなさい。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
ルカ 18:7
まして神は、夜昼神を呼び求めている選民のためにさばきをつけないで、いつまでもそのことを放っておかれることがあるでしょうか。

主イエス・キリストは、このたとえ話を、不当な裁判官が未亡人の絶え間ない嘆願に屈するのなら、神がご自身の民の祈りに耳を傾けることは尚更であることだ、と使徒たちを指摘するために語りました。 「まして神は、夜昼神を呼び求めている選民のためにさばきをつけないで、いつまでもそのことを放っておかれることがあるでしょうか。」

クリスチャンが昼夜を問わず祈るのは、聖書の確立された真実です。

寝る前と寝た後に祈る以外にも、私たちが祈るべき他の例があります。また、食べる前に祈らなければなりません。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
テモテ 一 4:4
神が造られた物はみな良い物で、感謝して受けるとき、捨てるべき物は何一つありません。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
テモテ 一 4:5
神のことばと祈りとによって、聖められるからです。

例えば、現在で私たちは、イスラエル人が豚肉のように食べることを禁止されていた食べ物さえ食べることができます。イスラエル人はこれほど多くのものを食べることを禁じられていましたが、初期クリスチャンの時代に、使徒パウロは彼らに、「神が造られた物はみな良い物で、感謝して受けるとき、捨てるべき物は何一つありません。」

私たちの時代、キリスト教の神権時代、肉を食べることを神はもはや禁じられませんでした。主イエス・キリストがご自身がこの地上にいる間に使徒たちと魚を食べたのに、菜食主義を実践している人たちが肉や魚を食べることを拒否するのはなぜだろうか!ベジタリアンだけでなく、現代のその他の宗教でさえ、牛肉や豚肉を食べることを禁止しています。神の御言葉によると、今は肉を食べることができます。ただ、食べる前に祈らなければなりません。あなたが食べようとしている食べ物、そして、実際にあなたが摂取しようとしているすべてのものを祝福されるようにと神に求めてください。

また、私たちは非常に多くの問題に悩まされて、もう何をすべきかわからないとき、私たちが非常に重荷を抱えているとき、私たちが非常に困難な状況にあり、どこにも行けないときは祈るべきです。これらは、私たちが神の助けを必要とする時代です。これらは私たちが祈る必要がある時なのです。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
フィリピ 4:6
何も思い煩わないで、あらゆるばあいに、感謝をもってささげる祈りと願いによって、あなたがたの願い事を神に知っていただきなさい。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
フィリピ 4:7
そうすれば、人のすべての考えにまさる神の平安が、あなたがたの心と思いをキリスト・イエスにあって守ってくれます。

人生では、私たち自身の心配と悩みがあります。問題、苦難、病気、経済的なこと等、私たちは非常に多くのことを心配しています。しかし、神の御言葉はとても慰めになり、心強い味方です。私たちは何も心配する必要はありませんが、あらゆるばあいに、感謝をもってささげる祈りと願いによって、あなたがたの願い事を神に知っていただきなさい。そうすれば、人のすべての考えにまさる神の平安が、あなたがたの心と思いをキリスト・イエスにあって守ってくれます。

ですから、問題や心配事に悩まされるたびに、神に祈りましょう。もしあなたが神のしもべならば、どんな状況でも、どんな時でも祈るべきです。常に祈りなさい。

神があなたがたを祝福して下さいますように!

免責事項

この日本語翻訳は、私たちの通訳者たちの全力を尽くし最高度の注意をもって翻訳されました。しかし、ControversyExtraordinary.com は諸要因により翻訳された情報の正確さを保証しません。本来の言語である英語版と日本語版に不一致があった場合でも、本来の英語版が常に優勢です。

0 コメント:

神様はご自身のしもべたちを試しておられる

1月 11, 2020 0 Comments


試験や試練は神から来ます。神は、非常に正当な理由で、しもべたちを試しておられます。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
申命記 13:3
その預言者、夢見る者のことばに従ってはならない。あなたがたの神、主は、あなたがたが心を尽くし、精神を尽くして、ほんとうに、あなたがたの神、主を愛するかどうかを知るために、あなたがたを試みておられるからである。

試験や試練は、あなたが信仰にしっかりと固まっているのか、耐えているのか、そして心や魂を尽くして神を愛しているのかを見るための神の尺度となります。そして、あなたがそうであることが証明されると、あなたは貴重な報いを得るでしょう。

比較する場合は、学校に行くようなもので、まず教師が生徒に授業の主題について徹底的に話し合います。その後、教師は生徒たちが覚えているかどうか、教師が教えたことを生徒たちが理解しているかどうかを調べるために、生徒たちにテストまたは試験を与えます。そして、テストの結果は、それぞれの生徒たちにふさわしい評点を与える際の教師の基礎となります。

神にも同じことが言えます。神は私たちに神の御言葉を教え、その後、私たちが神の教えを理解し、それに従うかどうかを試します。逆境や挑戦の最中であっても、私たちの信仰が不動なままであるかどうかを試してくださいます。私たちが神の試練に合格すれば、神の信頼を獲得します。

信頼は簡単に達成できません。それは行ないが必要なものです。普通の家庭であっても、家の所有者はすぐに使用人に信頼を与えないのではないでしょうか?使用人はまず、主人に自分が信頼できること、誘惑犯でも泥棒でもないことを証明しなければなりません。使用人の信頼性がまだ証明されていないのに、主人がすぐに家とその子どもたちの事を使用人に任せるならば、それはあまりにも危険だからです。しかし、しもべは正直さと従順を証明した後、最終的には主人の信頼を得ます。

神ご自身も、人を試します。神は人々の心を調べ、彼らの心を精査し、彼らが誠実で忠実かどうかを確かめてくださいます。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
エレミヤ書 17:9
人の心は何よりも陰険で、それは直らない。だれが、それを知ることができよう。
JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
エレミヤ書 17:10
わたし、主が心を探り、思いを調べ、それぞれその生き方により、行ないの結ぶ実によって報いる。

そして、あなたが忠実で、信頼できて、悪意がないと神が知った時、神はあなたと共にいます。

試された後、聖書は何と言っているのでしょうか?

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
ペトロ 一 1:6
そういうわけで、あなたがたは大いに喜んでいます。いまは、しばらくの間、さまざまの試練の中で、悲しまなければならないのですが、

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
ペトロ 一 1:7
信仰の試練は、火を通して精練されてもなお朽ちて行く金よりも尊いのであって、イエス・キリストの現われのときに称賛と光栄と栄誉に至るものであることがわかります。

使徒ペテロによれば、試験や試練は私たちを悲しませるかもしれませんが、繰り返しや連続して来ても絶望してはいけません。何故なら、それらすべてを克服できれば、私たちは主の苦しみを分け合うことになります。さらに、イエス・キリストの再臨の時に名誉と栄光を得るます。

神は私たちの信仰の深さを見るために私たちを練り、試します。神は、私たちが神への奉仕と服従にしっかりと留まるかどうかを見たいのです。そして、神の試験に合格することは私たちの救いを意味します。

教師から与えられたすべてのテストこと試験に一貫して合格した学生が卒業の資格があるのと同じく、神のしもべとして、神の与えられた試練に合格することができるか、神の御言葉への信仰と従順を神に証明することができるか、私たちが心を尽くして魂を尽くして神を愛することを神に示すことが出来たら、魂の救いに値します。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
ペトロ 一 1:8
あなたがたはイエス・キリストを見たことはないけれども愛しており、いま見てはいないけれども信じており、ことばに尽くすことのできない、栄えに満ちた喜びにおどっています。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
ペトロ 一 1:9
これは、信仰の結果である、たましいの救いを得ているからです。

試験や試練に合格した後、私たちは信仰の究極の目標、つまり魂の救いを受け取ります。だからこそ、私たちの生活に聖書のようにやってくる試験や試練に対処することが非常に重要です。

ですから、困難な状況を経験する時、試練を経験するときはいつでも最善のことは祈ることです。怒らない、絶望しないで、ただ祈ってください。

ただ、不幸なことに試験や試練に直面したときに、荒々しく暴力的になる人々がいます。そして、神に助けを求める代わりに、彼らはアルコールと麻薬に頼ります。これがあなたの態度であるならば、あなたは試練に決して合格しません。そして、あなたが試練に合格しなかった場合、結果は、あなたは何の報酬にも値しないでしょう。

しかし、神からの報いを受けたいのなら、神の試験や試練に合格する必要があります。忘れないでください、神の報酬はあなたの魂の救いです。

神があなたがたを祝福して下さいますように!

免責事項

この日本語翻訳は、私たちの通訳者たちの全力を尽くし最高度の注意をもって翻訳されました。しかし、ControversyExtraordinary.com は諸要因により翻訳された情報の正確さを保証しません。本来の言語である英語版と日本語版に不一致があった場合でも、本来の英語版が常に優勢です。

0 コメント:

「イエス・キリストの失われし数年の謎」 解決

1月 09, 2020 0 Comments


一部の人々は、主イエス・キリストの人生の物語に関する聖書の表現には詳細が欠けているように見えると主張しています。彼らによると、主の誕生と主が既にに宣教活動をしていた時間についての叙述だけだが、主の誕生から主の宣教活動の開始前までに起こった出来事は詳述されていないとのことでした。

そして、これらの申し立てられた欠落した詳細が原因に、何人かの牧師たちは、「キリストがイスラエルを留守したから」という愚かな物語を発明しました。彼らは、「主はインドに行ってそこでヨガを学び、その後、イスラエルに戻られた。」と述べていました。

もちろん、それは大きな嘘です!キリストは決してイスラエルを去っていません。主はそこで産まれ、育ち、宣教をし、死なれ、そして、主はそこで復活なさった。それが主イエス・キリストの完全な物語です。聖書は、キリストの人生の物語のどの期間も見逃しませんでした。そして、主は決してイスラエルを去りませんでした。

イエス・キリストは、生まれてから12歳になるまで、ナザレにて里親と一緒にいました。


~~~~~
新改訳聖書
ルカ 2:41 ~ 2:51
~~~~~

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
ルカ 2:41
さて、イエスの両親は、過越の祭りには毎年エルサレムに行った。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
ルカ 2:42
イエスが十二歳になられたときも、両親は祭りの慣習に従って都へ上り、

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
ルカ 2:43
祭りの期間を過ごしてから、帰路についたが、少年イエスはエルサレムにとどまっておられた。両親はそれに気づかなかった。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
ルカ 2:44
イエスが一行の中にいるものと思って、一日の道のりを行った。それから、親族や知人の中を捜し回ったが、

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
ルカ 2:45
見つからなかったので、イエスを捜しながら、エルサレムまで引き返した。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
ルカ 2:46
そしてようやく三日の後に、イエスが宮で教師たちの真中にすわって、話を聞いたり質問したりしておられるのを見つけた。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
ルカ 2:47
聞いていた人々はみな、イエスの知恵と答えに驚いていた。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
ルカ 2:48
両親は彼を見て驚き、母は言った。「まあ、あなたはなぜ私たちにこんなことをしたのです。見なさい。父上も私も、心配してあなたを捜し回っていたのです。」

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
ルカ 2:49
するとイエスは両親に言われた。「どうしてわたしをお捜しになったのですか。わたしが必ず自分の父の家にいることを、ご存じなかったのですか。」

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
ルカ 2:50
しかし両親には、イエスの話されたことばの意味がわからなかった。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
ルカ 2:51
それからイエスは、いっしょに下って行かれ、ナザレに帰って、両親に仕えられた。母はこれらのことをみな、心に留めておいた。

過越しを祝うためにヨセフとマリヤがエルサレムを毎年訪れていたと聖書は私たちに述べています。ユダヤ人は、神の救済と平和を経験し、エジプトの束縛からの解放を記念して祝福するよう命じられました。

過越しの英語版である「passover」という言葉、または他の言語の pascha または paz は、平和を言い表します。イスラエル人がエジプトの地を去る前夜に、「破壊者」がエジプトのすべての家庭にやって来て、エジプト人のすべての長子が死んだことを覚えておく必要があります。しかし、それはイスラエル人の家には入らずに過ぎ越しただけのです。したがって、イスラエル人のうち誰も死ぬことは無かった。

過越しは平和を意味します。すべてのエジプト人の長子の死によりエジプト全土に大きな嘆きがありましたが、死の天使こと「破壊者」がイスラエル人たちを過ぎ越して、イスラエル人の住居には平和がありました。

それはユダヤ人が毎年祝うように命じられた出来事でした。そして12年間、キリストはエルサレムを祝うためにエルサレムに行くたびに、常に里親と一緒にいました。

キリストが12歳の時に起こった出来事がありました。ヨセフとマリヤは過越しを祝うためにエルサレムに行きましたが、ナザレに戻ったとき、12歳のイエスが一緒にいないことにすぐには気づきませんでした。イエスが彼らの親族や知人と一緒にいると夫婦はずっと考えていました。夫婦がイエスが親族や知人と一緒にいないことを知ったとき、夫婦はエルサレムに戻り、イエスが神殿にいるこことを知るまで、3日間もイエスを探し回りました。

マリヤはイエスを見て、イエスに言った、

マリヤ「まあ、あなたはなぜ私たちにこんなことをしたのです。見なさい。父上も私も、心配してあなたを捜し回っていたのです。」

イエス「どうしてわたしをお捜しになったのですか。」 と主イエス・キリストは答えました。

マリヤとヨセフはイエスが仰せられたことを理解していませんでしたが、ルカ 2:51「それからイエスは、いっしょに下って行かれ、ナザレに帰って、・・・」

これはイエスが帰りに里親と共にナザレへ帰ったことを意味します。つまり、イエス・キリストが育ったのはナザレでした。


~~~~~
イエス・キリストが育ったのはナザレでした。
~~~~~

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
ルカ 4:16
それから、イエスはご自分の育ったナザレに行き、いつものとおり安息日に会堂にはいり、朗読しようとして立たれた。

キリストがナザレにて成長しなければ、ナザレ人とは呼ばれません。主が青年になったとき、キリストは何をしていましたか?

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
マルコ 6:3
この人は大工ではありませんか。マリヤの子で、ヤコブ、ヨセ、ユダ、シモンの兄弟ではありませんか。その妹たちも、私たちとここに住んでいるではありませんか。」こうして彼らはイエスにつまずいた。

キリストはすでに宣教活動を始めました。主は大工であった主の養父ヨセフの技術と職業を受け継いだため、主は大工と呼ばれました。また、「マリヤの子」と聖書は呼んでいました。何故なら、主が宣教活動をしていたとき、ヨセフは既に亡くなっていたからです。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
ルカ 3:23
教えを始められたとき、イエスはおよそ三十歳で、人々からヨセフの子と思われていた。このヨセフは、ヘリの子、順次さかのぼって、

イエス・キリストが宣教活動を始めた時、主はおよそ30歳でした。これは、12歳から約30歳の時までは、主はナザレにいたことを意味します。

ユダヤ人は、主が大工職ヨセフの子であることを知っていました。また、大工の子であるため、主が教育を受けたことがないことも知っていました。彼らが主の宣教を聞いたとき、彼らが主の卓越性に驚いた理由だったのです。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
ヨハネ 7:15
ユダヤ人たちは驚いて言った。「この人は正規に学んだことがないのに、どうして学問があるのか。」

彼らは、主が若い時から宣教をする時まで、主の人生を目撃したために、主が教育を受けていないことを知っていました。

それが、主がイスラエルを去ってインドに行き、18年間そこに留まったと信じるのは馬鹿げている理由です。

なぜなら、主の人生全体を実際に目撃した人々がいたからです。


~~~~~
聖書の記述は完全である。
キリストは決してイスラエルを去らなかった。
~~~~~

聖書の記述は完全です。キリストは決してイスラエルを去りませんでした。主はそこに留まりました。主は大工として働いていた場所でした(イスラエルのナザレ)。そこも主キリストが宣教した場所でした。宣教後、主は十字架に架けられました。主が死んだとき、主は3日後に復活しました。主は使徒たちの所に留まり、40日40晩、彼らに教えました。 40日後、使徒たちは天国へ上られたことを目撃しました。それがキリストの完全な物語です。何も欠けてはいません。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
使徒 1:21
ですから、主イエスが私たちといっしょに生活された間、

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
使徒 1:22
すなわち、ヨハネのバプテスマから始まって、私たちを離れて天に上げられた日までの間、いつも私たちと行動をともにした者の中から、だれかひとりが、私たちとともにイエスの復活の証人とならなければなりません。」

ルカは、起こったことすべてを完全に理解していました。そして、彼は書の中で、主イエス・キリストがイスラエルにおられなかったり、他のどこかにおられたことを決して述べませんでした。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
ルカ 1:1
私たちの間ですでに確信されている出来事については、(V.2挿入)多くの人が記事にまとめて書き上げようと、すでに試みておりますので、

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
ルカ 1:2
初めからの目撃者で、みことばに仕える者となった人々が、私たちに伝えたそのとおりを、

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
ルカ 1:3
私も、すべてのことを初めから綿密に調べておりますから、あなたのために、順序を立てて書いて差し上げるのがよいと思います。尊敬するテオピロ殿。

伝道者としてのルカは、最初からすべてのことを徹底的に調査しました。それが、主イエス・キリストの人生の物語に関する彼の説明が、適切な年表に従って完全かつ包括的である理由です。

ルカの福音書は、バプテスマのヨハネを紹介することから始まり、キリストを紹介した人でもありました。そして、ルカはキリストの誕生と、主が生まれた月と年を含んで、産まれた場所についても話しました。

過越しを記念して毎年エルサレムに行ったとき、キリストがどのように里親家族に加わったのかを12年間にわたってルカもまた語りました。また、主が大工として働いた方法、そして、主が30歳のとき、主はバプテスマのヨハネからバプテスマを受け、それから主は宣教活動等を始めました。そして最後に、主の死、復活、そして天へに上られる時までです。つまり、ルカが表現したのは、キリストの人生の物語の完全な表現でした。何も欠けてはいません。

あなたに神のご加護を!

免責事項

この日本語翻訳は、私たちの通訳者たちの全力を尽くし最高度の注意をもって翻訳されました。しかし、ControversyExtraordinary.com は諸要因により翻訳された情報の正確さを保証しません。本来の言語である英語版と日本語版に不一致があった場合でも、本来の英語版が常に優勢です。

0 コメント: