罵倒する者から信者へ:十字架での泥棒の啓発

9月 22, 2020 0 Comments

聖書の普通の読者が、マタイ27:44、マルコ15:32、ルカ23:39~40に出くわすときはいつでも、主イエス・キリストと一緒に十字架に架けられていた泥棒が実際に、彼らが架けられていた間にどのように主を扱ったかについて読者たちは混乱することがあります。彼らの混乱は、マタイとマルコの記述とルカの記述との間に矛盾があるように思われたことに起因しています。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
マタイ 27:44
イエスといっしょに十字架につけられた強盗どもも、同じようにイエスをののしった。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
マルコ 15:32
キリスト、イスラエルの王さま。たった今、十字架から降りてもらおうか。われわれは、それを見たら信じるから。」また、イエスといっしょに十字架につけられた者たちもイエスをののしった。

上記の聖句では、マタイとマルコの両方が、二人の泥棒が十字架に架けられていた間に、悪意をもってキリストをからかっていたと述べました。一方、ルカは、泥棒の一人が主イエス・キリストを嘲ていたため、同じく片方の泥棒を非難したと述べました。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
ルカ 23:39
十字架にかけられていた犯罪人のひとりはイエスに悪口を言い、「あなたはキリストではないか。自分と私たちを救え。」と言った。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
ルカ 23:40
ところが、もうひとりのほうが答えて、彼をたしなめて言った。「おまえは神をも恐れないのか。おまえも同じ刑罰を受けているではないか。

実際、混乱することは何もありません。さらに、それぞれの説明には矛盾は全くありません。彼らの記録はすべて正確で真実です。

一部の読者は全体的な事態に含まれる時間要素を考慮できないのが原因で、明らかに混乱が生じたのです。読者たちは二人の泥棒と主イエス・キリストが数分だけではなく、約6〜8時間も十字架に架かっていたという事実を見落としました。そして、その期間を考えると、多くのことが起こったことで泥棒一人の心が開かれ、主イエス・キリストに対する態度を変えたのです。

泥棒二人が主イエス・キリストを侮辱し、主に侮辱的な言葉を投げかけたのは事実ですが、それは彼らが架けられてから早い段階辺りの時間中に起こりました。

時間の経過とともに、起こった多くのことを目撃した後、泥棒のうちの一人は心変わりをしました。彼はキリストへの思いやりを抱き、最終的にキリストがそのような状況にあるに値しないことを悟ったのです。重罪のために死刑に値する正当な自分たち二人とは異なっていることを。

主イエス・キリストに対する泥棒の印象を覆すことができた例の一つは、息子のキリストが母親であるマリヤにどれほど気遣って、愛していたかを見たときでした。泥棒は、キリストがどのように自身の母親であるマリヤを、母親の世話を主の愛する使徒であるヨハネに託したかを聞きました。キリストがそのような非常に困難な状況にあったとしても、主はまだ自身の母親の福祉について考えていました、そして、自身が居なくなった時に、主は誰かが母親の面倒を見るようにしました。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
ヨハネ 19:26
イエスは、母と、そばに立っている愛する弟子とを見て、母に「女の方。そこに、あなたの息子がいます。」と言われた。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
ヨハネ 19:27
それからその弟子に「そこに、あなたの母がいます。」と言われた。その時から、この弟子は彼女を自分の家に引き取った。

主イエス・キリストは人の心を見ることができます。そして、主は、ヨハネどれほど親切であったかを見ました。そのため、キリストは母親であるマリヤを彼に託しました。その日、ヨハネはマリヤを自分の家に連れてきて、マリヤはヨハネの家族の一員のように扱われました。

泥棒はまた、キリストが周りの人々のすべての侮辱と嘲りに耐えた姿を見ました。それとは別に、主が渇いた時に、兵士によって主に与えられた不親切な扱いという、水ではなく酢を主イエス・キリストに与えたにも拘わらず、主イエス・キリストがどのように柔和であったかを見ました。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
ヨハネ 19:28
この後、イエスは、すべてのことが完了したのを知って、聖書が成就するために、「わたしは渇く。」と言われた。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
ヨハネ 19:29
そこには酸いぶどう酒のいっぱいはいった入れ物が置いてあった。そこで彼らは、酸いぶどう酒を含んだ海綿をヒソプの枝につけて、それをイエスの口もとに差し出した。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
ヨハネ 19:30
イエスは、酸いぶどう酒を受けられると、「完了した。」と言われた。そして、頭を垂れて、霊をお渡しになった。

泥棒はまた、人々が自分で何をすべきかを知らなかったため、間違いをしたことを赦すようにと、御父にキリストが祈るのを聞いたのです。(ルカ23:34)—愛、憐れみ、そして、寛大さに溢れた者だけが発することができる祈りを。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
ルカ 23:34
そのとき、イエスはこう言われた。「父よ。彼らをお赦しください。彼らは、何をしているのか自分でわからないのです。」彼らは、くじを引いて、イエスの着物を分けた。

泥棒の注意を引いたもう一つの件は、最後の数時間に太陽が暗くなったときでした。
JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
マルコ 15:33
さて、十二時になったとき、全地が暗くなって、午後三時まで続いた。

闇が6時間、つまり12時の正午から9時間目、または午後の3時まで、土地全体を覆いました。

これらのことがほんの数分で起こらなかったことに留意してください。それらは6〜8時間の間隔で発生しました。これは、主イエス・キリストに対する一人の泥棒の態度の変化が一瞬で起こらなかったことを意味します。変化は、彼が見聞きしたものによって促されたのです。これらのことを目撃した後、以前に主イエス・キリストを非難し、嘲笑した泥棒は、改心を経験しました。嘲ていた者から、「キリストは真に神の御子でおられているのだ」と、信者になりました。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
ルカ 23:34
そのとき、イエスはこう言われた。「父よ。彼らをお赦しください。彼らは、何をしているのか自分でわからないのです。」彼らは、くじを引いて、イエスの着物を分けた。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
ルカ 23:35
民衆はそばに立ってながめていた。指導者たちもあざ笑って言った。「あれは他人を救った。もし、神のキリストで、選ばれた者なら、自分を救ってみろ。」

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
ルカ 23:36
兵士たちもイエスをあざけり、そばに寄って来て、酸いぶどう酒を差し出し、

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
ルカ 23:37
「ユダヤ人の王なら、自分を救え。」と言った。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
ルカ 23:38
「これはユダヤ人の王。」と書いた札もイエスの頭上に掲げてあった。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
ルカ 23:39
十字架にかけられていた犯罪人のひとりはイエスに悪口を言い、「あなたはキリストではないか。自分と私たちを救え。」と言った。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
ルカ 23:40
ところが、もうひとりのほうが答えて、彼をたしなめて言った。「おまえは神をも恐れないのか。おまえも同じ刑罰を受けているではないか。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
ルカ 23:41
われわれは、自分のしたことの報いを受けているのだからあたりまえだ。だがこの方は、悪いことは何もしなかったのだ。」

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
ルカ 23:42
そして言った。「イエスさま。あなたの御国の位にお着きになるときには、私を思い出してください。」

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
ルカ 23:43
イエスは、彼に言われた。「まことに、あなたに告げます。あなたはきょう、わたしとともにパラダイスにいます。」

必然的に、信仰は既に彼の心に湧き出ていたので、泥棒はその日、初めに彼が言ったことに対して反省と悔い改めの感覚を発達させました。それが、彼の仲間の泥棒がまだ皮肉と軽蔑をもってキリストと話していた時、彼を叱責したのです。主イエス・キリストに懇願しました。「イエスさま。あなたの御国の位にお着きになる時期、私を思い出してください」と。

彼が死ぬ前に、彼がキリストを認めることができたので、私たちはその泥棒が非常に幸運だったと言えます。特に、主イエス・キリストが彼に「まことに、あなたに告げます。あなたはきょう、わたしとともにパラダイスにいます。」と仰せられました。

ですから、非常に明確に、福音書記者たちによって与えられた記述には矛盾するという考えはありません。読者は、発生した一連の出来事が6時間または8時間もあったことを理解する必要があります。そして、その6時間または8時間を考えると、多くの不思議なことが起こった可能性があります。初めは二人とも主イエス・キリストを責めたが、後から一人が目撃したことに感動したことは否定できないことです。彼は悟りを開いたこと。そして、この悟りは彼を、神と主イエス・キリストを信じるように導きました。

神への信仰とキリストへの信仰を育み、キリストが御国に行かれたときに、彼(泥棒一人)を覚えて下さるようにと彼が主イエス・キリストに懇願したことは、泥棒の彼の生涯で彼が経験した最高のことでした。これらのおかげで、彼は天国の相続人となりました。他の泥棒が、彼が経験した啓発と悟りを経験しなかったのは残念なことです。

最後に、聖霊の触発を受けた聖書には矛盾がないことを強調しておきます。互いに矛盾しているように見える節がある場合、読者は、背景とその状況の周囲の状況を検討する必要があります。そして、混乱や誤解を避けるために、聖書を読むときは、最初に聖霊の導きを呼び出すのが最善です。

神の祝福がありますように!

免責事項

この日本語翻訳は、私たちの通訳者たちの全力を尽くし最高度の注意をもって翻訳されました。しかし、ControversyExtraordinary.com は諸要因により翻訳された情報の正確さを保証しません。本来の言語である英語版と日本語版に不一致があった場合でも、本来の英語版が常に優勢です。

0 コメント:

命の目的と意義

9月 14, 2020 0 Comments

すべての生き物は、明確な目的のために存在し、それぞれのの命に意味を持つようになるのは、そのような目的の達成に在ります。

あなたがあなたの周りの様々な生き物の熱心な観察者である場合、あなたはそれらの存在のまさにそれぞれの目的を知っていて、それが何であれそれらがそれぞれの目的を実行する準備ができていることを理解するようになるでしょう。

ミツバチの場合を考えてみましょう。雄の蜂、また、雄蜂は自分の目的または、義務は女王蜂と交配し、女王蜂を妊娠させることであることを知っています。そして、雄蜂は自分の義務が何であるかを理解しているので、女王蜂と交尾した後、女王蜂は死ぬ運命にあります。そうすることで雄蜂は命を失うだろうという知識があるにもかかわらず、雄蜂はそれを実行します。したがって、人々はそれを「自殺的交尾」と呼んでいます。

下の図には、「蜜蜂による自殺的交尾:雄蜂の悲しい生態」と題された記事の抜粋です。

~~~~~
蜜蜂による自殺的交尾:雄蜂の壮絶な生態:

「雄蜂と呼ばれる雄のミツバチは、女王蜂と交尾するという一つの理由だけのために存在します。蜂群にこの奉仕を提供すると、雄蜂は完全に使い捨てになります...」

しかし、雄蜂は自分の使命を真剣に受け止め、大義のために命を吹き込みます。蜜蜂の交尾は、昆虫の世界での性的自殺の最も劇的な例の一つです。女王蜂が仲間を探して飛び立つとき、蜜蜂の交尾は空中で行なわれます。雄蜂たちは女王蜂と交尾する機会を求めて競争し合い、女王蜂が飛び交う時に雄蜂たちは女王蜂の周りに群がります。

最終的に、勇敢な雄蜂が自分の動きをします。雄蜂は女王蜂をつかむと、腹部の筋肉の収縮と止血圧を使って陰茎を反転させ、女王蜂の生殖管にしっかりと挿入します。雄蜂はすぐにその陰茎の先端が破れるほどの爆発力で射精し、女王蜂の中に置き去りにされます。雄蜂は地面に落ち、すぐに死んでしまいます…」

~~~~~

このことから、たとえ自分の命が犠牲になったとしても、雄蜂が自分の使命を非常に真剣に受け止めていることがわかります。



雄蜂の存在意義を満たし、蜜蜂の繁殖や誕生の道具となるため、雄蜂の人生は有意義なものになったと言えます。雄の蜜蜂、または雄蜂が当然の義務を特に注意を払う必要のないと思っていた場合、その種類の蜜蜂はおそらく既に絶滅の危機に瀕しているか、または絶滅した可能性があります。しかし、それらの交尾のために、女王蜂はたくさんの蜜蜂の卵を産みます。それらは後に孵化して若い蜜蜂になります。

実行する特定の義務があるのは、雄の蜜蜂や雄蜂だけではありません。実際には、蜜蜂の蜂群の各一員が果たす義務があります。たとえば、女王蜂は蜜蜂の蜂群全体の保護を担当しています。蜜蜂たちの蜂群を侵入者から守るのは女王蜂の責任です。そして、女王蜂は非常に大きな責任を負うので、女王蜂は食べ物を探すために出かける必要はありません。その義務は働き蜂に帰属します。

働き蜂は、女王蜂のための蜜を集めるために、ある花から別の花へと彷徨って出て行くものです。働き蜂は、花から蜜を吸って集め、それを巣箱に持ち込むことで、女王蜂に安定した食物を届けることができます。蜜が蜜蜂たち口を通ると、蜜は次第に蜂蜜に変わり、働き蜂がハニカム構造に蓄えます。女王蜂は自分のために保存されているすべての蜂蜜を消費することができないので、過剰分は人間によって消費されます。

蜂蜜、特に蜂の巣は、甘い味がするだけでなく、人間の健康にも非常に有益です。実際、蜂蜜を食べることは聖書に勧められています。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
箴言 24:13
わが子よ。蜜を食べよ。それはおいしい。蜂の巣の蜜はあなたの口に甘い。

私たちは、聖書に書かれた神のすべての宣言をいつでも当てにすることができます。蜂蜜は確かに良いです。実際には、人体に必須な鉱物と栄養がすべて含まれているため、完全な食品と見なされています。その完全性は、赤ちゃんの完全な食品としても考えられている乳に例えることができます。

神がイスラエル人をエジプトの国から救出なさった時、神は彼らを牛乳と蜂蜜が流れる土地に連れて行くと約束しておられたことを覚えておく必要があります。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
出エジプト記 3:8
わたしが下って来たのは、彼らをエジプトの手から救い出し、その地から、広い良い地、乳と蜜の流れる地、カナン人、ヘテ人、エモリ人、ペリジ人、ヒビ人、エブス人のいる所に、彼らを上らせるためだ。

それは、神の民がその土地で栄養を欠くことはないということを意味します。若い人も老人も、完全な食糧の供給があります—赤ちゃんのための乳と大人のための蜂蜜。但し、ハチミツは、乳児や一歳未満の子どもには与えないでください。生命に害を及ぼす可能性があります。だから、蜂蜜の代わりに、赤ちゃんたちには乳を与えられるべきです。実際には、大人の方でも、適量の蜂蜜を摂取することをお勧めします。

聖書によると、人は過度ではなく、十分な量の蜂蜜を食べるべきです。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
箴言 25:16
蜜を見つけたら、十分、食べよ。しかし、食べすぎて吐き出すことがないように。

十分な量以上の蜂蜜を摂取すると、血糖値が上昇し、嘔吐を引き起こす可能性があります。

私が強調したい点はこれです。蜜蜂たちが自分たちの存在意義を果たすことに忠実でなかった場合、すなわち、雄蜂が女王蜂との交尾において、自分の命を危険に晒すことを拒否した場合、同様に、働き蜂が女王蜂のために蜜を集めて保管しない場合、そして、女王蜂が若い蜜蜂になる卵を産み、孵化することに失敗した場合、彼らの蜂群が確かに滅びるだけでなく、最も特に、人間は蜂蜜の健康と治療効果の恩恵を受ける機会を得られません。どうやら、蜂蜜はもともと女王蜂の摂取を目的としていますが、人間もそれから恩恵を受けています。言い換えれば、人間は蜜蜂の勤勉な働きの最後の受益者となったのです。

実は、木、牛、魚、豚、鶏などの他の被造物について話しても、彼らの存在の最終的な受益者も人間であることが分かります。彼らは栄養を必要とする人間を維持するために存在します。彼らはその目的を果たすことができるので、彼らの存在は意味のあるものになります。

さて、人間以外の生き物が明確で高貴な目的のために存在する場合、同じことが人間にも当てはまるはずです。人間はまた、特定の目的、または義務を果たすために存在し、それも人間が果たすべきものです。そして、その義務は神に仕えることです。人間は自分の人生を無目的にそして無用に費やしてはなりません。代わりに、人間はそれを自分の全義務であるので、神を敬い、神の戒めを守るためにその命を使わなければなりません。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
コヘレトの言葉 12:13
結局のところ、もうすべてが聞かされていることだ。神を恐れよ。神の命令を守れ。これが人間にとってすべてである。

人類の全義務は、生命の創造主でおられる神に仕えることです。私たちは、私たちの命と存在を神に借りていのです。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
使徒 17:28
私たちは、神の中に生き、動き、また存在しているのです。あなたがたのある詩人たちも、『私たちもまたその子孫である。』と言ったとおりです。
ですから、私たちの命が私たちの創造主に奉仕するために費やされることは正当ですが、神無しでは、私たちは地球上に存在することは出来ません。

悲しいことに、人々はそのことに気づかなかったので、彼らは主を殺しました—主は神の御子で、いのちの君でもおられる方です。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
使徒 3:15
いのちの君を殺しました。しかし、神はこのイエスを死者の中からよみがえらせました。私たちはそのことの証人です。

主イエス・キリストに愛と感謝を示し、主に仕える代わりに、彼らは主を殺してしまったのです。

確かに、私たちが存在意義を理解できず、私たちの命の意義を発見できなければ、漂泊者や怠け者、あるいは快楽主義者になってしまうかもしれません。

命の意義を理解することは、まず私たちの存在意義と私たちが果たさなければならない義務を知ることです。そして、私たちの命を意義あるものにすることは、私たちの義務を果たすことと私たちの目的を果たすことです。

人間として、私たちの目的と私たちの全義務は神に仕えることです。その義務は私たちの命に意義を与えるものです—それ無しでは、私たちの命は無意味で無意義になります。ですから、私たちの命が意味と目的のあるものになって欲しいのであれば、神に仕えることに費やさなければなりません。そして、神に仕えるとは、神を敬い、神の戒めを守ることです。

神の祝福がありますように!

免責事項

この日本語翻訳は、私たちの通訳者たちの全力を尽くし最高度の注意をもって翻訳されました。しかし、ControversyExtraordinary.com は諸要因により翻訳された情報の正確さを保証しません。本来の言語である英語版と日本語版に不一致があった場合でも、本来の英語版が常に優勢です。

0 コメント:

これまでに最も快い声々

9月 07, 2020 0 Comments

聖書が神の従者たちに教える基本的な教義の中の一つは、神を称賛する賛美歌を歌うことです。神に賛美歌を歌う習慣は、神の初期の従者であった古代イスラエル人の時代にまで遡ることです。そして、聖書の説明によると、彼らは、歌の際に伴奏するために、サルタリー、ハープ、十弦楽器などの特定の楽器を使用しました。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
詩編 92:1
主に感謝するのは、良いことです。いと高き方よ。あなたの御名にほめ歌を歌うことは。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
詩編 92:3
十弦の琴や六弦の琴、それに立琴によるたえなる調べに合わせて。

同様にクリスチャンたちは、詩編、賛美歌、そして霊的な歌を神に歌うように諭されています。これらの歌は、兄弟を啓発し、擡げて、鼓舞させる手段でもあります。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
コロサイ 3:16
キリストのことばを、あなたがたのうちに豊かに住まわせ、知恵を尽くして互いに教え、互いに戒め、詩と賛美と霊の歌とにより、感謝にあふれて心から神に向かって歌いなさい。

そして、私たちが神に向かって歌う度に、心の中で優雅にそれを行わなければなりません。人間は一般的に、音楽の本質的な愛好家です。実際に誰もが、そして、他のすべての人のために書かれ、歌われている膨大な数の曲がその証拠です。

例えば、愛国心、愛、祖国への忠誠心が表現されている、自分の国向けの歌があります。実際、すべての国には独自の国歌があります。国歌は、老若男女を問わず、重要な式典や手続きが始まる前に歌います。無条件の愛と犠牲のために最愛の両親に捧げられた歌もあります。一方、カトリック教徒には、マリヤを称賛するための曲がたくさんあります。自然と宇宙の美しさに感歎と驚嘆を表す歌があります。そして、人々がそれぞれの友人や愛する人のために歌う何百万数もの曲もあります。

私たちが彼ら全員のために感情と熱意をもって歌を歌えるのなら、私たちの創造主に賛美歌を歌い、私たちの信仰、感謝、賞賛、そして主の愛ある親切さへの感謝を表現することは、より相応しいことなのではないでしょうか?あまり心地よい歌声がなくても、音程が外れのある歌い方でも問題ありません。重要なのは、心の中で誠意と優雅さをもって神に向かって歌っているということです。

キリストと使徒たちも神に賛美歌を歌ったことは確かです。聖書は、使徒たちが素晴らしい歌声を持っていることを私たちに確認出来ませんが、私は主イエス・キリストが快くて魅力的な御声を持っていると本当に信じています-これまでに聞いた他のどの声よりも快くて魅力的です。

主イエス・キリストの御声は、快い響きであることに加えて、羊の群れによって認識され、従われる特定の優艶な魅力と権威を伴います。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
ヨハネ 10:3
門番は彼のために開き、羊はその声を聞き分けます。彼は自分の羊をその名で呼んで連れ出します。
JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
ヨハネ 10:4
彼は、自分の羊をみな引き出すと、その先頭に立って行きます。すると羊は、彼の声を知っているので、彼について行きます。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
ヨハネ 10:5
しかし、ほかの人には決してついて行きません。かえって、その人から逃げ出します。その人たちの声を知らないからです。」

羊は主イエス・キリストの御声を認識し、聞き、そしてそれに耳を傾けます—羊たちが主を自分たちの羊飼いとして認めているという現われです。

文字通りの羊は、自分たちの羊飼いの声に親しみと従順であることを証明し、見知らぬ人の声ではなく実際の羊飼いの声だけに従うという科学的実験の映像があります。



映像の3人が牧草地で放牧している羊たちを呼び寄せようとしました。男性は聴覚可能な距離にありましたが、呼び出しによって注意を払った羊はいませんでした。羊たちのどれもが男性の声を認識する兆候を示しておらず、それらのいずれからも僅かな身体的な反応すらありませんでした。しかし、本物の羊飼いが羊たちに点呼をかけたとき、羊たちはすぐに羊飼い主の呼びかけに応じました。羊たちは羊飼い主の声を知っていたので彼に従った。

ヨハネ10:3-5で言及されているキリストの「御声」は、実際に聞こえる声を指しているわけではありません。御声は主の教えと戒めを象徴しています。

文字通りの羊たちと彼らの文字通りの羊飼いの声への従順は、主イエス・キリストに従う者たちの主の声や主の教えへの従順に例えることができます。言い換えれば、真のキリストの信者や真のクリスチャンは、主の声、主の教えや戒めに耳を傾けるだけではなく、彼らはそれらのことに従います。そして、彼らはキリストに属する教え以外の如何なる教えにも従いません。

私は敬虔なカトリック教徒の家族から来ました。私の母はフィリピン国内にあるバクララン市でのカトリック教会の入り口から祭壇までずっと膝をついて歩いていました。ラウニオン州のナギリアン市出身の父と祖父母もカトリック信者でした。

私の母はカトリック教徒としての人生を通じて、儀式の間に司祭が数節を読むことだけ、読んだ聖句には何の説明も与えられず、物語を読み進めてるだけのことで慣れていました。しかし、母がキリストの御声を聞いたとき、つまり、カトリック教会の司祭から聞いたことのない教えを聞いた時、母はすぐにキリストの御声に応えました。彼女はカトリック教会を出て、神の教会でバプテスマを受け、そこでキリストの御声が仰せられたことを成就し続けました。それは、ある人間がキリストの羊の群れの中にいる場合、彼または彼女は確かに主の御声を認識して、躊躇うことなくその人が主に従うことで証明されるのです。

キリストの御声は優しい響きと魅力的なものの両方であると確信しています。これが私の母の関心がすぐに捉えられた理由です。彼女はそれに抵抗することができませんでした。

一方で、使徒たちの声々にも快い響きがあるかどうかはわかりません。しかし、私が確信しているのは、彼らが称賛の歌や、賛美の歌をも神に歌ったことです。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
マタイ 26:29
ただ、言っておきます。わたしの父の御国で、あなたがたと新しく飲むその日までは、わたしはもはや、ぶどうの実で造った物を飲むことはありません。」

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
マタイ 26:30
そして、賛美の歌を歌ってから、みなオリーブ山へ出かけて行った。

キリストと使徒たちが賛美歌を歌った後、オリーブ山に行きました。これは主イエス・キリストがイスカリオテのユダに裏切られた夜でした。

私たちは個人的にキリストの御声を音声で聞こえませんが、主イエス・キリストの御声は、世界がこれまで聞ける声々の中で最も美しい御声であると確信しています。そして、御父の御声の壮大さと壮麗さだけがキリストの御声の美しさを超えられます。ペテロ、ヤコブ、そしてヨハネは御父の御声を聞くことができました。また、ヨルダン川で主イエス・キリストにバプテスマを施したときも、バプテスマのヨハネはその御声を聞けました。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
マタイ 3:17
また、天からこう告げる声が聞こえた。「これは、わたしの愛する子、わたしはこれを喜ぶ。」

誰も異議を唱えることのできない真実の一つは、御父、御子、御霊の声々が、これまでに聞いたことがない最も快く、最も崇高で、最も愛情深く、そして、最も魅力的な声々であることです。そして、そのような特質は彼らの教えにはっきりと反映されています。アーメン。

免責事項

この日本語翻訳は、私たちの通訳者たちの全力を尽くし最高度の注意をもって翻訳されました。しかし、ControversyExtraordinary.com は諸要因により翻訳された情報の正確さを保証しません。本来の言語である英語版と日本語版に不一致があった場合でも、本来の英語版が常に優勢です。

0 コメント: