キリストの千年統治の間に何を期待することなのか

10月 25, 2020 0 Comments

「主イエス・キリストの再臨がすでに審判と地球の破壊の日を示すものだ」と語る説教者や宗教を信じてはいけません。それには真実はありません。そうです、主イエス・キリストは戻って来られますが、人類を裁き、地球をすぐに破壊することはありません。それらのことを実行するために、別に定められた時があるからです。

主イエス・キリストが戻って来られるとき、主はすべての死者ではなく、主にあって死んだ人々だけを復活させます。これは「第一の復活」と呼ばれます。そして、主が復活させた人々と、その時までにまだ生きている主の忠実な従者たちは、空中で主に会うために雲の中に引き上げられます。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
テサロニケ 一 4:16
主は、号令と、御使いのかしらの声と、神のラッパの響きのうちに、ご自身天から下って来られます。それからキリストにある死者が、まず初めによみがえり、

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
テサロニケ 一 4:17
次に、生き残っている私たちが、たちまち彼らといっしょに雲の中に一挙に引き上げられ、空中で主と会うのです。このようにして、私たちは、いつまでも主とともにいることになります。

先の復活に含まれる人々は、第二の死がもはや彼らを支配していないので、祝福されていると見なされます。彼らは祭司になり、キリストと共に、千年の間、地上で君臨します。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
黙示録 20:5
そのほかの死者は、千年の終わるまでは、生き返らなかった。これが第一の復活である。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
黙示録 20:6
この第一の復活にあずかる者は幸いな者、聖なる者である。この人々に対しては、第二の死は、なんの力も持っていない。彼らは神とキリストとの祭司となり、キリストとともに、千年の間王となる。

言い換えれば、起こってしまう死者の復活が2つあります。第一の復活は、キリストにあって死んだ人々限定のことであります。これは主イエス・キリストが戻られたときに起こります。一方、次の復活には、第一の復活に含まれていなかったすべての死者が含まれるようになり、千年紀の後に起こります。ですから、死者の第一の復活とその次となる復活の間には千年間の時間差があります。

すべての死者が蘇ったとき、それは主イエス・キリストが生者と死者の両方を裁かれる時です。聖書は、キリストを生者と死者の両方をさばこうとしている方と呼んでいました。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
ペトロ 一 4:5
彼らは、生きている人々をも死んだ人々をも、すぐにもさばこうとしている方に対し、申し開きをしなければなりません。

主イエス・キリストが生者と死者の両方を裁かれることを証明する別の聖句は、テモテ 二 4:1であり、次のように述べています。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
テモテ 二 4:1
神の御前で、また、生きている人と死んだ人とをさばかれるキリスト・イエスの御前で、その現われとその御国を思って、私はおごそかに命じます。

主イエス・キリストが現れ、主の御国の栄光が明らかにされる時が来ます。しかし、次の復活の時に立ち上がる生者と死者の両方について主が裁きを下すのは、千年紀の後になります。

実際、これらの啓示が与えられたヨハネは、審判の日を垣間見ました。彼は、悪魔が火と硫黄の湖にどのように投げ込まれたかさえ見ました。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
黙示録 20:10
そして、彼らを惑わした悪魔は火と硫黄との池に投げ込まれた。そこは獣も、にせ預言者もいる所で、彼らは永遠に昼も夜も苦しみを受ける。

その後、ヨハネはまた、大きな白い御座を見ました。そして、神の御座の前に、復活をし、裁きに直面したすべての死者が立っていました。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
黙示録 20:11
また私は、大きな白い御座と、そこに着座しておられる方を見た。地も天もその御前から逃げ去って、あとかたもなくなった。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
黙示録 20:11
また私は、大きな白い御座と、そこに着座しておられる方を見た。地も天もその御前から逃げ去って、あとかたもなくなった。

ですから、主イエス・キリストの来臨は、裁きの日でも地球の破壊でもないことは明らかです。これらのことは、主が地上で千年間に渡って統治した後に起こるからです。主イエス・キリストの来臨は、地上での主の千年間の統治の始まりを示すだけであることを理解する必要があります。

主イエス・キリストが地上にいるすべての人々を治めますので、私たちはどこにでも広がるような正義、義、そして、神聖さを期待することができます。また、キリストが統治して下さることで、ますます多くの人々が回心すること、つまり、ますます多くの人々が救済の機会を与えられることを期待することができます。

免責事項

この日本語翻訳は、私たちの通訳者たちの全力を尽くし最高度の注意をもって翻訳されました。しかし、ControversyExtraordinary.com は諸要因により翻訳された情報の正確さを保証しません。本来の言語である英語版と日本語版に不一致があった場合でも、本来の英語版が常に優勢です。

0 コメント:

癒し:偽か、それとも真か

10月 18, 2020 0 Comments

 聖書は教会への多様な霊的な賜物について言及しており、そのうちの一つは癒しの賜物です。 


JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
コリント 一 12:4
さて、御霊の賜物にはいろいろの種類がありますが、御霊は同じ御霊です。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
コリント 一 12:9
またある人には同じ御霊による信仰が与えられ、ある人には同一の御霊によって、いやしの賜物が与えられ、

実際、1世紀のクリスチャン教会がこの賜物を受け取るようになりました。そのため、当時、肉体的な弱さを持つ人々を癒すための器となった使徒や教会の会員たちがいました。そして、現在まで、神の癒しの賜物は、神の民によって享受され続けています。

時には、癒しは人間の介入のお陰はなく、熱心な祈りのために起こります。一つは、熱心に祈る人々に癒しを神は提供して下さいます。私は個人的に、既に末期にある病気と診断されていた教会の中のキョウダイたちと、伝染病を患っているキョウダイたちを知っています。しかし、全能の神への熱心な祈りを通して、これらの人々は医者が彼らに告げた寿命を越えて生きることができました。経済的制約のために手術を拒否し、退院することを選んだ人もいましたが、誠実な祈りと嘆願によって、神は彼らの人生に更に数年を加えて下さいました。

Members Church of God International(国際的・神の教会の会員たち)では、疾患や病気に苦しむ時はいつでも、跪いて祈り、神の憐れみと介入を求めることが最初の手段です。儀式等は行いません。呪文は一切唱えません。私たちはただ熱心に祈っています。神は最高の医療専門家が出来ること以上のことをすることが出来て、最高の医師と言われている人間が出来ないことを神が出来るというのが私たちの信仰です。

今日の多くの説教者は、彼らには癒しの賜物があると自慢しています。それは、単に病人に手を置くだけで、病気の人はきっと元気になると。もちろん、それは馬鹿げた主張です。彼らが癒しの能力を持っていると主張するのはとても簡単ですが、それを証明することは彼らがしなかったことです。

実は、癒しの儀式をしていると思われる恥知らずな説教者の動画を観たことがあります。しかし、彼は病気の女性に手を置く代わりに、彼女に足を置いた。 「善に正直」の癒しを提供することは、彼の最大の関心事ではないことが明らかになりました。彼は、癒されることを切望していた病気の女性を利用することにもっと興味を持っていました。動画に示されているように、彼は説教者としての彼の立場と、彼の自称に過ぎない癒し賜物を淫奔で猥褻な行為をする際に利用していた。


動画の女性は実際に卵巣の病気に苦しんでいました。しかし、牧師は何をしましたか?彼は足を使って女性の性器に触れていました。彼は事実上、彼女を性的に暴行していた。この愚かな牧師が採用したのと同様の癒しの方法について聖書は一切語っていません。それは欲望と官能性の全体的な表示であり、間違いなく、この男は神に属している者ではなく、悪魔に属する者です。

私たち、Members Church of God International(国際的・神の教会の会員たち)では、そのような愚かさを実行することも、手を置くだけですべての病気の人々を癒すことができると主張することもありません。癒して下さるのは神であると心から信じ、出エジプト記15:26「・・・わたしは主、あなたをいやす者である。」で神が言われたことを信じて、神の癒しを祈ります。私たちは、常に神の宣言と神の豊かな憐れみを頼りにしています。

確かに、教会に与えられた癒しの賜物があります。たとえば、医師、看護師、医療マッサージ療法士として働く兄弟姉妹のように、この賜物を授けられた教会の会員が本当にいます。マッサージセラピストとして、彼らは腫れを癒し、スポーツ傷害をリハビリし、筋肉の緊張と強張りを和らげ、痛みを感じる人に手を置くのではなく、体の患部に様々な程度の圧力をかけることで、安らぎと快適さを提供します。または、治療が必要な領域を手でこすったり撫でたりします。ですから、彼ら自身の小さな方法で、彼らも癒しを提供することができます。

しかし、人が祈りのために癒されたのか、それとも医療専門家の介入のために癒されたのかについて、私たちの信念は、神と主イエス・キリストが本当に癒して下さる方々でおられるということです。癒しの賜物を持っている人々は、人々を癒すための器として、御父と主キリストによってただ使われています。実際には、奇蹟を働くのは神と主イエス・キリストの癒しの御力です。肝心なのは、神と主イエス・キリストが私たちの癒す者でおられるということです。

免責事項

この日本語翻訳は、私たちの通訳者たちの全力を尽くし最高度の注意をもって翻訳されました。しかし、ControversyExtraordinary.com は諸要因により翻訳された情報の正確さを保証しません。本来の言語である英語版と日本語版に不一致があった場合でも、本来の英語版が常に優勢です。

0 コメント:

結婚する、または結婚しない:神の掟に導かれよう

10月 10, 2020 0 Comments


神は、人間が常に良いものを選び、神の教えを守り、人間が平和で安全で至福の人生を送ることができるように、神が概説したすべきことと、してはいけないことを守るように望んでおられます。しかし、神は人間に自分のやりたいことを強制することも、人間の選択の自由を省くこともありません。それでも、神は人間が神の御心に従うことを選択した場合、人間が得るであろう利点と利益を明らかにしておられます。

そして、子どもたちのために最善を尽くすことだけを望んでいる父親のように、神は、特に人生の選択や決定を行なう際の先導として、使用できる掟や推奨事項を人間に与えることを忘れておりません。例えば、配偶者と結婚する時です。

結婚は、すべての男性と女性に与えられる選択肢です。自分の家族を作りたい人はいつでも結婚することを選ぶことができますが、静かで、動揺せず、敬虔な生活を追求したい人は、いつでも未婚のままでいることを選ぶこともできます。しかし、結婚することを選択した場合は、後で後悔するような間違いを犯さないように、まず、この問題に関して聖書に書かれている神の掟を調べることが重要です。

女性に関する限り、聖書は、彼女が心配や責任の少ない人生を望んでいるなら、そして、彼女が神への奉仕に気を散らさないような人生を望んでいるなら、結婚しないほうがよいと言っています。何故なのか?結婚することは、24時間年中無休の職業だからです。それは、彼女の多くの時間を必要とするでしょう。そして、結婚すると、神に仕えたいと思うほどの多くの時間を割くことができなくなります。彼女は、神への義務と夫と子どもたちへの義務の間で引き裂かれます。

敬虔さと神聖さについて常に考える未婚の女性とは異なり、既婚女性はこの世のことに心を配ります。ですから、彼女がそのようなことに気を取られないようにするために、聖書は彼女が独身の女や処女であり続けることを勧めています。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
コリント 一 7:32
あなたがたが思い煩わないことを私は望んでいます。独身の男は、どうしたら主に喜ばれるかと、主のことに心を配ります。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
コリント 一 7:33
しかし、結婚した男は、どうしたら妻に喜ばれるかと世のことに心を配り、

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
コリント 一 7:34
心が分かれるのです。独身の女や処女は、身もたましいも聖くなるため、主のことに心を配りますが、結婚した女は、どうしたら夫に喜ばれるかと、世のことに心を配ります。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
コリント 一 7:35
ですが、私がこう言っているのは、あなたがた自身の益のためであって、あなたがたを束縛しようとしているのではありません。むしろあなたがたが秩序ある生活を送って、ひたすら主に奉仕できるためなのです。

典型的な家庭では、夫が稼ぎ手の役割を担っていますが、負担の重い部分を占めるのは妻です。彼女は、赤ちゃんを妊娠し、9か月間お腹に入れたまま抱える人です。 9か月後、彼女は出産します。そして出産することで、彼女の人生は大きな危険に晒されます。そして、出産後、彼女は一日中子どもを授乳し、見守っています。実際には、母親が果たさなければならない仕事は決して終わりません。これは、まだ彼女の夫への妻として、彼らの家の番人としての彼女の義務もまた別の話です。。

彼女は、毎日重い仕事をしているので、神に仕えるために費やす時間を割り当てるのは間違いなく困難です。しかし、彼女が神の掟に従うことを選択した場合、つまり、彼女が独身の女や処女であり続けることを選択した場合、彼女は非常に厳しい生活から免れ、自由に神に仕えることができます。

この特定の神の掟も男性に勧められています。また、子どもたちの授業料の支払い、赤ちゃんのための牛乳やおむつ購入、家賃、借金、その他の家計の支払いなど、家族の世帯主であるという問題から身を守りたい場合。そして、彼が心から主に仕えたいのなら、使徒パウロのように独身でいることが最善です。

時には、使徒パウロのように、特別な機能を果たすために、神から任命された特別な人々がいます。パウロの場合、彼は神の御心を受け入れ、彼の個人的な選択が彼の人生に勝ることを許しませんでした。使徒たちが結婚することは禁じられていませんでしたが、使徒パウロは自分の機能と責任をより忠実に、そして、支障なく果たしたいと思ったので、未婚のままでいることを選びました。彼はまた、主に仕えることに一生を捧げたかった故だ、と思っていました。妻と子どもたちがいたら、そのことはできなかったのでしょう。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
ガラテヤ 1:13
以前ユダヤ教徒であったころの私の行動は、あなたがたがすでに聞いているところです。私は激しく神の教会を迫害し、これを滅ぼそうとしました。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
ガラテヤ 1:14
また私は、自分と同族で同年輩の多くの者たちに比べ、はるかにユダヤ教に進んでおり、先祖からの伝承に人一倍熱心でした。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
ガラテヤ 1:15
けれども、生まれたときから私を選び分け、恵みをもって召してくださった方が、

実際、パウロがまだ母親の胎内にいる間でさえ、神は既に彼を使徒として定めておられました。そして、使徒職に定められた時が訪れて、彼は喜んで神の御心に服従しました。

使徒パウロのように、エレミヤがまだ母親の胎内にいたときから、別の特別な機能を行なうことを神はまた意図しておられました。神は、エレミヤを諸国民の預言者となるようにあらかじめ定めておられました。

しかし、これらのいくつかの例外的なケースを除いて、人々は彼らが望む人生の種類を自由に選ぶことができます。彼らが望むなら、彼らは自由に結婚することができます。それが彼らの選択であるならば、彼らはまた、未婚のままでいることも自由です。そして、彼らが結婚することを決心した場合、彼らが最初に神の掟と勧告を考慮することが最善です。

まず第一に、男性または女性が、彼または彼女の生涯の恋人になる適切な人を選ぶようにすることが重要です。彼らは、彼らが適切な人と恋に落ちることを確認する必要があります。何故なのか?悪魔はまた人々に恋に落ちるように促しているが、奴は、彼らに間違った人(例えば、既婚者)を愛するように促しているからです。キューピッドがあなたの心にまっすぐに向かう矢であなた射ると、あなたは愛に目がくらみ、既婚の男性や女性とさえ恋に落ちるのだと、他の人の言うことを信じないでください。それは戯言です。そもそも、キューピッドは本物ではありません。それは神話にのみで存在します。既婚者と恋に落ちるのは、キューピッドの仕事ではなく、悪魔の仕事です。そして、あなたが悪魔の誘惑に屈するならば、あなたは横恋慕と不道徳になるでしょう。

神はまた、あなたが気性の悪い人と結婚することを望まれません。実際、神はあなたが気性の悪い人、いつも怒っている人や、激怒している人と付き合ったり、友達になったりすることさえ望んでいません。彼らは、あなたに悪影響を与える可能性があるので、神は、あなたにそのような人々から離れてほしいと思っておられています。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
箴言 22:24
おこりっぽい者と交わるな。激しやすい者といっしょに行くな。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
箴言 22:25
あなたがそのならわしにならって、自分自身がわなにかかるといけないから。

実際、この素質は男性だけでなく、熱心で常に他の人と争ったり議論したりしている女性にもあります。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
箴言 21:19
争い好きで、うるさい女といるよりは、荒野に住むほうがまだましだ。

だから、あなたの彼女がいつもあなたと喧嘩する、論争するのを見たら、引き返してください。そうでなければ、彼女があなたの妻になった場合、あなたは人生の平和を見つけることができません。そして、彼女が非常に迷惑になり、対処するのが難しくなったときに、あなたは簡単に彼女を捨てたり、追い払ったりすることは出来なくなるのです。

夫と妻が別れるのは神の御心に反します。結婚は長続きするべきです。—それは時の試練に耐えこと、そして、それはすべての困難に耐えるべきことです。これらが起こるので、夫婦関係は、真の愛と神の教えに基づいていなければならないのです。そして、結婚の契約当事者たちは、夫婦関係は生涯であり、死だけが彼らを引き離すことができることを認識する必要があります。

他の教会で結婚を無効にしたり、無効と宣言したりできるとしても、真の神の教会では、結婚は生涯にわたる約束であり、結婚契約はその効力を失うことはありません。そのうちのどちら一人が死んだときにのみ期限切れになります。

そして、Members Church of God International(国際的・神の教会の会員たち)にいる私たちは、夫婦が別れることを許可していないので、結婚したい男性と女性は、本当にお互いを愛していることを最初に観察します。-二人は、異なる家族の背景を持っており、異なったに育てられたこと、自分たちの道に来るかもしれない挑戦や問題に直面する準備ができていること。そして、常にお互いに支え合い、生涯を通じて、お互いに忠実であり続けるのか。そしたら、結婚生活の中で問題や葛藤が生じた場合は、結婚生活の維持にも役立ちます。夫と妻が最後まで一緒にいるのは神の御心であるため、私たちは神の御言葉を使って、物事を修正し、問題を解決するのを彼らを助けます。

私たちが行なうすべてのこと、そして、私たちが行なうすべての選択と決定において、私たちが導かれて、神の御心に従うならば、それは、常に私たちの利益になると断言できます。私たちの自由意志、または、選択の自由を使用するのに賢明な方法は、結婚であれ、人生の他の側面であれ、神の掟に従うことを選ぶことだと言えます。神は、私たちにとって何が最善なのかを知っておられることを常に覚えておいてください。そして、神は私たちにとって最善を望んでおられます。

神に栄光あれ!

免責事項

この日本語翻訳は、私たちの通訳者たちの全力を尽くし最高度の注意をもって翻訳されました。しかし、ControversyExtraordinary.com は諸要因により翻訳された情報の正確さを保証しません。本来の言語である英語版と日本語版に不一致があった場合でも、本来の英語版が常に優勢です。

0 コメント:

自由意志は、神の人間への尽きることの無い愛を示すもの

10月 06, 2020 0 Comments

私たちの命は神から来ています。そして、神がそれを望んでおられるから私たちは存在しています。命をお与えになられている方でおられる神には、命を奪う御力もあります。問題は、すべての死は神によって望まれるのかどうかということです。例えば、胎児がまだ母体内の中にいる間に死ぬのは神の御心ですか?

その質問に対して、明確な「はい」または「いいえ」の答えを出すことはできません。まず、赤ちゃんの死の原因を特定する必要があります。何故、そして、どのように赤ちゃんは死んだのか?赤ちゃんが自然な方法で死亡した場合、つまり、人間の介入がなかった場合、その死は神によって望まれたため、母親は子どもの死の責任を問われないと言えます。しかし、母親が故意に子どもを中絶した場合、間違いなく、子どもを中絶することは神の御目には忌まわしい行為であるため、その場合は、赤ちゃんの死は神によって望まれていません。そして、それを犯した者は誰であろうと、罪のない人の死に対して責任を問われます。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
箴言 6:16
主の憎むものが六つある。いや、主ご自身の忌みきらうものが七つある。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
箴言 6:17
高ぶる目、偽りの舌、罪のない者の血を流す手、

罪のない血を流すことは、神が憎む行為の一つです。そして、罪のない血を流す一つの方法は中絶です。中絶は神の御心に反します。

しかし、罪のない血を流すことは、女性の子宮の中で子どもを中絶することに限定されません。幼い子どもたちの命を奪うことも、どんな理由であろうと、罪のない血を流すこととして見なされます。

ですから、イスラエル人が息子と娘たちををカナンの偶像へのいけにえのささげ物にした時、神は酷く傷つきました。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
詩編 106:38
罪のない血を流した。カナンの偶像のいけにえにした彼らの息子、娘の血。こうしてその国土は血で汚された。

想像してみてください。彼らは。彼ら自身の子どたちを殺害し、燃やして、彼らを偽りの神々への捧げ物にしたのです!

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
エレミヤ書 7:31
また自分の息子、娘を火で焼くために、ベン・ヒノムの谷にあるトフェテに高き所を築いたが、これは、わたしが命じたこともなく、思いつきもしなかったことだ。

息子や娘に火の中を通らせることは、神の戒めに反します。それは、神にとって忌まわしいことです。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
申命記 18:10
あなたのうちに自分の息子、娘に火の中を通らせる者があってはならない。占いをする者、卜者、まじない師、呪術者、

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
申命記 18:11
呪文を唱える者、霊媒をする者、口寄せ、死人に伺いを立てる者があってはならない。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
申命記 18:12

これらのことを行なう者はみな、主が忌みきらわれるからである。これらの忌みきらうべきことのために、あなたの神、主は、あなたの前から、彼らを追い払われる。

科学的に言えば、妊娠3か月または4か月の間に、母体内にいる胎児は、既に人間である認識を持っています。そして、妊娠の2週目から3週目までの早い段階で、子どもはすでに心臓血管系を持っています。実際、最初に形成される器官は心臓です。神にとって、心は非常に重要です。人間が生まれる前に、神は既に人間の中にある心を知っておられています。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
エレミヤ書 1:5
「わたしは、あなたを胎内に形造る前から、あなたを知り、あなたが腹から出る前から、あなたを聖別し、あなたを国々への預言者と定めていた。」

預言者エレミヤの場合、彼が母親の胎内で形成される前から、神は既に彼を知っておられていました。—神は、彼が産まれる前に彼を聖別しました。そして、まだ母親の胎内にいる間、神は既にエレミヤを諸国民の預言者として定められていました。これらすべてを考えると、エレミヤの母親がほんの数週間の時に母体内にいる子どもを中絶することを決心したならば、エレミヤの母親がどれほど重大な罪を犯したかを想像することができます。彼女は、息子に対する神の命令の履行を妨げる可能性がありましたからね。

赤ちゃんを中絶する女性と中絶を行なう医師は、どちらも罪のない血を流した罪を犯しています。彼らが母親の命を守るための場合は、その限りではありません。母親の命が危険にさらされたために赤ちゃんが中絶された場合はまた別の話です。このような状況では、中絶は許容されるようになります。

しかし、非嫡出子から妊娠したために嘲笑されることを恐れたり、女性が責任を避けたくて、その妊娠は彼女の姿を台無しにするから、または、赤ちゃんは彼女の野心を満たす上で障害になるからという理由で中絶が行なわれたのなら、神にとって大きな罪です。そのような場合、中絶をした女性は罪のない血を流した責任を問われるだけでなく、中絶を行なった医師も責任に問われます。これを覚えておいてください—赤ちゃんを中絶することは神の御心の一部ではありません。

現在、中絶を促進する空論があります。それは、その支持者によると、それは世界の人口を制限する方法だからです。予想通り、この愚かさの擁護者は恥知らずな無神論者です。神を信じない人々は、人々の寿命を縮め、地球の人口を減らすことを目的としたすべての運動と概念の背後にあります。これらの人々は大量破壊兵器の発明の背後にいる人々でいて、おそらく、今日、世界中の何百万もの人々に感染し続けているウイルスにもいます。このウイルスは非常に奇妙で非常に強いので、私はそれが自然から来たのではなく、人工であると信じる傾向があります。

代替医療の研究で学んだことから、ウイルスは自己制限的です。これは、ウィルスが短時間の後に自然に死ぬことを意味します。それと異なって、致命的で耐久性のあるこの新型コロナウイルスとは、1か月半以上生き続けます。驚いたことに、宿主の体内部ではなく外部で、最大49日間繁栄します。これは、おそらく彼らが遺伝子組み換え生物(GMO)と呼んでいるものの1つです。これは、植物、動物、ウイルスを含む微生物などの生物の遺伝物質が人間によって改変、または、改ざんされた工程の結果である可能性があります。

今日、GMOは、作物や動物の自然な構成を妨害している金持ち、特にビジネス界の大物によって促進されているようです。これは、彼らがより多くの富を蓄積し、最終的には世界の覇権を達成するために行なっています。

これらの金持ちは、自分たちの心の中に世界政府を持ち、それを主導し、世界経済を独占し、すべての人々に指示をする機会を得るという考えをいじっています。この種の世界政府の考えは、実際には反キリストの概念です。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
黙示録 13:16
また、小さい者にも、大きい者にも、富んでいる者にも、貧しい者にも、自由人にも、奴隷にも、すべての人々にその右の手かその額かに、刻印を受けさせた。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
黙示録 13:17
また、その刻印、すなわち、あの獣の名、またはその名の数字を持っている者以外は、だれも、買うことも、売ることもできないようにした。

世界の支配を熱望する本当に裕福で強力な人々がいることは避けられません。間違いなく、この欲求を持っている人々は悪魔の手先とその仲間です。彼らは神に属していません。だからこそ、彼らは神の創造物の遺伝子構成を変えることを恐れないのです。

私が強調したいのは、人々が死ぬ度に、それらは、神の完全な御心ではないということです。すべての死が神によって直接、望まれるわけではありません。私たちが神の御心について話すとき、私たちは神の寛容な御心や、指示的な御心のようなものがあることを理解しなければなりません。神の指示的な御心は、起こることが神が本当に起こりたいことと望まれたときに起こります。一方、寛容な御心は、神が特定の事柄の発生を許し、または許可したときに発生します。それは人間が望んでいることだからです。それは人間が自由意志を行使したために起こります。

したがって、死が自然に起こった場合、例えば、病気や老齢のために死んだ場合、その人が神と主イエス・キリストの教えを熱心に、忠実に果たしていたときに死んだとしたら、その人の死は神によって望まれたと言えます。しかし、人が無謀に個人的な満足を求めて死んだ場合、そして、神の戒めをよく知っているにもかかわらず、故意に神の戒めを注意を払う必要のないものとして見なすことを選んだ場合、その人の死は神によって許可されただけであり、結果として起こっただけと言えます。その人は、人生で賢明な選択をしなかったことが死因となります。

私の小学校の先生から今まで覚えていることの一つは、彼女の格言の引用でした。「あなたは、あなたの運命の主人公です。あなたは、あなたの魂の指揮官です。」それは、私たち自身が選択と決定を行なうので、私たちが生きたい人生を形作るのに分け前を持っていることを意味します。そして、私たちが誤って行なったことや、神の忠告を完全に無視したことに対して、私たちが責任に問われることになるのは、私たちが行なう選択と決定次第なのです。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
申命記 30:19
私は、きょう、あなたがたに対して天と地とを、証人に立てる。私は、いのちと死、祝福とのろいを、あなたの前に置く。あなたはいのちを選びなさい。あなたもあなたの子孫も生き、

人生において、人間には2つの選択肢が与えられます。人は何が良いか、何が悪いかを選択します。善と悪は世界に存在する現実であり、神が望んでおられているのは、人間が善を選択することです。

しかし、悲しいことに、早い時期から、善を神様がすべて教えて下さったにもかかわらず、人間が悪を選ぶ傾向を神が見てきました。それは、神の教えに反することをするように人に促し続ける神の大敵こと、サタンのせいです。

しかし、創造主の人間への大きな愛と人間の救済への深い慈しみ故に、神は人間とその子孫が生きることを選び、生きていけるために、神様はご自身の処方を人間にお与えになられています。それにもかかわらず、人間には自由意志を与えられているため、決定は人間が下すものです。私たちは、人間が自由意志を行使する際に、慎重さを行使することを期待することしかできません。そして、その人が死ではなく、生を選ぶように願う期待するしかないです!

免責事項

この日本語翻訳は、私たちの通訳者たちの全力を尽くし最高度の注意をもって翻訳されました。しかし、ControversyExtraordinary.com は諸要因により翻訳された情報の正確さを保証しません。本来の言語である英語版と日本語版に不一致があった場合でも、本来の英語版が常に優勢です。

0 コメント:

贖うのも、報うのも神である

10月 06, 2020 0 Comments

聖書で紹介されている本当の神は、まだ訪れていないものさえも視れる神です。その御力の故に、神は人間に訪れる悪を善後策し、または、阻止することができる手段を準備することができます。

私の主張を証明するために例をあげましょう。機械やエンジンを発明した技術者は、すべての部品を設計して組み立てたので、発明した品の可能性、能力、限界について十分な知識を持っています。その製作者として、技術者はその発明品を使用し、維持するのに適切な方法も知っているので、技術者は、機械が提供できる最高品質なものを入手するために、機械の将来の使用者を教育することを目的とした指示のマニュアルを準備します。つまり、そこに列挙されている推奨事項と禁止事項に従うことです。

技術者が完成品を思いつく前から、先見の明のある人間な技術者は、機械が古くなるにつれて、発生する可能性のある問題を理解していたことは明らかです。使用者が無謀になり、マニュアルどおりに従わなくなった場合。また、機械が故障または誤動作した場合のために、取扱説明書には、簡単なトラブルシューティングのヒントと、問題を解決できる信頼・信用できるサービスセンターのリストも記載されています。

神は技術者でもおられますが、技術者の創造主でおられるため、普通の技術者ではありません。人間の創造主である神の知恵、創意工夫、職人技、そして先見性は比類のないものであり、並び無きものです。そして、神の人間への愛、神の傑作は疑いの余地がありません。その証拠の一つは、神が人間を創造される前に、神は最初に、人間が必要とする全てのものが、既に利用可能、接近可能で、助けとなる住居を持てることを確認しました。そして、それが地球なのです。

神は、地球が人間の住居であることを意図しました。使徒17:26に書かれているように、

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
使徒 17:26
神は、ひとりの人からすべての国の人々を造り出して、地の全面に住まわせ、それぞれに決められた時代と、その住まいの境界とをお定めになりました。

神は、最も目立つ細部から微視的な細部まで、ご自身の創造物を裏返しに知っています。神は、人間のあらゆる側面を知っておられています—その者の長所と短所、傾向と限界、そして、特定の状況や状態でその者が取るかもしれない行動の可能な方向さえもです。

しかし、その機能が人間の介入に大きく依存する人工エンジンとは異なり、神が創造した人間は、ある程度の自由を享受しています。神は人間に学習能力を装備する以外に、人間に自由意志を与えて下さったので、人間は自分自身の意志から物事を行なうことができます。

しかし、人間の前に、神によって置かれた特定の するべきこと と してはいけないこと もあるので、人間の自由は本当に絶対的なものではありません。神はまた、人間が従う必要のある一連の法律と、人間が注意を払う必要のある警告と注意の一覧を人間に与えました。そして、これらはすべて、神の「指示の手引き」である「聖書」に書かれています。人間の自由と同時に、人間が従わない場合、それに対応する結果が生じるという認識があります。これは、人間が従うことを選択した場合の報酬があるのと同じ方法です。しかし、同じように、人間には自由意志があるので、従うか従わないかの決定は人間の特権です。

神は、人間が自由意志を悪用して乱用する可能性を予見していました。神の特質の一つは、物事が起こる前に視る御力を持っておられているということを覚えておかなければなりません。人類の物語は、まだ終わっていませんが、実は、神は最初から最後まで知っておられています。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
イザヤ書 46:9
遠い大昔の事を思い出せ。わたしが神である。ほかにはいない。わたしのような神はいない。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
イザヤ書 46:10
わたしは、終わりの事を初めから告げ、まだなされていない事を昔から告げ、『わたしのはかりごとは成就し、わたしの望む事をすべて成し遂げる。』と言う。

※日本語版 イザヤ書 46:10の「望む事」は、本来「喜び (英語版では pleasure)」が正しい翻訳です。

KING JAMES VERSION
ISAIAH 46:10
Declaring the end from the beginning, and from ancient times the things that are not yet done, saying, My counsel shall stand, and I will do all my pleasure:

これらの節で、神の御力、そして、ご自身の能力を比類のないものとして神はご自身を紹介なされました。神が仰せられたことのように、神のような人間は誰もいません。神の御子でさえも、権力において神(御父)のようになることはできません。一つには、神だけが最初から終わりを宣言することができます。

神は、将来に何が起こるかを知っておられています。神は、人間が自由意志を慎重に使用しない可能性、神の注意と警告を無視し、人間の するべきこと と してはいけないこと を無視し、その結果、罪に陥る可能性を予見していました。しかし、神の被造物への配慮と関心が指示書の作成とサービスセンターの推薦のみに限定されている通常の技術者とは異なり、神の人間への愛と思いやりは計り知れません。実際、人間が創造される前でさえ、神が準備されたのは、人間の居住地であるだけでなく、人間が罪深さに陥った時に、人間を贖うのに十分すぎるほどの犠牲もでした。そして、それは主イエス・キリストに他なりません。

この聖書の真理は、「それは、主イエス・キリストが人間を罪から贖うために、最初から、肉体でご自身を示すように、事前に定められていたということですか?」と、必然的にこの質問をするように導きます。

この質問への答えは黙示録5:9にあります。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
黙示録 5:9
彼らは、新しい歌を歌って言った。「あなたは、巻き物を受け取って、その封印を解くのにふさわしい方です。あなたは、ほふられて、その血により、あらゆる部族、国語、民族、国民の中から、神のために人々を贖い、

KING JAMES VERSION
REVELATION 5:9
And they sung a new song, saying, Thou art worthy to take the book, and to open the seals thereof: for thou wast slain, and hast redeemed us to God by thy blood out of every kindred, and tongue, and people, and nation;

英語版の黙示録 5:9の聖句の中にある 「Thou(あなたは・)」と「Thy(あなたの)」の代名詞は、主イエス・キリストを指しています。主は殺されました。そして、主の血によって、主はすべてのあらゆる部族、国語、民族、国民の中から、神のために人々を贖いました。

主はいつ殺されましたか?

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
黙示録 13:8
地に住む者で、ほふられた小羊のいのちの書に、世の初めからその名の書きしるされていない者はみな、彼を拝むようになる。

主イエス・キリストを象徴する小羊、「世の来からほふられた小羊」「世の来から」という御言葉は、神がまだ地球を創造中だった頃、つまり、その頃は、人間はまだ存在していないという意味です。しかし、その時早くも、神は、人間が後に罪に陥る可能性を視たので、贖い主の必要性を既に予見しておられました。その贖い主は小羊であり、世の初めからほふられる運命にあった主イエス・キリストを表しています。

神は、最初から終わりを宣言する能力を持っておられているだけでなく、イザヤ書46:10で、 『わたしのはかりごとは成就し、わたしの望む事(本来は 喜び(pleasure)) をすべて成し遂げる。』と仰せられました。これは、神の非常に重要な宣言です。その「喜び(pleasure)」が私たちの存在の主題なのです。それが、私たちが存在する理由です—私たちの創造主に喜びを与えるためです。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
黙示録 4:11
「主よ。われらの神よ。あなたは、栄光と誉れと力とを受けるにふさわしい方です。あなたは万物を創造し、あなたのみこころゆえに、万物は存在し、また創造されたのですから。」

存在するすべてのものは、私たちの創造主の喜びのために創造されました。そして、私たちは、神の喜びに悪がないことを知っています。

内閣官房長官は、業績に不満を持っている市民から辞任を求められているが、辞任したくない理由を問うと、彼らは、大統領に喜んで奉仕しているとよく言います。つまり、大統領だけが彼らをそこの地位に置いたので、大統領だけが彼らをいつでも解任することができます。しかし、間違っている可能性のある大統領の喜びとは異なり、全能の神の喜びは決して間違っていることはありません。私たちが創造主の喜びのために存在するならば、私たちは常に安全の中にいます。

神の創造物として、私たちにできる最善のことは、私たちの存在と、神が準備された、世の初めからほふられた小羊に対する私たちの感謝を神に示すことです。何故なら、主の血によって、私たちは罪から救われたからです。繰り返しますが、小羊は神の御子、主イエス・キリストを象徴しています。アーメン。

免責事項

この日本語翻訳は、私たちの通訳者たちの全力を尽くし最高度の注意をもって翻訳されました。しかし、ControversyExtraordinary.com は諸要因により翻訳された情報の正確さを保証しません。本来の言語である英語版と日本語版に不一致があった場合でも、本来の英語版が常に優勢です。

0 コメント: