神様が命を与えて下さる目的を発見すること

3月 29, 2020 0 Comments


神が人間の命に与えられている重要性の量と私たちの存在意義を私たち全員が理解するのなら、おそらく誰も自分の人生を誤用しないでしょう。その代わりに、誰もがしっかりと命を使うように努力するでしょう。

マタイ 10:29-30 で主イエス・キリストが仰せられたのは、

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
マタイ 10:29
二羽の雀は一アサリオンで売っているでしょう。しかし、そんな雀の一羽でも、あなたがたの父のお許しなしには地に落ちることはありません。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
マタイ 10:30
また、あなたがたの頭の毛さえも、みな数えられています。

御父は私たちの頭にある髪の毛の数さえ知っておられるとキリストが仰せられた時、私たちが御父にとってどれほど重要であるか、そして御父が私たちをどれほど愛しておられるか、私たちの存在の細部までよく面倒みられ、よく世話されているのだと主が私たちに示しておられています。

使徒パウロがローマに行く時期がありましたが、航海中に船が強い波で大暴れした事件がありました。乗客全員は大混乱になりはじめ、海の乱気流のために必死になりました。しかし、彼らの恐怖と絶望の真っ只中に、神はご自身の御使いをパウロの元へ遣わして、彼らの恐怖を和らげ、彼らが目的地に到達できることをパウロに保証させました。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
使徒 27:23
昨夜、私の主で、私の仕えている神の御使いが、私の前に立って、

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
使徒 27:24
こう言いました。『恐れてはいけません。パウロ。あなたは必ずカイザルの前に立ちます。そして、神はあなたと同船している人々をみな、あなたにお与えになったのです。』

神はご自身の御使いを通して、船にいる彼らの中で一人でも命を失わないことをパウロに保証しました。つまり、たとえ船が壊されても、命が失われることはなく、ローマに到着することができる、と。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
使徒 27:34
ですから、私はあなたがたに、食事をとることを勧めます。これであなたがたは助かることになるのです。あなたがたの頭から髪一筋も失われることはありません。」

彼らが神によって守られているため、髪の毛が一本も頭から落ちないことを御使いはパウロに保証しました。

神にとって、人の命は非常に貴重です。それをさらに説明するために、キリストは雀について言及しました。雀は非常に安い価格で売られているので価値はあまりありませんが、御父の許可無しでは落ちたり、死んだりすることはありません。

雀が死ぬことを御父の御心が許可しない限り、雀たちは死ぬことはないというその保証と同じく、私たち人間も、御父の許可が無ければ死ぬことはないと確信することができます。私たちは、雀たちよりも大切なのですから。

一方、私たちが死んだ場合、それは御父が許可なさったことです。

私たちの命は神から与えられています。私たちの存在は、神に依存しているのです。私たちが理解する必要があるのは、私たちの人生を正当に過ごす方法です。私たちが神に仕えるために使える命を神が私たちに与えてくださいます。私たちが神の戒めに従い、神の御心を果たすことを神が私たちに望んでおられるのです。聖書的に言えば、それが私たちの究極の義務であり、私たちの存在の最終目標なのです。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
コヘレトの言葉 12:13
結局のところ、もうすべてが聞かされていることだ。神を恐れよ。神の命令を守れ。これが人間にとってすべてである。

私たちは神に仕え、神の戒めを果たすために存在しています。私たちは善をするために造られました。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
エフェソ 2:10
私たちは神の作品であって、良い行ないをするためにキリスト・イエスにあって造られたのです。神は、私たちが良い行ないに歩むように、その良い行ないをもあらかじめ備えてくださったのです。

神にとって、人間の命は非常に重要です。だから神は、私たちに殺してはいけないと命じられました。また、私たちの自分たちの敵さえも愛するように神は命じました。

そのような教えは、神が人間の命をどれほど大切にされているかを示しているのは明らかです。したがって、私たちが正しい人生を送ることに適切なのは、神に仕え、神の戒めに従うことです。

免責事項

この日本語翻訳は、私たちの通訳者たちの全力を尽くし最高度の注意をもって翻訳されました。しかし、ControversyExtraordinary.com は諸要因により翻訳された情報の正確さを保証しません。本来の言語である英語版と日本語版に不一致があった場合でも、本来の英語版が常に優勢です。

0 コメント:

青ざめた馬とそれがもたらす災害

3月 21, 2020 0 Comments


今日も地球上で起こっている不幸と悲惨な出来事はは、ヨハネの黙示録の4つの馬とそれぞれに乗っている4つの者に関する幻のまだ一部的な実現に過ぎません。

4頭の馬のうちの1頭は青ざめた馬であり、それに乗る者には、地球上に災害をもたらす力が与えられていました。実際、地球の人口の4分の1は、青ざめた馬がもたらす様々な種類の災害を経験します。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
黙示録 6:8
私は見た。見よ。青ざめた馬であった。これに乗っている者の名は死といい、そのあとにはハデスがつき従った。彼らに地上の四分の一を剣とききんと死病と地上の獣によって殺す権威が与えられた。

REVELATION 6:8 (KJV) 【英語版/English Version】

And I looked, and behold a pale horse: and his name that sat on him was Death, and Hell followed with him. And power was given unto them over the fourth part of the earth, to kill with sword, and with hunger, and with death, and with the beasts of the earth.

この特定の節では、英語版では「and with death/死」という単語が使用されていることに気付くでしょう。タガログ語版等では、疫病を意味する【salot】という単語が使われました。時々、聖書の翻訳者は勝手に単語を交換している時があるのだと私たちは理解する必要があります。

その上、疫病は実際に死をもたらします。しかし、疫病の発生は本当に聖書で確かに言及されています。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
黙示録 22:18
私は、この書の預言のことばを聞くすべての者にあかしする。もし、これにつけ加える者があれば、神はこの書に書いてある災害をその人に加えられる。

ギリシャ語版でのこの聖句の【plagues/災害】に値する単語はplēgē(プレイジェイ)
意味:【一打】、含意により【傷】、比喩的には【災害】、【鞭打ち】、【負傷】

plēgē
from G4141; a stroke; by implication a wound; figuratively a calamity: stripe, wound (-ed).

したがって、疫病は生命に害を与えるものであり、災害、異常発生、死病、または伝染病の形で発生する可能性があります。また、それは非常に突然であり、予想外に訪れます。

この分配は、エボラ、SARS、鳥インフルエンザ、豚インフルエンザなどの多くの疫病の発生を人類は目撃して、それを経験しました。最新のものは新型コロナウイルス、またはCOVID-19です。

これらの疫病に悩まされないために、私たちは何かをすることを勧められます。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
黙示録 18:4
それから、私は、天からのもう一つの声がこう言うのを聞いた。「わが民よ。この女から離れなさい。その罪にあずからないため、また、その災害を受けないためです。

疫病は人間の罪深さの結果であることは明らかです。だからこそ、聖書は「この女から離れなさい。」と言っているのは、私たちはこの女の罪の参加者や疫病の被害者にならないためにです。私たちは罪深い行ないから離れること。代わりに、神に従う必要があります。

実際、モーセの時代には、人類が神の意志に従わないために疫病に苦しむだろうと神は既に仰せられました。ですから、現在、多くの人々が神には非常に不従順になり、人々はもはや善行をする気がないのは明らかで、疫病が発生するのは驚くことではありません。

人々の先入観は、仲間を利用したり、麻薬を使用したり麻薬を売ったり、無力で無実の人でさえ殺害するなど、邪悪なことをすることにありました。人類のこの酷い邪悪さと、神に従うことを意図的に拒否することは、人々が疫病を経験する2つの理由です。

世界的に経験している疫病が青いざめた馬に表わされている場合として、残りの3つの馬は、人類が経験しなければならない同様に恐るべき出来事を表わすことになります。

赤い馬は戦争と流血の象徴であり、この馬に乗っている者には地球から平和を取り、人を殺す力が与えられています。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
黙示録 6:4
すると、別の、火のように赤い馬が出て来た。これに乗っている者は、地上から平和を奪い取ることが許された。人々が、互いに殺し合うようになるためであった。また、彼に大きな剣が与えられた。

一方、黒い馬は飢饉と極度の貧困を表わしています。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
黙示録 6:5
小羊が第三の封印を解いたとき、私は、第三の生き物が、「来なさい。」と言うのを聞いた。私は見た。見よ。黒い馬であった。これに乗っている者は量りを手に持っていた。

そして最後に、白い馬は詐欺的な宗教、偽りのキリスト、偽りの預言者を表しています。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
黙示録 6:2
私は見た。見よ。白い馬であった。それに乗っている者は弓を持っていた。彼は冠を与えられ、勝利の上にさらに勝利を得ようとして出て行った。

(この記事では、4つの馬とそれぞれに乗っている4つの者の意味について詳細かつ細かな議論をすることはできません。それは余りにも長くなります。しかし、神様の御心ならば、、今後の記事ではそれらについてのことを私たち見せるようにして下さるでしょう。)

私が指摘しようとしているのは、聖書が本当に人類に降りかかる可能性のある死病と疫病等について語っているということです。

たとえば、20世紀初頭、具体的には1918年に、ほぼ4,000万人がインフルエンザで死亡しました。

=====


【Translation for Image】
1918年から1919年のインフルエンザのパンデミックは、現在、大戦(WW1)として知られている第一次世界大戦よりも多くの人々(2000〜4000万人ほど)を殺しました。記録された世界史上、最も破壊的な流行として引用されています。 1347年から1351年までの4年間の黒死腺疫病の4年間よりも、たった1年間で多くの人がインフルエンザで死亡しました。「スペイン風邪」または「La Grippe」として知られる1918-1919年のインフルエンザは世界的な災害でした。

======
おそらく、今日も世界中に伝染している新型コロナウイルスは、インフルエンザ・ウイルスの変異体です。両方のウイルスは、咳や風邪、気道感染を引き起こします。しかし、新型コロナウイルスとは異なり、インフルエンザ・ウイルスの場合は、それと闘うことができる抗生物質を医療専門家が既に発見しているため、制御可能です。既に利用可能な抗インフルエンザ・ワクチンもあります。

しかし、突然変異を受けた新型コロナウイルスはより丈夫で恐ろしいものです。それは非常に簡単に拡大し、高速に伝染します。特定のクルーズ船の乗客に何が起こったのかを確認してください。一晩で、60人以上が感染しました。さらに警戒するのは、ウイルスの威力を鎮めることができる解毒剤がまだ開発されていないという事実です。したがって、今のところは、ウィルスの威力は致命的です。

私たちが気づく必要があるのは、多くの人の死に至る新型コロナウイルスのような疫病は、4つの馬の中での一頭、青白い馬に乗っていた者の行動であると共に、神に対する人間の不従順さの結果です。

間違いなく、これらすべてに対する私たちの最善の防御は、神の意志に従うことです。

神がどうか私たちを祝福して下さり、常に私たちを守ってくださいますように。アーメン!


免責事項

この日本語翻訳は、私たちの通訳者たちの全力を尽くし最高度の注意をもって翻訳されました。しかし、ControversyExtraordinary.com は諸要因により翻訳された情報の正確さを保証しません。本来の言語である英語版と日本語版に不一致があった場合でも、本来の英語版が常に優勢です。

0 コメント:

新型コロナウィルス汎流行の恐怖:クリスチャンたちはどうやって備えるべきなのか?

3月 15, 2020 0 Comments


疫病、自然災害、戦争、そしてこれまで想像もできなかった程度の人間の邪悪の段階的な増大は、主イエス・キリストの到来の兆候の一部です。「あなたの来られる時や世の終わりには、どんな前兆があるのでしょう。」と使徒たちに尋ねられたとき、キリストご自身がこれを答えられました。

マタイ 24:4-7は、主キリストが使徒たちに答えたことを私たちに教えてくれます。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
マタイ 24:4
そこで、イエスは彼らに答えて言われた。「人に惑わされないように気をつけなさい。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
マタイ 24:5
わたしの名を名のる者が大ぜい現われ、『私こそキリストだ。』と言って、多くの人を惑わすでしょう。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
マタイ 24:6
また、戦争のことや、戦争のうわさを聞くでしょうが、気をつけて、あわてないようにしなさい。これらは必ず起こることです。しかし、終わりが来たのではありません。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
マタイ 24:7
民族は民族に、国は国に敵対して立ち上がり、方々にききんと地震が起こります。

主イエス・キリストは、戻られる前には飢饉、疫病、疫病、そして地震が起きると仰せられました。聖書が真実であり、その中の主イエス・キリストの宣告がすべて真実であるという証拠は、戦争や他国に対する国家の蜂起を含むこれらのことを現在、私たちは経験しているという現実です。そして、戦争や自然災害が飢饉や餓死などのより多くの問題を引き起こす可能性があることを知っています。

その特定の預言的な宣言は、数千年前にキリストから与えられました。その時代では、乞食でさえまだ食べるものがあったので、人々が飢えてしまうことは中々、想像もできませんでした。

しかし、現在、食物は大きな問題となっています。今では一日にほとんど食事をしない人たちがいます。また、飢饉で亡くなった人々の話も耳にします。

しかし、もっと憂慮すべきことは、人為的な疫病が現在あるということです。例えば、シリアでは、生物学的および化学的戦争のために意図されたと思われる「何か」が、人々を即座に全滅させることができる「何か」を使用されました。インターネット上に投稿された動画の人物が物質を吸入すると、痙攣または発作の発作に苦しみ、しばらくして死ぬことが録画されました。


疑いなく、私たちの周りで今見られるこれらの壊滅的な出来事はすべて、主イエス・キリストの到来のしるしです。問題は、主のその日のために私たちはどう備えるべきでしょうか?

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
ペトロ 二 3:10
しかし、主の日は、盗人のようにやって来ます。その日には、天は大きな響きをたてて消えうせ、天の万象は焼けてくずれ去り、地と地のいろいろなわざは焼き尽くされます。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
ペトロ 二 3:11
このように、これらのものはみな、くずれ落ちるものだとすれば、あなたがたは、どれほど聖い生き方をする敬虔な人でなければならないことでしょう。

私たちがすべき準備は、他の人がしているような準備であってはなりません。人々は地下シェルターやバンカーなどを準備しており、それらは避難と保護を提供できるからと考えています。

たとえば、シンガポールには、防空壕が組み込まれた家があります。もちろん、そのようなシェルターはすべて破壊可能であるため、絶対的な保護を提供することはできません。それで、私たちがしなければならない備えの種類は何でしょうか?

主イエス・キリストは、使徒パウロを通して、私たちは聖くて、尊い生活を送ることで準備しなければならないと言いました。キリストは、私たちにとって赤の他人、特に貧しい人々、捨てられた子どもたち、未亡人、孤児への思いやりに満ちた善なる生活を送ることを望んでいます。私たちは自分たちが持っているものの一部を彼らに与えなければなりません。

インターネットに投稿された別途の動画は、粘土でできたクッキーを食べるハイチの子どもたちがいることを示しました。彼らがやっていることは、水と粘土の混合物に砂糖を入れ(陶工に使用する粘土に似ています)、それをクッキーに成形しました。次に、粘土のクッキーを太陽の下に置いて乾燥させます。乾いたら、子どもたちに食べられます。


その動画を見たとき、私は心に痛みを感じました。それで、私は教会のラテン・アメリカ人ワーカー兄弟の一人に、粘土のクッキーを食べている子どもたちがいるハイチに行くように言いました。

私は彼に、貧しい人々のための給食センターとして機能する場所を探すように言いました。神の御助けと、ハイチの関係政府機関との連携により、この給餌センターはすでに稼働しています。そして毎日、たくさんの人々がそこに行き、無料で調理済み食品パックを手に入れるために並んでいます。

また、フィリピンの主要都市に同様の給食センターを設けて、ストリートチルドレンや乞食たち、さらには栄養失調や軽視されている子どもたちが必要としている食べ物の不足に対処することも私は考えています。

時には、大きな肉の切れ端を犬に与えている癖に、飢えている隣人に食事を提供出来ないお金持ちの人々に私は気を悪くせずにはいられません。

金持ちの犬は、ストリートチルドレンよりもはるかに良い位置にいることさえ明らかです。何故なのか?それらの犬の裕福な飼い主は、犬の生活と維持のために莫大なお金を費やすことを気にしません。ペットたちは定期的に獣医に連れてこられます。ペットたちは栄養を与えられます。また、定期的な外見手入れも行われます。快適な部屋で寝ています。

それらの犬とは異なり、ストリートチルドレンは、空腹を満たすことができる何かを見つけることを期待してゴミ箱を漁らなければなりません。ストリートチルドレンたちはそれで汚れてしまっています。ストリートチルドレンたちの服はボロボロです。ストリートチルドレンたちはホームレスであるため、ストリートチルドレンたちは寒い所で寝ています。確かに、金持ちの愛犬の生活は羨ましいと言えます。

しかし、神を喜ばせるのはどれだと思いますか:犬の世話をして栄養を与えるのか、乞食や孤児を食べるさせるなどの世話なのですか?犬を甘やかすのではなく、貧しい同胞の飢えや苦しみを和らげることができるものにお金を使うなら、神は喜んでおられる。

神は私たちに聖なる人生を送ってほしいと願っています。それを達成するために、私たちは、悪徳、贅沢、そして世俗的な喜びにふけることのないように、神の教えに従って生きなければなりません。代わりに、神は私たちが赤の他人、特に貧しい人に思いやりを持つことを望んでおられています。

それがまさに、メンバーズ・チャーチ・オブ・ゴッド・インターナショナル教会( MCGI )において私たちが尽くしていることです。神が私たちに望んでいることを遵守するために最善を尽くしています。そのため、無料の診断センターを設置して、臨床検査や診断にお金を払う必要のない人たちを支援しています。

また、貧しいが、奨学生に相応な学生たちに学費や身の回りをも賄う完全な奨学金を提供する学校も運営しております。私たちが提供する奨学金には、無料の授業料と諸費用、無料の制服、無料の昼食、コンピューターやその他の教材や設備等の無料使用も含まれています。

また、世界の様々な地域で定期的な医療ミッションを実施しており、医療、歯科、視覚関連のサービス、栄養や医薬品も無料で提供しております。また、孤児、見捨てられた赤ちゃん、高齢者のための施設もあります。

これらの無料サービスと支援形態はすべて、宗教や人種を問わずべての人は大歓迎です。

明日なんて、どうなるのか分かりません。明日になれば、私たちはまだ生きているかどうかはわかりません。また、最近のいずれ、人為的または自然災害の犠牲者になるかどうかもわかりません。不確かな明日である一方、私たちがこれから訪れること、特に主イエス・キリストが戻られることのために常に備えていることが私たちにとって大変重要なことです。

しかし、主キリストが戻られるまでには、神聖な働きをして他人に思いやりを示すことはもちろんですが、それ以上には、真の信仰を持って神への真の奉仕が熱心に実践している、本物の「神の教会」を見つけることが最善なことです。

神様に栄光あれ!

免責事項

この日本語翻訳は、私たちの通訳者たちの全力を尽くし最高度の注意をもって翻訳されました。しかし、ControversyExtraordinary.com は諸要因により翻訳された情報の正確さを保証しません。本来の言語である英語版と日本語版に不一致があった場合でも、本来の英語版が常に優勢です。

0 コメント:

決して満たされず:人間の貪欲さがどうやって神の怒りを起こすのか

3月 07, 2020 0 Comments


火山噴火、大規模地震、壊滅的な台風や洪水、そして中国で始まった自然災害、世界中の何千人もの人々を殺し、感染させたCovid-19(新型コロナウィルス)のような感染症の出現の災害が、私たちの時代に起こった悲劇的な事件であります。そして、同時にではないにしても、それらは連続して発生しました。

これらに加えて、多くの国での社会的および政治的不安、いくつかの国同士の間の敵対的で不安定な関係は、外交的に解決しなければ戦争につながる可能性があります。

これらはすべて、生命に脅威を与えるため、多くの人々に恐怖と混乱を引き起こします。多くの人は、これらのことが既の聖書の特定の宣言の成就であるかどうかを考えずにはいられなくなりました。。

一つには、今日起こることはすべて聖書で予言されていました。日本人ノーベル賞受賞者であるミチオ・カク(加來 道雄)博士は、「神は数学者である」と言った時、彼は正しかった。数学者として、神は人類に起こるすべてのことを計算することができます。

何世紀にもわたって発生したすべての出来事に関するすべての情報を収集し、すべての問題のすべての側面を分析すると、それらのことが私たちの目の前で実際に起きていることそのものです。

私たちがそれらを回避する方法はありません。特に、人間には見えないが、神には見られる他の状況があるという事実を考える、すべてをまとめると、地球上で起こる恐ろしくて非人道的なことはすべて人間の貪欲に由来することに気付くでしょう。

戦争は、人間が非常に貪欲になったために起こります。人間は自分が持っているものに満足することはありません。今日、たとえば、私たちは、強力な国である中国が、フィリピンに正当に属する土地、島、および海をつかむことによって中国は自分の領土を拡大しょうとするやり方を目の当たりにします。

中国の行動が領土の境界を定義する国際法に違反している場合でも、中国はそれを実行します。法律を守る代わりに、中国はそれを無視します。原住民の主権を尊重する代わりに、中国は人々を無視します-すべては欲のためです。

目立っているのは、より劣悪な国をいじめたり嫌がらせをする強国のほとんどが、無神論者または神を信じない人々によって支配されていることです。

中国は共産主義の国であり、共産主義者は全能の神を信じていないのではありませんか?私はすべての中国人が神を信じていないと言っているのではありません。実際、私たちの教会には多くの中国人のキョウダイがいます。また、心の優しくて神を恐れる中国人を何人か私は知っています。私は一般的に無神論者に言及しているのです。

私は、無神論者、または神を信じない人は何も良いことをしないと信じています。それは単なる個人的な意見ではありません。聖書はそう言っているのです。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
詩編 53:1
愚か者は心の中で「神はいない。」と言っている。彼らは腐っており、忌まわしい不正を行なっている。善を行なう者はいない。

神や無神論者を信じない人は、悪事をする人です。人類に起こるすべての悪事は無神論者の行ないです。彼らは神を恐れないので、これらの人々は非常に破壊的です。彼らの神は自分自身なのです。

神は人間ができる邪悪の度合いを計算しました。そして、もし人間が自分の行動を抑制しなければ、戦争のようなより壊滅的な出来事が地球上で起こるはずです。

戦争が発生する理由の1つは、領土侵略です。より強力な国は、その領土の人々の権利を侵害し踏みにじることを意味する場合でも、希望する領土を獲得するために力を行使します。しかし、本来はあってはならないことです。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
使徒 17:26
神は、ひとりの人からすべての国の人々を造り出して、地の全面に住まわせ、それぞれに決められた時代と、その住まいの境界とをお定めになりました。

神が設定した境界があります。それとは別に、国際法によって定義された境界もあります。私たちがしなければならないことは、神と人間の法が定めたものを尊重することだけです。しかし、なぜ他の人は法律を尊重しないのですか?それは欲のせいです!

また、一部の人々は、命を破壊する禁止薬物の製造や販売などの違法なビジネスに従事しているというのも、欲のためでもあります。それとは別に、権力への欲望故に、人々をすぐに絶滅させることができる化学物質を実験する国もあります。

実際、この新しいコロナウイルス株の起源となった武漢市には、生物兵器を実験している研究室があるという推測があります。本当かどうかはわかりませんが、可能性があります。特に、このウイルスの拡散率を考慮する場合はそうです。

しかし、それが真実であるかどうかにかかわらず、これらのことは、神を認めない人々、人生に神を持たない人々によって行われていることは確信できます。

神を信じる人々は、心に愛と憐みを持っています。神を信じる人々は敵さえも気遣います。神を信じる人々は敵が空腹と渇きを感じるたびに何か食べるものと飲むものを与えます。そして、神を信じる人々は仲間に害を及ぼす可能性のあることを敢えてしません。

どうやら、今起こっているすべての厳しいことは、人間の貪欲の結果です。欲は神を怒らせ、神の怒りはさまざまな形で現れます。時々、神は自然を使って怒りを現わします。したがって、発生する火山噴火があるのです。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
詩編 104:32
主が地に目を注がれると、地は震え、山々に触れられると、山々は煙を上げます。

地震でさえも神の怒りの現われなのです。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
ヨブ記 9:5
神が山々を移されるが、だれもこれに気づかない。神は怒ってこれをくつがえされる。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
ヨブ記 9:6
神が地をその基から震わすと、その柱は揺れ動く。

強い台風もまた神の怒りを現わしています。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
エレミヤ書 25:32
万軍の主はこう仰せられる。見よ。わざわいが国から国へと移り行き、大暴風が地の果てから起こる。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
エレミヤ書 25:33
その日、主に殺される者が地の果てから地の果てまでに及び、彼らはいたみ悲しまれることなく、集められることなく、葬られることもなく、地面の肥やしとなる。』」

神は強力な台風を送り、激しい豪雨をもたらします。そして、継続的な大雨のため、一部の地域は浸水します。人々は洪水で溺れるのです。時には、人々の体は水流によってさまざまな場所に運ばれます。死体を回収できない場合もあります。その結果、彼らは適切な埋葬を与えられず、彼らの愛する人たちは彼らのことを嘆き悲しむことになる。

これらはすべて人間の罪深さの結果であると言えます。人は神に対して非常に遠ざかってきました。人間はほとんど祈らない。そして、人間はもう善行をすることを望んでいなくなった。仲間に善行をする代わりに、自分はどうやって他人より上になるのか等の邪悪なことしか考えなくなったのです。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
創世記 6:5
主は、地上に人の悪が増大し、その心に計ることがみな、いつも悪いことだけに傾くのをご覧になった。

これが、ノアの時代に神が人々に大洪水をもたらした理由です。彼らの邪悪さは神を怒らせました。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
創世記 6:7
そして主は仰せられた。「わたしが創造した人を地の面から消し去ろう。人をはじめ、家畜やはうもの、空の鳥に至るまで。わたしは、これらを造ったことを残念に思うからだ。」

ですから、私たちのしていることがすべて悪事なら、神は怒ります。神が悪人となるために人間を創造したのでは無いことを忘れないでください。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
エフェソ 2:10
私たちは神の作品であって、良い行ないをするためにキリスト・イエスにあって造られたのです。神は、私たちが良い行ないに歩むように、その良い行ないをもあらかじめ備えてくださったのです。

私たちは善を行なうために作られました。残念ながら、私たちの多くは他人に善を行ないません。多くの人は、自身にとってのみに何が良いのか、何が有益であるかだけを考えています。人々の考えや行動はすべて個人的な利益のみを対象としています。彼らは仲間のためをほとんど気にしません。

だから、神の教会のキョウダイたちには、人々の宗教的所属に関わらず、すべての人々に善行をするようと教えるのに、私は飽きることはありません。実際、私たちの組織は、医療ミッション、給食プログラム、献血プロジェクト等をフィリピンだけでなく、ハイチ、ブラジルなど世界の一部地域で定期的に開催しています。

また、見捨てられた人々やホームレスのための施設やシェルターも設置しています。見捨てられた赤ちゃんのための幼児ケアセンターもあります。未成年者のための孤児院もあります。そして、自分たちの子どもたちに軽視されてきた高齢者のためのシェルターもあります。それ以外にも、災害後や災害時に救助活動や救援活動を行なっています。

神の教会の兄弟たちが聖書から学んだクリスチャンの美徳を、実際に実践しているので、私は神にとても感謝しています。特に私たちの献血プロジェクトにおいて、キョウダイたちは仲間を助けることを目的とする、すべての努力を積極的に支援し、参加しています。

実際に、フィリピン血液センターは、同国で7年連続トップの献血者であるとして、当組織を認めておりました。私たちの教会のキョウダイたちは、見返りに何も求めずに、自分たちのお金だけでなく他の人々に自分が持っているものを与えることを学んだのです。キョウダイたちは利己的でもなく、貪欲でもありません。


【MCGI】がフィリピン血液センターから新たなホセ・リサール賞を受賞しました。

貪欲な人がいなければ、人類全体が互いに愛と尊敬を実践し、すべての人だけが神への信仰と従順を身につければ、この世界は、住むのにより良い場所になるでしょう。そして、何度も起こっている戦争、飢饉、搾取、疫病、災害はもう無くなります。すべての人は平和と調和の中で生きれるのです。

しかし、人間が神を認め、従うことを拒否する限り、人間が罪深いやり方を続けるのなら、人類はまたさまざまな形の苦しみを経験し続けるでしょう。人間の罪深さは神を怒らせます。

非常に明確です。神への信仰を持ち、神の戒めに従うことで、失うものは何もなく、得るものがたくさんあります。永遠の命に値することさえできます。

しかし、神を信じないことを選択した場合、神の御言葉を特に注意する必要がないと思う場合は神の怒り以外に何も得られず、救済のチャンスも失われます。

神のご加護があなたにありますように!

免責事項

この日本語翻訳は、私たちの通訳者たちの全力を尽くし最高度の注意をもって翻訳されました。しかし、ControversyExtraordinary.com は諸要因により翻訳された情報の正確さを保証しません。本来の言語である英語版と日本語版に不一致があった場合でも、本来の英語版が常に優勢です。

0 コメント: