神を敬う夫婦であるため、神の目的を受け入れること

4月 22, 2020 0 Comments


このような危険な時代に、夫と妻の強力な関係を築き、「死が私たちを引き離すまで」という結婚の誓いを果たすことは、多くのカップルにとって困難な課題となっています。夫と妻は毎日、関係に脅威を与える問題や誘惑と戦わなければなりません。したがって、彼らは自分たちの結婚だけでなく家族全体を保護するために知っているあらゆる措置をとります。残念ながら、すべてのカップルが成功するわけではありません。

まず第一に、夫と妻だけでは、強い関係を築き、維持ができないことを理解する必要があります。どういうわけか、彼らは気を散らすでしょう。最悪の場合に、サタンが彼らの前に置いている多く雑念に屈するかもしれません。

夫婦関係を本当に強固にすることができるのは、神の教えです。他の人が乗り越えられない確率や抑えられない誘惑であるとと認識しているものによっても、神の教えに基づいて関係が築かれていれば、夫と妻が簡単に揺さぶられることはありません。彼らの結婚は神の教えに支えられているので、彼らは堅固で揺るがないままであり、彼らは何があってもお互いを握り続けます。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
使徒 14:22
弟子たちの心を強め、この信仰にしっかりとどまるように勧め、「私たちが神の国にはいるには、多くの苦しみを経なければならない。」と言った。
ルカによると、使徒パウロと他の使徒たちは弟子たちの魂を確認または強化して、彼らが信仰を持ち続けるように勧め、苦難が来ても簡単に落胆しないようにしました。弟子たちは神の説教者たちの勧めを聞き従ったことで信仰が強くなりました。ここでは、使徒たちのような神の説教者たちが人々に強い信仰を発達させる上で果たす重要な役割を見ることができます。

私たちが強い夫婦関係を持っている、または結婚を無傷に保つことについて話すときも同じことが当てはまります。夫と妻も同様に、神の教えを忠実に説教している説教者に耳を傾ける必要があります。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
コリント 一 14:3
ところが預言する者は、徳を高め、勧めをなし、慰めを与えるために、人に向かって話します。

まず、新約聖書では、「預言する」とは将来の出来事を占う行為を指しているのではないことを明確にしておきます。新約聖書の預言とは、徳を高め、勧め、そして慰めを与えるについて語ることです。そして、この任務は神の説教者の肩にかかっています。

さて、徳を高め、勧め、そして慰めを与えるという言葉はどこから来るのでしょうか?

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
ローマ 15:4
昔書かれたものは、すべて私たちを教えるために書かれたのです。それは、聖書の与える忍耐と励ましによって、希望を持たせるためなのです。

神の説教者によって説教されている神の御言葉—神の教え、神の戒め—は聖書にあります。神の御言葉は教育し、慰めを与えることができます、そして夫婦の関係を強く、調和の取れた、そして紛争のないようにすることで夫婦を導くことができるのです。

しかし、それは神の教えに耳を傾けることだけで始まって終わるのではありません。神の教えに従う必要があります。それは、夫と妻、そして家族全員を無傷で団結させることができるのは、神の戒めへの従順です。そのため、家族が常に神の御言葉、つまり福音に耳を傾けることが非常に重要です。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
コロサイ 1:23
ただし、あなたがたは、しっかりとした土台の上に堅く立って、すでに聞いた福音の望みからはずれることなく、信仰に踏みとどまらなければなりません。この福音は、天の下のすべての造られたものに宣べ伝えられているのであって、このパウロはそれに仕える者となったのです。

夫婦がお互いに与えるべき愛、思いやり、尊敬を育むことを目的とした訓戒が含まれているので、福音は夫と妻の関係を強化することができます。

例えば、エフェソ 5:28では、使徒パウロが夫の立場にいる者たちに言ったことは、

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
エフェソ 5:28
そのように、夫も自分の妻を自分のからだのように愛さなければなりません。自分の妻を愛する者は自分を愛しているのです。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
エフェソ 5:23
なぜなら、キリストは教会のかしらであって、ご自身がそのからだの救い主であられるように、夫は妻のかしらであるからです。

夫は妻に優しく思いやりをもって指導するように指示されています。
JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
エフェソ 5:25
夫たちよ。キリストが教会を愛し、教会のためにご自身をささげられたように、あなたがたも、自分の妻を愛しなさい。

福音書はまた、夫に妻を愛し、思いやり、心配りを持つように教えています。夫は、キリストが教会を愛しておられているように、妻を愛する必要があります。

しかし、警告は夫だけに限定されていません。同様に、福音書は妻の立場にいる者たちにも、特定の指示を与えています。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
エフェソ 5:22
妻たちよ。あなたがたは、主に従うように、自分の夫に従いなさい。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
エフェソ 5:24
教会がキリストに従うように、妻も、すべてのことにおいて、夫に従うべきです。

妻は夫に服従するように言われており、夫が持つ妻への権限を認めるべきです。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
エフェソ 5:33
それはそうとして、あなたがたも、おのおの自分の妻を自分と同様に愛しなさい。妻もまた自分の夫を敬いなさい。

夫を愛することとは別に、福音は妻に夫に敬意を示すように教えています。

福音には、夫と妻が健康的で強い関係をどのようにして達成できるかについての完全な処方があります。すべての夫婦が心を育み、福音のすべての教えを実践するなら、魂を教育する器として神に遣われている神からの説教者から聞いたことも含めたら、サタンの邪悪な計画があるにもかかわらず、夫婦の関係は堅固で長続きするでしょう。

福音の教えは、夫と妻の関係だけでなく、友人同士、家族同士、血縁関係のキョウダイ同士、さらには教会のキョウダイ同士の関係など、他のすべての関係も強化または徳を高めることができます。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
エフェソ 4:16
キリストによって、からだ全体は、一つ一つの部分がその力量にふさわしく働く力により、また、備えられたあらゆる結び目によって、しっかりと組み合わされ、結び合わされ、成長して、愛のうちに建てられるのです。

教会のすべての人々を啓発するのは愛です。何よりも神への愛です。そして、仲間への愛、配偶者や子どもへの愛、キョウダイへの愛、そして敵への愛もです。愛はどんな関係においても拘束力であり、強化または啓発の要素なのです。

教会内の組織、世帯、団体の間で愛が優勢になれば、徳を高められます。エフェソ4:16で述べたように。 。 。成長して、愛のうちに建てられるのです。」

愛は人々を結びつけるものです。愛はすべての関係を強くさせ、弾力的にします。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
コロサイ 3:14
そして、これらすべての上に、愛を着けなさい。愛は結びの帯として完全なものです。

愛は完璧の絆であると考えられています。世帯のすべての人(夫、妻、子ども、キョウダイ、祖父母)が、聖書が教えている愛の種類を学べば、未解決な問題を残したりやすれ違いをしたままにならず、夫婦はお互いに浮気なんてしたりはしません。愛によってつながっているのですから、苦難が来ても家族は離れ離れになりません。

私が本当に誇りに思っていることが一つあるとすれば、それは私たちの組織のキョウダイたちに広がっている連帯と愛です。神の教会のキョウダイたちは、聖書によって教えられている愛によって徳を高められているのは明らかです。私たちは絶えない多くの迫害、中傷、そして事実上すべての形態の嫌がらせを経験していますが、聖書に教えられている愛によって強くさせられてきたので、私たちは毅然として、堅固で、そして恐れることがありません。神に感謝します!

免責事項

この日本語翻訳は、私たちの通訳者たちの全力を尽くし最高度の注意をもって翻訳されました。しかし、ControversyExtraordinary.com は諸要因により翻訳された情報の正確さを保証しません。本来の言語である英語版と日本語版に不一致があった場合でも、本来の英語版が常に優勢です。

0 コメント: