自分たちの親に子どもは感謝すべき


なぜ、一部の子どもは両親の払う犠牲に感謝しないのですか?子どもの多くが感謝の気持ちさえ持たないのはなぜですか?

感謝をしない恩知らずの子どもを持つことは、両親が自分たちの失敗であり、自分のしていることはまだ不十分だと考えさせることです。

人生には、私たちが受け入れなければならない特定の現実があります。第一、全ての人を本当に喜ばせることはできません。第二、全ての人が感謝の気持ちを持っているわけではありません。

自分たちがされたすべての恩恵と善行を認め、重要性を与える人々がいる一方で、あなたが持っているものすべてを尽くしても、感謝の気持ちと言葉をまったく示さない人々もいるという事実を受け入れなければなりません。なぜなのか?彼らはあなたがしたことや与えたことにまだ満足していないか、単に恩知らずなのかだからです。

とあるフィリピンの歌の歌詞なんですが、

“Kahit konting pagtingin kung manggagaling sa‘yo ay labis ko nang ligaya dahil sa ikaw ay mahal ko.”

※訳 「私が愛しているのはアナタだからこそ、アナタから来るちょっとした視線でも私にとっては大きいな喜びになる。」

愛をする人にとって、自分が愛する人からのわずかな愛でさえ、自分を幸せにするのに十分だったりします。そのちょっとした愛は大歓迎なほどです。同様に、子どもを深く愛している親にとって、その愛に対して子どもから返ってくる単純な感謝のしぐさは、親たちの一日を明るくするのに十分なものです。

あなたのことを愛している人に愛と優しさの両方が与えられれば、きっとその人は感謝するでしょう。確かに、その人はまたお返しをします。つまり、あなたの優しさが評価され、あなたはまた愛されます。

ですから、あなたの子どもがあなたを愛しているなら、子どもはとくにあなたの愛情のある仕草、優しさの大きさを問わず、それぞれの行為を当たり前なことだとは思いません。代わりに、子どもは常に親に感謝します。そして、子どもはあなたに愛を与え、見返りにあなたに優しさを示します。

しかし、あなたの子どもがあなたが彼らに与えた愛を交換しないなら、彼らがあなたが彼らにしたすべての良いことに対する感謝と感謝をあなたに示さないなら、それは彼らがあなたを愛していないということだけを意味します。

それは悲しい現実ですが、本質的に感謝していない人々が本当にいます。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
ルカ 6:35
ただ、自分の敵を愛しなさい。彼らによくしてやり、返してもらうことを考えずに貸しなさい。そうすれば、あなたがたの受ける報いはすばらしく、あなたがたは、いと高き方の子どもになれます。なぜなら、いと高き方は、恩知らずの悪人にも、あわれみ深いからです。

有難く思うことは感謝の表れです。したがって、感謝しないことは恩知らずであることであり、この種の人々を決して喜ばせることはできないでしょう。

しかし、神は感謝するように私たちに命じました。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
コロサイ 3:15
キリストの平和が、あなたがたの心を支配するようにしなさい。そのためにこそあなたがたも召されて一体となったのです。また、感謝の心を持つ人になりなさい。

私たちに与えられたごくわずかな親切行為に対しても感謝を示すことは非常に重要です。感謝の気持ちがあり、他人、特に両親への愛を持っているならば、彼らの善行と犠牲を決して忘れることはないでしょう。

母親が子供の恩知らずを嘆いているのを聞くのは、母親が子供のためにどれだけ犠牲にしたかを知っているので、本当に心を痛めます。

私は子どもの頃から喘息に苦しんでいました。喘息の発作があったときはいつでも、母は私の苦しみを和らげるためにあらゆることをしてくれていたことを覚えています。私が息を切らしている間、彼女は私の背中で手をさすったりしました。彼女はいつも私のそばにいて、私を見守っていました。私は彼女の愛と払った犠牲のために彼女に永遠に感謝します。

だからこそ、子どもから感謝の気持ちを見せてもらえない母親たちを哀れに思います。それは彼女たちの子どもたちが彼女たちを十分に愛していないことを意味しますから。

私にとっての子どもみたいな人々や孫たちもいるので、自分の善行が評価されれば親になっている者へもたらされる喜びを知っています。ほとんどすべての親は、愛する息子や娘が望むものをすべて与えたいと望んでいます。時々、子どもが欲しいもののためにお金を節約しているので、親は自分が食べたいものを我慢して買わないでしょう。

悲しいことに、一部の子どもたちは両親が払っている犠牲に気づいていない。特に母親が子どもを幸せにするためどれほどの犠牲を払ったのかを。

実際、それらを忘れられたようで、子ども育てるという母親の苦労を当然のことと思っている子どもたちを見れるのは非常に残念です。子どもは、母親が徹夜した苦労、病気のときはいつでも子どもの状態を看病したことも認めない。そして何よりも、母親が妊娠中に子どもを出産するまでに経験した苦労、その期間内は命懸けであったことも。

そして、非常に落胆するのは、成長すると無礼になっていくことです。

あなたがたまたま両親に愛と感謝をほとんど示せずにいる、これらのような子どもの一人であるならば、私はあなたに変わるようにお勧めします。まだ機会がある内に両親を愛してください。親に愛情を浴びさせても、親がそれをもう感じることが不可能になった時になるまでを待ってはいけない。今すぐに、あなたにとって親はどれほど大切なのかを親に感じさせる適切な時です。

しかし、この種の子どもたちはまだ絶望的と言えるほどではありません。。そのような子どもたちがより良い方向に変化する大きなチャンスはまだあります。無礼で、不従順で、恩知らずで、利己的で、思いやりがないことから、彼らはまだまだ敬意、従順、感謝、愛情のある子どもになるかもしれません。どうやって?両親だけが、できるだけ早く、神の御言葉と主イエス・キリストの教えを子どもに紹介したらの話です。神の言葉は驚くほど効きます。それは子どもの性格を簡単に形変え、洗練させることができます。

神の御助けを借りて神と主イエス・キリストの教えを聞くことにより、これらの子どもたちは両親への多大な恩恵と正しい治療方法を実感するでしょう。彼らは感謝の気持ちを育み、両親の払った・払う犠牲にもっと感謝します。

そして何よりも、彼らは両親だけでなく神にもありがたく思うようになって、感謝をするでしょう。

免責事項

この日本語翻訳は、私たちの通訳者たちの全力を尽くし最高度の注意をもって翻訳されました。しかし、ControversyExtraordinary.com は諸要因により翻訳された情報の正確さを保証しません。本来の言語である英語版と日本語版に不一致があった場合でも、本来の英語版が常に優勢です。

十字架のしるし:聖書的根拠のないカトリックの習慣


カトリック教会のメンバーは、偶像礼拝だけでなく、彼ら自身が明確に理解していない特定の儀式や慣行にも忠実であるという点で、他の宗派の会員とは区別されます。この一例は、十字架のしるしです。

なぜカトリック教徒は十字架のしるしを作るのですか?十字架のしるしとは何ですか?

まず、十字架のしるしは「神の戒めではない」ことをはっきりと言わせて下さい。そのしるしが間違っているので、カトリック教徒は行なってすらはすべきではありません。

カトリック教会のカテキズムに関する本によると、十字架のしるしは敵からの救出のための祈りです。


画像は下記のとおりです。

=====
聖なる十字架のしるしは、「我ら主なる神よ、我らを敵から守って下さい。御父、御子、そして御霊の名において。アーメン」である。
=====

別のカトリックの本、使徒信条に関する講話は、十字架のしるしの恐るべき力さえ強調しました。


画像は下記のとおりです。

=====
そして、聖テレサは、十字架に対しても、十字架のしるしがたどられた物体に対しても、サタンはそれらに力がなかったと述べています。それは、キリスト教徒のサタンに対する最強かつ最も強力な武器です。
=====

聖テレサによれば、サタンに勝つ最も強力な武器は十字架の兆候である、と彼らは言った。

問題は、彼らが話していたこの聖テレサとは誰ですか?彼女はキリストの説教者でさえありませんでした!それにもかかわらず、カトリック教会は彼女の言ったことに頼っています。

しかし、カトリック教会のメンバーは、十字架のしるしはいつするのか、そしてその意図を何にするべきかについて混乱しているようです。

実際には、あらゆる場面で、カトリック教徒が十字架のしるしをするのを見ます。危険が潜んでいると感じるとき、または悪霊の存在を感じるときはいつでも、十字架のしるしをします。 雷の轟然や稲妻の縞に恐怖を感じるとき、または幽霊に怖がるときはいつでも、差し迫った危険から救われたいので、十字架のしるしをします。

さて、十字架のしるしが敵からの救出のために祈っていることを意味し、それが彼らの本で述べられているように、それがサタンに対する非常に強力な武器であることを意味するなら、なぜカトリック教徒もいつでも十字架のしるしをするのはなぜですか?彼らは教会の内部または行列の間にマリアの像を見ますか?マリヤは彼らの敵であり、彼らが彼女から救われることを祈っているということですか?

なぜ彼らは教会を通り過ぎるたびに十字架のしるしをするのですか?サタンの手下はそこにいて、彼らがそれらの敵に引き渡されないようにするためですか?敵もそこにいますか?

食べる前に、彼らは十字架のしるしもします。どうして?彼らが食べようとしている食べ物にも悪魔は含まれていますか?

さらに酷いのは、十字架のしるしが悪事をする人々にも行われています。彼らは、十字架のしるしをして、悪からの解放を祈るのではなく、彼らの邪悪な行為の実行の成功を祈る。

泥棒は、とあるの家で盗みをする前にまず十字架のしるしをしていました。



ボクシングの試合では、対戦相手に致命的なパンチを与えることが究極の目的であるボクサーも、戦いが始まる前に十字架のサインをします。そして、選手が最終的に相手をノックアウトすると、選手はまた別途の十字架のサインをします。そのような機会に、ボクサーの十字架のサインをどのように解釈しますか?

女性のバッグの中身を盗むことに成功した盗人は、逃げる前に十字架のしるしをしました。




十字架のしるしは本当に悪からの救いの祈りなのでしょうか?もしそうなら、なぜカトリック教徒は、マリヤや他の聖人の教会や像のように、彼らが神聖なるものであると考えられている物の前でさえ、十字架のしるしをするのですか?なぜ、彼らは不法行為をする前後に十字架のしるしをするのですか?それとも、十字架のしるしは、悪行をうまく実行したことに対する喜びと感謝の表明なのでしょうか?

最愛のカトリック教徒の皆様、私はあなたの注意を呼びかけています。これらすべてを熟考してみてください。私が動かそうとしているポイントを皆さんが理解してくださっていると思います。忘れないでください、「十字架のしるしは神の戒めではありません。」

神に祝福を!

免責事項

この日本語翻訳は、私たちの通訳者たちの全力を尽くし最高度の注意をもって翻訳されました。しかし、ControversyExtraordinary.com は諸要因により翻訳された情報の正確さを保証しません。本来の言語である英語版と日本語版に不一致があった場合でも、本来の英語版が常に優勢です。

地上での楽園を信じる?あなたは惑わされているでしょう


異なる宗教の人々は、天国またはパラダイスがどこにあるのかについてなんて非常に曖昧で、時には奇妙で非論理的な概念を持っていることは明らかなことです。天国は地上にあると考える人もいれば、他の場所にあると考える人もいます。

確かに、天国と楽園は地上にあると信じている人は酷く間違っています。そのような信念は、彼らの野生の想像力の産物である、または、聖書を知らない、それぞれの説教者から聞いた誤った教えからの単なる結果であるとも言えます。

そのような人々の天国に関する作り話をどうか信じないでください。代わりに聖書が言っていることを信じてください。聖書は信頼できます。正確で、完全で、かつ明確なのです。

実際、一部の人々は聖書の信頼度を傷つけようとしましたが、まだ誰もそれを反証することに成功していません。科学、考古学、歴史は、聖書が本物であり、真実を語っていることを証明しています。それは神から来たからなのです。

確かに、聖書は天国が存在すると言及しています。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
創世記 1:6
ついで神は「大空よ。水の間にあれ。水と水との間に区別があるように。」と仰せられた。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
創世記 1:7
こうして神は、大空を造り、大空の下にある水と、大空の上にある水とを区別された。するとそのようになった。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
創世記 1:8
神は、その大空を天と名づけられた。こうして夕があり、朝があった。第二日。

上記の聖句で言及されている大空は、私たちが知っている空です。地上の上にある広大な空間です。しかし、聖書には三つの天国が述べられており、これらの三つのうち最高のものが第三の天国であり、私たちが楽園と呼んでいるものだと理解する必要があります。

第三天国にある楽園は使徒パウロによって証明されました。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
コリント 二 12:2
私はキリストにあるひとりの人を知っています。この人は十四年前に・・肉体のままであったか、私は知りません。肉体を離れてであったか、それも知りません。神はご存じです。・・第三の天にまで引き上げられました。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
コリント 二 12:4
パラダイスに引き上げられて、人間には語ることを許されていない、口に出すことのできないことばを聞いたことを知っています。

使徒パウロは楽園のある第三の天国へ(霊的に)巻き込まれました。主イエス・キリストによって救われる人々に約束されたのはまさに御国です。聖書はそれを新しいエルサレムとも呼んでいます。そして、それは地上にはありません!

新しいエルサレムがダバオ市にあるのだというアポロ・キボロイの主張には真実が存在しません。それは真実ではありません。彼を信じないでください!

しかし、キボロイがその愚かな主張をするずっと前に、エホバの証人のような他の宗教によって既に楽園はここ(地上)にあるという多くの人々を騙して来ました。

その教えは嘘なのです!楽園は天国にあるのです。それは神の御座が置かれている場所です。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
黙示録 22:1
御使いはまた、私に水晶のように光るいのちの水の川を見せた。それは神と小羊との御座から出て、

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
黙示録 22:2
都の大通りの中央を流れていた。川の両岸には、いのちの木があって、十二種の実がなり、毎月、実ができた。また、その木の葉は諸国の民をいやした。

ヨハネが第三の天国に追いついたとき、彼は神の御座を見ました。そこから命の水の純粋な川が流れていました。彼はまた、川の向こう側に命の木があることをも見ました。

黙示録2:7 によれば、命の木は楽園にあります。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
黙示録 2:7
耳のある者は御霊が諸教会に言われることを聞きなさい。勝利を得る者に、わたしは神のパラダイスにあるいのちの木の実を食べさせよう。」』

非常に明確にヨハネによって与えられた説明から、神の御座、命の木、そして命の水の川はすべて楽園にあります。

人間は天国の高さを決定することができますか?

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
黙示録 2:8
また、スミルナにある教会の御使いに書き送れ。『初めであり、終わりである方、死んで、また生きた方が言われる。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
黙示録 2:9
「わたしは、あなたの苦しみと貧しさとを知っている。・・しかしあなたは実際は富んでいる。・・またユダヤ人だと自称しているが、実はそうでなく、かえってサタンの会衆である人たちから、ののしられていることも知っている。

神の御言葉によれば、天は地よりも高い。この宣言は、今日まで誰にも反証されていないものです。実際、これまで、科学の洗練された器具があるにもかかわらず、科学者は地球から天がどれほど高いかを示す正確な数字を思いついたことがありません。ハッブル宇宙望遠鏡でさえ、地球から天国までの距離を測定できませんでした。ジェームズウェッブ宇宙望遠鏡(JWST)でさえ、地球から130億光年までに達するほど強力な望遠鏡ですらありませんでした。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
イザヤ書 55:9
天が地よりも高いように、わたしの道は、あなたがたの道よりも高く、わたしの思いは、あなたがたの思いよりも高い。

だから、今までだれも天国に行ったことがありません。

天国と楽園はこの世界にはありません。両方とも十字架で苦しんでいる間に泥棒が主イエス・キリストに言ったことを覚えていますか?泥棒は言いました、

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
ルカ 23:42
そして言った。「イエスさま。あなたの御国の位にお着きになるときには、私を思い出してください。」

楽園が地上にあるというのが本当なら、泥棒はなぜ、主がご自分の御国、または楽園に来たときにキリストに自分を思い出すように願ったのでしょうか?

楽園が地上にあるというのが本当なら、主イエス・キリストは泥棒の発言を訂正したはずです。主は泥棒に「心配しないで、二人ともすでに天国にいる」と仰せられたはずでしょう。

しかし、主イエス・キリストは泥棒にこう答えられました、

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
ルカ 23:42
そして言った。「イエスさま。あなたの御国の位にお着きになるときには、私を思い出してください。」

これは、楽園が別の場所にあることを明確に証明しています。それは、この世界の外の何処かにあります。

あなたが惑わされないためには、神の御言葉を信じるようにして下さい。エホバの証人を信じないでください。キボロイを信じないでください。楽園、または新しいエルサレムは、この地上に存在しません。さらに、ダバオ市にあるはずがありません。それは大きな偽りですから。

偽預言者によって想像された、天国や楽園についての不調和な話を楽しまないでください。聖書に記されている神とその御言葉を信じることが最善です。これを行えば、騙されたり、間違うすることはありません。そして、何よりも、聖書は私たちに第三の天国にあると言っているので、あなたは楽園が地上にあると決して信じたりはしないでしょう。

免責事項

この日本語翻訳は、私たちの通訳者たちの全力を尽くし最高度の注意をもって翻訳されました。しかし、ControversyExtraordinary.com は諸要因により翻訳された情報の正確さを保証しません。本来の言語である英語版と日本語版に不一致があった場合でも、本来の英語版が常に優勢です。

イエス・キリストが迫り来られるまで、どれぐらいなのか


季節のように、自然界で観察可能なものから、特定の不測の事態が予知されています。各季節は、これから何が起こるかを示す指標となるものです。

ですから、主イエス・キリストがいつ来られるかを知りたいのであれば、季節を参照することもできます。そうすれば、明確な兆候が得られるでしょう。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
マタイ 24:32
いちじくの木から、たとえを学びなさい。枝が柔らかになって、葉が出て来ると、夏の近いことがわかります。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
マタイ 24:33
そのように、これらのことのすべてを見たら、あなたがたは、人の子が戸口まで近づいていると知りなさい。

季節は兆候を示します。ですから、それらが明らかにする兆候を読み取って理解できることが重要なことです。

たとえば、フィリピンでは、「シニゲラス」と呼ばれる特定の実をつける木が成長します。 「シニゲラス」の木が実を結ぶ時期を知りたい場合は、木の状態の変化に注意する必要があります。あなたが見れる最初の兆候は、木が葉を落としているということです。木が実際に葉でむき出しになったとき、それは一定の時間の後に枯れる花を育てます。そして、花が完全に枯れると、果物が現れます。

四季を経験する国では、人々は特定の季節の差し迫ったことを告げる自然によって与えられた兆候も見れるのです。

たとえば、冬が来る前に、木の葉は色が変わります。緑から黄色と茶色に変わります。しばらくすると、それらは枯れて落ちます。言い換えれば、秋の季節は冬である別の季節の始まりを示しています。そして、冬が来た後、新しい葉の発芽が見られる兆候の一つである春が来ます。そして春の後に夏が来ます。

同じ原則が主イエス・キリストの到来にも当てはまります。主が来ようとしているとき、私たちは自然の兆候を観察するだけでなく、私たちの周りで起こっていることにも注意を払うことです。キリストは、確実に起こる特定の出来事を引用しました。そして、一度それらを見ると、それらが主の到来の合図であることを理解しなければなりません。

それらは何でしょうか?

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
マタイ 24:6
また、戦争のことや、戦争のうわさを聞くでしょうが、気をつけて、あわてないようにしなさい。これらは必ず起こることです。しかし、終わりが来たのではありません。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
マタイ 24:7
民族は民族に、国は国に敵対して立ち上がり、方々にききんと地震が起こります。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
マタイ 24:8
しかし、そのようなことはみな、産みの苦しみの初めなのです。

主は、戦争や戦争のうわさ、国家と王国の対立、飢饉、人間や動物に感染する疫病のような多くの兆候を私たちに告げられました。

そして、これらのことはすべて、この分配で既に起こっていますが、おそらく、まだ最高潮レベルではありません。それにもかかわらず、これらのことが今どのように実現されているかを私たちは目撃しているのです。

今日、人間は人類にとって致命的なさまざまな種類の疫病に晒されています。たとえば、現在、鳥インフルエンザのような動物に由来する病気があります。アフリカで発生したエボラ・ウイルスもあります。また、科学者によると、エボラ・ウイルスはコウモリの血に由来し、このウイルスはアフリカ人の一部がコウモリを食べているのが原因で得られたものです。。

それらとは別に、B、C、D型肝炎、エイズなどもあります。

他の兆候には、飢饉、さまざまな場所での地震、および他の国に対する国家の蜂起が含まれます。

そして今、これらの出来事が私たちの時代にどのように起こるかを見れるので、主の来臨はそれほど長くはかからないと断言できます。

良心的なクリスチャンとして神の到来の印が予告されているので、その日が来る前に必要な準備について知る必要があります。救済を確実にするために必要なことをすべて行なっているかどうかを確認してください。神への奉仕に自分の人生を費やすようにしてください。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
コヘレトの言葉 12:1
あなたの若い日に、あなたの創造者を覚えよ。わざわいの日が来ないうちに、また「何の喜びもない。」と言う年月が近づく前に。

まだ若いうちに神に仕え始めることが最善です。神の御心を守る。神の戒めに従ってください。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
コヘレトの言葉 12:13
結局のところ、もうすべてが聞かされていることだ。神を恐れよ。神の命令を守れ。これが人間にとってすべてである。

神への恐れと神の戒めへの従順を育ててください。実際、神に与えることができる唯一の奉仕は、神の戒めに従うことです。そして、あなたが救いに値するのは、あなたの主の戒めの成就です。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
コヘレトの言葉 12:14
神は、善であれ悪であれ、すべての隠れたことについて、すべてのわざをさばかれるからだ。

神は人類を裁きます。神はそれのために指定された時間を持っています。それは避けられません。ですから、もしあなたが自分の救いを気にするなら、神に仕えなさい。神に仕えるということは、神の戒めに従うことを意味します。もしあなたが神への奉仕に自分の人生を費やし、神の御言葉に従っていれば、あなたは救済への非常に大きなチャンスを持てるでしょう。

免責事項

この日本語翻訳は、私たちの通訳者たちの全力を尽くし最高度の注意をもって翻訳されました。しかし、ControversyExtraordinary.com は諸要因により翻訳された情報の正確さを保証しません。本来の言語である英語版と日本語版に不一致があった場合でも、本来の英語版が常に優勢です。

絶望のように感じますか?神の摂理を祈りなさい


自分の問題の解決策を見つけることができない、または自分が経験している苦境に対処できなくて、深い絶望の感情を経験する人は、自分の命を奪うという自殺をすることが逃げ出す唯一の方法であると考えています。

世界中の自殺者の数が増え続けているので、心配でたまりません。多くの人々の主な心配事の1つは、自殺をするしかないという結果に集中しがちなことです。自殺した先に赦しがまだ残っているのか、または、地獄で永遠に苦しむ運命が決まっているのかについて彼らはまだまだ知りたがっています。

自殺した人たちの将来について尋ねられました場合、申し訳ありませんが、私は彼らについての判断を下す立場にありません。そもそも、私はそのことを知りません。私は、彼らの心に何が走ったのか分かりません。私は、彼らが経験した状況を知りません。私は、実際にはそれらについて何も知りません。しかし、何よりも聖書は、彼らに裁きを下す権利を私に与えていないということです。むしろ、聖書は真の教会がその管轄外の人々を裁くことを禁止しています。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
コリント 一 5:13
外部の人たちは、神がおさばきになります。その悪い人をあなたがたの中から除きなさい。

聖書によれば、神の教会の外にいる人々を裁くのは神です。ですから、多くの自殺者を神の裁きに任せたほうがよいのです。

たとえば、疑わしい行為を行なった人がたまたま神の教会の会員であった場合、私たちは教会での記録や情報を持っているため、そのような者たちの犯した事件について、彼らの私たちの会衆の集会への出席や彼らの生活の仕方など、キリストの教義への従順状況などによって慎重な判決または判断を下すことができます。

神の教会の会員の中には、お互いに対する真の配慮があります。とある人が主イエス・キリストの教えに従わないで我儘な生活を送る場合、教会管理本部へ報告されます。そして、もし誰かがその人の不従順または不正行為を通報したのならば、その人にすぐ注意を呼びかけます。これは、その人を嘲ったり、噂話の対象にするのではなく、必要に応じてその人を修正するか懲戒処分を与えることです。これは、兄弟たちが迷い出たり、神の意志に反することを続けたりすることを望んでいませんからね。

特定の会員に関する苦情が無ければ、その会員はキリストの教義を忠実に守っています。そして、もしその人に救いの大きなチャンスがあると言えば、その人が教会の私たちの一人である限り、神の御言葉に違反することはないでしょう。その人は部外者ではありません。

会員が別の会員に対して苦情または告発を放映する度に、教会管理は聖書の規定に従ってそれを扱います。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
テモテ 一 5:19
長老に対する訴えは、ふたりか三人の証人がなければ、受理してはいけません。

単純な告発だけでは不十分です。苦情または告発は、少なくとも2人または3人の証人によって証明されるべきです。

実際、長い間に教会にいた兄弟たちがいますが、今までも黒も何も報告されていません。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
テトス 1:6
それには、その人が、非難されるところがなく、ひとりの妻の夫であり、その子どもは不品行を責められたり、反抗的であったりしない信者であることが条件です。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
テトス 1:7
監督は神の家の管理者として、非難されるところのない者であるべきです。わがままでなく、短気でなく、酒飲みでなく、けんか好きでなく、不正な利を求めず、

キリストの律法に違反しない会員がいます。その結果、彼らは懲戒処分の対象となることはありません。

なぜこれに言及しているのかと言いますと、これは、神の教会では、私たちの中にいる者だけを裁くということを示すためです。私たちはそうすることに基礎を持っているので、私たちは間違いをしてしまった兄弟姉妹に判断を下すことができます。私たちは常に書類と証言の両方の証拠に基づいて決定を下します。しかし、聖書によれば、教会外にいる者たちを裁くのは神なのです。

自殺した人がまだ許されて救われるかどうか、または彼が私たちの組織の一部ではないために、既に非難される存在かどうかについて、範疇的な答えを出すことができない理由はこれです。

神の教会の兄弟たちは、生命の本質と人間の存在の究極の目的についてよく教えられています。また、彼らの心には、神を恐れている感情が染み込んでいます。だからこそ、この組織の忠実な会員は、どんなに公算が大きくても、自分の命を奪おうとは考えないだろうと心強くに主張することができます。私たちの兄弟たちは物質的な面で貧しいかもしれませんが、彼らは希望に満ちています。

私たちが知っているように、自殺はユダ・イスカリオットが経験したのと同じように、絶望の強い感情から生じます。主イエス・キリストを裏切った後、非常に絶望的な状況にある自分自身を見て、イスカリオテのユダは首つり自殺しました。

聖書には、神への不従順のために絶望のために自殺した人々の記録があります。イスカリオテのユダの他に、イスラエルの王サウルも反抗的だと、神に非難した後、自殺しました。

聖書の記述は、自殺した人々は皆、神に対して邪悪で不従順であることを示しています。

しかし、あなたが神に従うならば、あなたは決して落ち込みません、あなたは決して希望を失いません、そして、あなたは決して自殺することを絶対に考えません。

人が生きている限り、時には憂鬱な障害や問題を経験するのは当然です。しかし、神は私たちに日々の心配事や悩みに対処する方法について教えてくれています。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
フィリピ 4:6
何も思い煩わないで、あらゆるばあいに、感謝をもってささげる祈りと願いによって、あなたがたの願い事を神に知っていただきなさい。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
フィリピ 4:7
そうすれば、人のすべての考えにまさる神の平安が、あなたがたの心と思いをキリスト・イエスにあって守ってくれます。

落ち込んではいけません。何も心配しないでください。あなたがしなければならないのは祈るだけであり、すべての考えにまさる神の平和は、キリスト・イエスを通してあなたの心と思いを守って下さります。

この非常に慰めになる聖書の宣言です。あなたは自分を殺すことをどう思いますか?うつ病は自殺の危険因子の1つと言われていますが、祈りはその危険性に対抗することができます。祈りはうつ病に対する強力な解毒剤になる可能性があります。祈りは自殺念慮を妨げる可能性があります。

私が自殺した人を裁きたくない理由を理解してほしい。神の教会の外にいる人々を裁くことを神が禁じているからです。

私たちは、教会の外にいるすべての人々を非難したマナロの教会のようではありません。その教会の元リーダーであるエラニョ・マナロは、教会の外に救いはない、そして教会の外にいる人はすでに炎の地獄で苦しんでいるので天国の相続人になることはない、と宣言しました。


「キリストの教会(自分たち)だけは継ぐ者なのだと賛成しない他宗教は多いなのを分かっていますよ!私たちだけが救われた事も彼らは許さないでしょう!えー、でもキョウダイたちよ、教会外に救済がありますか?いいえ、無理ですね。教会外にいる者たちは火の逝きなのに、継ぐとかありえないでしょうよ!」

そのような宣言は、エドワード・マナロの公式出版物、1976年6月、9ページのPasugoで書かれた記事にも反映されており、教会の外にいる人は救われないと述べています。


管轄外にいる人々にさえ裁きを下すことは、ひどい残酷さを示し、神の御言葉に対する完全な反抗です。

実際、マナロ教会はまた、カトリック教会とさまざまなプロテスタント教会を悪魔だと非難しています。


教会の外にいる人々を裁くのは拒否します。なぜなら、彼らを裁くのは神であるからです。

繰り返しますが、聖書では、自殺した人たちは皆、絶望状態にあり、彼らはすべて神に不従順でした。しかし、あなたが神に従うなら、あなたは決して希望を失うことはありません。

聖書の処方に従ってください。問題があなたを悩まされている時にあなたがしなければならないことは神に祈るだけです。自殺を選択肢にしないでください。心配事や悩み事を神に委ねて下さい。あなたはいつでも神に頼ることができます。

他の誰もがあなたを誤解し、誰もあなたのことを気にかけていないと感じるとき、いつも気にかけて理解して下さる神がおられることを忘れないでください。神の摂理を懇願することを決して忘れないでください。アーメン。

免責事項

この日本語翻訳は、私たちの通訳者たちの全力を尽くし最高度の注意をもって翻訳されました。しかし、ControversyExtraordinary.com は諸要因により翻訳された情報の正確さを保証しません。本来の言語である英語版と日本語版に不一致があった場合でも、本来の英語版が常に優勢です。

各々の応えられた祈りと応えられなかった祈りの後ろには愛情深い神である


神に祈って、要求をする人は誰でも、自分の祈りが応えられ、自分の要求ができるだけ早く与えられるように、間違いなく望んでいます。しかし、それはいつも起こりません。一部の祈りは容易に認められるのは事実ですが、全く認められない祈りもあります。また、認められた場合、それを受け取るまでに時間がかかることもあります。しかし、これらの背後にある理由は何でしょうか?

まず第一に、神が人の祈りや要求を即座に与えない正当な理由が常にあることを理解する必要があります。祈りに対する神の反応は時々、それを作っている人に関係しますーその者は正しいのか、それとも邪悪なのか。一つ確かなことは、神は邪悪な人の祈りを聞かないことです。

箴言 15:8 の言う事を検討すると、

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
箴言 15:8
悪者のいけにえは主に忌みきらわれる。正しい者の祈りは主に喜ばれる。

神は正しい者の祈りに喜んでおられ、神がその者の祈りに耳を傾けることを私たちは確信できます。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
ヨハネ 一 5:14
何事でも神のみこころにかなう願いをするなら、神はその願いを聞いてくださるということ、これこそ神に対する私たちの確信です。

神は、まっすぐな人の祈りに耳を傾けます。もしその者が求めているのが神の意志に沿ったものであるなら特に。

一方聖書は、要求をしている人、または祈っている人が邪悪また、悪人である場合、何と言いますか?

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
ペトロ 一 3:10
「いのちを愛し、幸いな日々を過ごしたいと思う者は、舌を押えて悪を言わず、くちびるを閉ざして偽りを語らず、

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
ペトロ 一 3:11
悪から遠ざかって善を行ない、平和を求めてこれを追い求めよ。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
ペトロ 一 3:12
主の目は義人の上に注がれ、主の耳は彼らの祈りに傾けられる。しかし主の顔は、悪を行なう者に立ち向かう。」

人々がまっすぐになり、義を行い、善行を行い、悪口を言わずに話すように神が勧告しております。私たちが話すときに使う舌は、私たちが祈るときに使う舌そのものだからです。

祈っている人が故意に邪悪なことをし、神の御言葉を故意に無視する人であるなら、たとえ彼が祈り続けても、神はその者の言うことを決して聞かないでしょう。神は耳が悪い訳ではありませんが、邪悪な者の祈りを聞き逃そうとする事があります。神はその者らの祈りがご自身の耳に届かないようにする方法を持っておられます。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
哀歌 3:44
あなたは雲を身にまとい、私たちの祈りをさえぎり、

邪悪な者の祈りは神様にとって邪魔なので、邪悪な者の祈りが通り抜けられないような方法で、神様はご自身に雲をまといます。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
ヨハネ 9:31
神は、罪人の言うことはお聞きになりません。しかし、だれでも神を敬い、そのみこころを行なうなら、神はその人の言うことを聞いてくださると、私たちは知っています。

しかし、私たちはまた、神が義人の祈りにさえ応えない場合があることを認識しなければなりません。何故でしょうか?

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
ヤコブ 4:3
願っても受けられないのは、自分の快楽のために使おうとして、悪い動機で願うからです。

神は愛でおられる事を忘れないで下さい。ですから、あなたが求めているのはあなたに害を及ぼすものであると神が見い出したのならば、あるいはそれがあなたを世俗的な喜びにふけるものであるなら、神はあなたにそれを与えません。そして、あなたが神に望んでいるものを与えないように促したのは、あなたへの神の愛であるということを理解しなければなりません。

たとえ泣き続けていても、3歳の子どもからの「刃をくれ」の要求に屈しない愛情深い親のように。また、親は子どもに普通、タバコのライターやマッチを与えることもしません。

神はそれのようです。あなたが祈っていることがあなたに良いことだと神が見い出したのならば、神は必ずそれを認めます。しかし、あなたが求めていることがあなたに害を及ぼすか、あなたを破壊に導くなら、あなたはそれを繰り返し祈っても、神はあなたにそれを決して与えません。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
マタイ 7:9
あなたがたも、自分の子がパンを下さいと言うときに、だれが石を与えるでしょう。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
マタイ 7:10
また、子が魚を下さいと言うのに、だれが蛇を与えるでしょう。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
マタイ 7:11
してみると、あなたがたは、悪い者ではあっても、自分の子どもには良い物を与えることを知っているのです。とすれば、なおのこと、天におられるあなたがたの父が、どうして、求める者たちに良いものを下さらないことがありましょう。

神は良いことだけを与えるのを心に留めて下さい。神は悪いことや、子どもたちに危険をもたらすものを与えません。普通の子どもがパン、または魚を要求するときに、親は蛇を子どもに石を与えたりしないなら、天国で私たちにとって何が一番良いものを知っておられ、それをご自身の子どもたちに与えることができる天の御父はなおさらです。

普通の親が、自分の限界にもかかわらず、子どもたちに安全と保護を損なうようなものを与えないなら、私たちの肉体の福祉だけでなく、特に精神的な幸福を大切にする天国の御父はなおさらです。

自分を神の立場に置くだけなら、神が人間の祈りをすべて与えない理由、または祈りの答えを得るまでずっと待たなければならない理由を理解するようになります。

さらに、神は私たちの祈りを与える際に完璧なタイミングを守っています。神は私たちにその完璧な時に必要なものを与えてくださいます。あなたがそれを手に入れるのにふさわしい時が来たことを神が見いだした時、たとえあなたがそれを求めなくても、神はあなたにそれを与えます。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
箴言 19:14
家と財産とは先祖から受け継ぐもの。思慮深い妻は主からのもの。
あなたが義人であり、神があなたに配偶者を持つ適切な時が来たことを知ったとき、たとえあなたがそれのために祈らなくても、神はあなたにそれを与えます。神がアダムにしたことのように。アダムは妻を要求をしなかったのでした。実際、神は女性について何も考えていませんでした。当時、エデンの園には他の人間はいなかったからです。しかし、アダムすでに仲間と助けを必要としていたのを見て、神は彼にイブを与えました。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
創世記 2:18
その後、神である主は仰せられた。「人が、ひとりでいるのは良くない。わたしは彼のために、彼にふさわしい助け手を造ろう。」

アダムの状況を見て、神は何をしましたか?

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
創世記 2:21
そこで神である主が、深い眠りをその人に下されたので彼は眠った。それで、彼のあばら骨の一つを取り、そのところの肉をふさがれた。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
創世記 2:22
こうして神である主は、人から取ったあばら骨を、ひとりの女に造り上げ、その女を人のところに連れて来られた。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
創世記 2:23
すると人は言った。「これこそ、今や、私の骨からの骨、私の肉からの肉。これを女と名づけよう。これは男から取られたのだから。」

神は私たちが必要なものを適切な時に与えます。アダムは一度に女性を与えられなかったことを思い出してください。神はアダムに、アダムの人生における女性の重要性を最初に認識させました。長い間、アダムの仲間は異なる種類の動物、鳥などだけでした。そして、それらのどれもアダムにとって個人的な助けにはなりませんでした。例えば、アダムの背中がかゆくなったとき、アダムのためにそれを引っかいてくれる者がいませんでした。アダムがトラやライオンに背中を掻かせると、両方とも鋭い爪を持っていたので、傷ついたり、出血するでしょう。それで、たとえアダムが求めなかったとしても、神はアダムに助手、妻を与えました。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
エフェソ 3:20
どうか、私たちのうちに働く力によって、私たちの願うところ、思うところのすべてを越えて豊かに施すことのできる方に、

私たちの考える必要でさえないもの、私たちが求めていないものでさえだろうと、もしそれが私たちにとって必要なのだと神が見いだしたのならば、神はそれを与えてくださいます。私は人生でこれを何度も経験しました。神は私が求めていないことや考えもしなかったことをたくさん与えてくれました。例えば、私は孫を私に与えるように神に祈ったのではありません。実際、私は自分の人生で孫が必要になる時が来るとさえ思いもしませんでした。しかし、神にとっての完璧タイミングとなる時に、神は孫たちを私に与えてくれました。そして、私が非常に高齢となった今、私の喜びの源となっています。

この時点で、私のような高齢者にとって孫の重要性を認識しました。私の年齢では、関節、特に膝に痛みを感じるので、会衆の祈りの後、再び立ち上がるのが困難なほどです。しかし、神は私の高齢の年に支えとしての孫の存在を必要とすることを知っていたので、今、会衆の祈りの後に私が立ち上がるのに苦労しているのを見る度、すぐに私を助けに来る孫がいます。その孫は、私が立ち上がるのを助けてくれます。そして、たとえ私が孫たちの存在を下さるようにと神に頼まなくても、すばらしい孫たちを神が私に与えてくれたことに、神にとても感謝しています。

常に覚えておいてください、神は私たちの祈りを与え、すぐに与えない、さらには全く与えないという理由があります。神は私たちにとって何が最善かを知っておられますから。

免責事項

この日本語翻訳は、私たちの通訳者たちの全力を尽くし最高度の注意をもって翻訳されました。しかし、ControversyExtraordinary.com は諸要因により翻訳された情報の正確さを保証しません。本来の言語である英語版と日本語版に不一致があった場合でも、本来の英語版が常に優勢です。

主イエス・キリストの存在を厳密に調査する


クリスチャンであると主張する宗教団体に所属していると公言する人々がいるにもかかわらず、主イエス・キリストが本当に存在したかどうかについて疑問を抱いていることは皮肉であり、馬鹿げています。聖書を使用している教会に所属しているにもかかわらず、キリストの存在に関する彼らの不確実性が実際に、まだ払拭されていないのは本当に不思議です。

私が気遣うところまでは、主イエス・キリストの存在を信じるには十分すぎる理由が私は持っています。愚かな無神論者と不可知論者だけが主イエス・キリストの存在を疑います。

主イエス・キリストは、世界が創造される前からすでに存在しており、現在にまで存在しておられます。他のすべてが存在し始める前に、キリストはすでに御父と共に存在しておられました。主はそれを教えてくださりました。そして、それは聖書の神の御言葉によって証明されています。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
ヨハネ 8:56
あなたがたの父アブラハムは、わたしの日を見ることを思って大いに喜びました。彼はそれを見て、喜んだのです。」

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
ヨハネ 8:57
そこで、ユダヤ人たちはイエスに向かって言った。「あなたはまだ五十歳になっていないのにアブラハムを見たのですか。」

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
ヨハネ 8:58
イエスは彼らに言われた。「まことに、まことに、あなたがたに告げます。アブラハムが生まれる前から、わたしはいるのです。」

新改訳聖書版では、58節はイエスは彼らに言われた。「まことに、まことに、あなたがたに告げます。アブラハムが生まれる前から、わたしはいるのです。」 と翻訳されています。

だから、今日、キリストの存在は、主がマリアから生まれた時にのみ始まったと自分の会員たちに教える説教者は、酷く間違っていると言えます。それは、聖書の神の御言葉を理解していないことの証拠です。

キリストと共に永遠に御父と共に存在した人は他にいないことを忘れないでください。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
ミカ書 5:2
ベツレヘム・エフラテよ。あなたはユダの氏族の中で最も小さいものだが、あなたのうちから、わたしのために、イスラエルの支配者になる者が出る。その出ることは、昔から、永遠の昔からの定めである。

ミカ書によれば、主は永遠から来られました。このことは他の聖句に支援されています。

箴言 8:22 にて、神様の知恵が言われたのは・・・

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
箴言 8:22
主は、その働きを始める前から、そのみわざの初めから、わたしを得ておられた。

主の道の始まりは永遠にあります。 「知恵」は主と共に永遠に存在しました。主の初めのわざの前に、神の道の初めに、神と共に存在したこの「知恵」は誰ですか?

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
コリント 一 2:6
しかし私たちは、成人の間で、知恵を語ります。この知恵は、この世の知恵でもなく、この世の過ぎ去って行く支配者たちの知恵でもありません。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
コリント 一 2:7
私たちの語るのは、隠された奥義としての神の知恵であって、それは、神が、私たちの栄光のために、世界の始まる前から、あらかじめ定められたものです。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
コリント 一 2:8
この知恵を、この世の支配者たちは、だれひとりとして悟りませんでした。もし悟っていたら、栄光の主を十字架につけはしなかったでしょう。

使徒パウロが言及している「知恵」は、栄光の主であり、十字架にかけられた主であり、主イエス・キリストにほかなりません。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
コリント 一 1:24
しかし、ユダヤ人であってもギリシヤ人であっても、召された者にとっては、キリストは神の力、神の知恵なのです。

旧約聖書では、キリストは「神の知恵」と呼ばれていました。主は神の御力であり、神の知恵です。主イエス・キリストを除いて、神と共に永遠に存在した他の「知恵」は聖書にないことを意味するのだと使用された定冠詞「〜は」に注意してください。主は「神の知恵」と呼ばれています

ルカ 11:49 では、神の知恵は主イエス・キリストでおられるとさらに証明されています。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
ルカ 11:49
だから、神の知恵もこう言いました。『わたしは預言者たちや使徒たちを彼らに遣わすが、彼らは、そのうちのある者を殺し、ある者を迫害する。

主イエス・キリストは永遠に存在しました。主は今まで存在しておられます。そして、主の存在は永遠に続きます。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
黙示録 1:17
それで私は、この方を見たとき、その足もとに倒れて死者のようになった。しかし彼は右手を私の上に置いてこう言われた。「恐れるな。わたしは、最初であり、最後であり、

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
黙示録 1:18
生きている者である。わたしは死んだが、見よ、いつまでも生きている。また、死とハデスとのかぎを持っている。

ヨハネが神様を見たとき、神は彼にこう仰せられました「わたしは、最初であり、最後であり、 生きている者である。わたしは死んだが、見よ、いつまでも生きている。」と

私が引用したのは、主イエス・キリストの永遠の存在を証明する聖書の節の一部です。しかし、聖書の基盤とは別に、主イエス・キリストの存在を証明する他の証拠もあります。その1つは、ローマ史の年代記の特定の記述です。

ローマの歴史家タキトゥスは、そこで彼がキリスト、ティベリウス・シーザー、ポンティウス・ピラトに言及した場所で何かを語りました。



この情報によると、キリストの信奉者であるクリスチャンと呼ばれる人々の集団がいて、ネロ皇帝が最も精巧な拷問を加えました。一方、キリスト(またはクリストゥス)は、ポンティウス・ピラトの手によるティベリウスの治世中に極度の処罰を受けました。これは、ローマ社会、ローマ帝国がまだ非常に強力な国だった当時のキリスト教徒の公共の存在を認めたことを意味します。

その歴史的な記録とは別に、年代記で言及された他の人物、ティベリウス・シーザーとポンティウス・ピラトの存在を証明する物理的証拠もあります。

主イエス・キリストが生まれたとき、ローマの皇帝はアウグストゥス・シーザーであり、紀元前31年から西暦14年まで統治していました。最終的に、彼の座は紀元後14から紀元後37 に君臨したティベリウス・シーザーに引き継がれました。これら二人のシーザー(アウグストゥスとティベリウス)は、主イエス・キリストが地上にいた頃の権力者でした。

そして、考古学的な発見は、これらのローマ皇帝の存在を確認します。

彼らの肖像が刻まれたコインが発掘され、現在は博物館に保管されています。聖書に言及された物語、あのパリサイ人たちがローマ政府の下で主に死刑の罰が下りるための根拠となる隙を見つけ、何としても主イエス・キリストを捕まえようとしたときに使われたにあのコインと同じです。



マタイ 22:17-21 にある記録はこう言われています、

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
マタイ 22:17
それで、どう思われるのか言ってください。税金をカイザルに納めることは、律法にかなっていることでしょうか。かなっていないことでしょうか。」

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
マタイ 22:18
イエスは彼らの悪意を知って言われた。「偽善者たち。なぜ、わたしをためすのか。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
マタイ 22:19
納め金にするお金をわたしに見せなさい。」そこで彼らは、デナリを一枚イエスのもとに持って来た。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
マタイ 22:20
そこで彼らに言われた。「これは、だれの肖像ですか。だれの銘ですか。」

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
マタイ 22:21
彼らは、「カイザルのです。」と言った。そこで、イエスは言われた。「それなら、カイザルのものはカイザルに返しなさい。そして神のものは神に返しなさい。」

物語は、アウグストゥスまたはティベリウスのいずれかのシーザーの像が碑文にあるコインについて言及しています。前述のように、これらのコインの見本が見つかりました。私自身も、図書館にティベリウス・カエサルの像のあるコインと、アウグストゥス・カエサルの像のあるコインを持っています。

ローマ帝国の検察官であるポンティウス・ピラトについても、彼の存在を確認する物理的証拠があります。

1961年に石灰岩が発見され、そこに刻まれた文字にはティベリウスシーザーとポンティウスピラトの名前が含まれていました。


明らかに、このイタリアの考古学者によって発見された石灰岩は、ポンティウス・ピラトの指導の下で作られました。おそらく、ピラトが皇帝を喜ばせたいという欲求に基づいて作られたのは、ティベリア・シーザーへの献身だったからです。

これらはすべて、聖書の記述、特に主イエス・キリストの存在に関する記述、およびローマ皇帝のような特定の人物(アウグストゥスとティベリウス)、そして彼らを支持していた検察官のポンティウス・ピラトについての信憑性と真実性を証明していま。物理的証拠と歴史的説明を挙げているのです。

そして、ローマの歴史家が、ローマ帝国が死に至ったキリストについての物語を考え出したり、作り話をしたりと私は信じません。キリストの存在と、主が2000年前に率いるクリスチャンと呼ばれる集団は、文書化され、年代記の一部となったため、ローマの歴史が隠すことができなかったいくつもの事実なのです。

確かに、聖書の記述、歴史的記録、考古学的な発見は、キリストの存在に関するすべての疑念を投げ捨てられるのに十分です。キリストは御父と共に永遠に存在していましたし、主は今でも存在し、主は永遠に存在します。アーメン。

免責事項

この日本語翻訳は、私たちの通訳者たちの全力を尽くし最高度の注意をもって翻訳されました。しかし、ControversyExtraordinary.com は諸要因により翻訳された情報の正確さを保証しません。本来の言語である英語版と日本語版に不一致があった場合でも、本来の英語版が常に優勢です。