結婚する、または結婚しない:神の掟に導かれよう

10月 10, 2020 0 Comments


神は、人間が常に良いものを選び、神の教えを守り、人間が平和で安全で至福の人生を送ることができるように、神が概説したすべきことと、してはいけないことを守るように望んでおられます。しかし、神は人間に自分のやりたいことを強制することも、人間の選択の自由を省くこともありません。それでも、神は人間が神の御心に従うことを選択した場合、人間が得るであろう利点と利益を明らかにしておられます。

そして、子どもたちのために最善を尽くすことだけを望んでいる父親のように、神は、特に人生の選択や決定を行なう際の先導として、使用できる掟や推奨事項を人間に与えることを忘れておりません。例えば、配偶者と結婚する時です。

結婚は、すべての男性と女性に与えられる選択肢です。自分の家族を作りたい人はいつでも結婚することを選ぶことができますが、静かで、動揺せず、敬虔な生活を追求したい人は、いつでも未婚のままでいることを選ぶこともできます。しかし、結婚することを選択した場合は、後で後悔するような間違いを犯さないように、まず、この問題に関して聖書に書かれている神の掟を調べることが重要です。

女性に関する限り、聖書は、彼女が心配や責任の少ない人生を望んでいるなら、そして、彼女が神への奉仕に気を散らさないような人生を望んでいるなら、結婚しないほうがよいと言っています。何故なのか?結婚することは、24時間年中無休の職業だからです。それは、彼女の多くの時間を必要とするでしょう。そして、結婚すると、神に仕えたいと思うほどの多くの時間を割くことができなくなります。彼女は、神への義務と夫と子どもたちへの義務の間で引き裂かれます。

敬虔さと神聖さについて常に考える未婚の女性とは異なり、既婚女性はこの世のことに心を配ります。ですから、彼女がそのようなことに気を取られないようにするために、聖書は彼女が独身の女や処女であり続けることを勧めています。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
コリント 一 7:32
あなたがたが思い煩わないことを私は望んでいます。独身の男は、どうしたら主に喜ばれるかと、主のことに心を配ります。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
コリント 一 7:33
しかし、結婚した男は、どうしたら妻に喜ばれるかと世のことに心を配り、

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
コリント 一 7:34
心が分かれるのです。独身の女や処女は、身もたましいも聖くなるため、主のことに心を配りますが、結婚した女は、どうしたら夫に喜ばれるかと、世のことに心を配ります。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
コリント 一 7:35
ですが、私がこう言っているのは、あなたがた自身の益のためであって、あなたがたを束縛しようとしているのではありません。むしろあなたがたが秩序ある生活を送って、ひたすら主に奉仕できるためなのです。

典型的な家庭では、夫が稼ぎ手の役割を担っていますが、負担の重い部分を占めるのは妻です。彼女は、赤ちゃんを妊娠し、9か月間お腹に入れたまま抱える人です。 9か月後、彼女は出産します。そして出産することで、彼女の人生は大きな危険に晒されます。そして、出産後、彼女は一日中子どもを授乳し、見守っています。実際には、母親が果たさなければならない仕事は決して終わりません。これは、まだ彼女の夫への妻として、彼らの家の番人としての彼女の義務もまた別の話です。。

彼女は、毎日重い仕事をしているので、神に仕えるために費やす時間を割り当てるのは間違いなく困難です。しかし、彼女が神の掟に従うことを選択した場合、つまり、彼女が独身の女や処女であり続けることを選択した場合、彼女は非常に厳しい生活から免れ、自由に神に仕えることができます。

この特定の神の掟も男性に勧められています。また、子どもたちの授業料の支払い、赤ちゃんのための牛乳やおむつ購入、家賃、借金、その他の家計の支払いなど、家族の世帯主であるという問題から身を守りたい場合。そして、彼が心から主に仕えたいのなら、使徒パウロのように独身でいることが最善です。

時には、使徒パウロのように、特別な機能を果たすために、神から任命された特別な人々がいます。パウロの場合、彼は神の御心を受け入れ、彼の個人的な選択が彼の人生に勝ることを許しませんでした。使徒たちが結婚することは禁じられていませんでしたが、使徒パウロは自分の機能と責任をより忠実に、そして、支障なく果たしたいと思ったので、未婚のままでいることを選びました。彼はまた、主に仕えることに一生を捧げたかった故だ、と思っていました。妻と子どもたちがいたら、そのことはできなかったのでしょう。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
ガラテヤ 1:13
以前ユダヤ教徒であったころの私の行動は、あなたがたがすでに聞いているところです。私は激しく神の教会を迫害し、これを滅ぼそうとしました。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
ガラテヤ 1:14
また私は、自分と同族で同年輩の多くの者たちに比べ、はるかにユダヤ教に進んでおり、先祖からの伝承に人一倍熱心でした。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
ガラテヤ 1:15
けれども、生まれたときから私を選び分け、恵みをもって召してくださった方が、

実際、パウロがまだ母親の胎内にいる間でさえ、神は既に彼を使徒として定めておられました。そして、使徒職に定められた時が訪れて、彼は喜んで神の御心に服従しました。

使徒パウロのように、エレミヤがまだ母親の胎内にいたときから、別の特別な機能を行なうことを神はまた意図しておられました。神は、エレミヤを諸国民の預言者となるようにあらかじめ定めておられました。

しかし、これらのいくつかの例外的なケースを除いて、人々は彼らが望む人生の種類を自由に選ぶことができます。彼らが望むなら、彼らは自由に結婚することができます。それが彼らの選択であるならば、彼らはまた、未婚のままでいることも自由です。そして、彼らが結婚することを決心した場合、彼らが最初に神の掟と勧告を考慮することが最善です。

まず第一に、男性または女性が、彼または彼女の生涯の恋人になる適切な人を選ぶようにすることが重要です。彼らは、彼らが適切な人と恋に落ちることを確認する必要があります。何故なのか?悪魔はまた人々に恋に落ちるように促しているが、奴は、彼らに間違った人(例えば、既婚者)を愛するように促しているからです。キューピッドがあなたの心にまっすぐに向かう矢であなた射ると、あなたは愛に目がくらみ、既婚の男性や女性とさえ恋に落ちるのだと、他の人の言うことを信じないでください。それは戯言です。そもそも、キューピッドは本物ではありません。それは神話にのみで存在します。既婚者と恋に落ちるのは、キューピッドの仕事ではなく、悪魔の仕事です。そして、あなたが悪魔の誘惑に屈するならば、あなたは横恋慕と不道徳になるでしょう。

神はまた、あなたが気性の悪い人と結婚することを望まれません。実際、神はあなたが気性の悪い人、いつも怒っている人や、激怒している人と付き合ったり、友達になったりすることさえ望んでいません。彼らは、あなたに悪影響を与える可能性があるので、神は、あなたにそのような人々から離れてほしいと思っておられています。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
箴言 22:24
おこりっぽい者と交わるな。激しやすい者といっしょに行くな。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
箴言 22:25
あなたがそのならわしにならって、自分自身がわなにかかるといけないから。

実際、この素質は男性だけでなく、熱心で常に他の人と争ったり議論したりしている女性にもあります。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
箴言 21:19
争い好きで、うるさい女といるよりは、荒野に住むほうがまだましだ。

だから、あなたの彼女がいつもあなたと喧嘩する、論争するのを見たら、引き返してください。そうでなければ、彼女があなたの妻になった場合、あなたは人生の平和を見つけることができません。そして、彼女が非常に迷惑になり、対処するのが難しくなったときに、あなたは簡単に彼女を捨てたり、追い払ったりすることは出来なくなるのです。

夫と妻が別れるのは神の御心に反します。結婚は長続きするべきです。—それは時の試練に耐えこと、そして、それはすべての困難に耐えるべきことです。これらが起こるので、夫婦関係は、真の愛と神の教えに基づいていなければならないのです。そして、結婚の契約当事者たちは、夫婦関係は生涯であり、死だけが彼らを引き離すことができることを認識する必要があります。

他の教会で結婚を無効にしたり、無効と宣言したりできるとしても、真の神の教会では、結婚は生涯にわたる約束であり、結婚契約はその効力を失うことはありません。そのうちのどちら一人が死んだときにのみ期限切れになります。

そして、Members Church of God International(国際的・神の教会の会員たち)にいる私たちは、夫婦が別れることを許可していないので、結婚したい男性と女性は、本当にお互いを愛していることを最初に観察します。-二人は、異なる家族の背景を持っており、異なったに育てられたこと、自分たちの道に来るかもしれない挑戦や問題に直面する準備ができていること。そして、常にお互いに支え合い、生涯を通じて、お互いに忠実であり続けるのか。そしたら、結婚生活の中で問題や葛藤が生じた場合は、結婚生活の維持にも役立ちます。夫と妻が最後まで一緒にいるのは神の御心であるため、私たちは神の御言葉を使って、物事を修正し、問題を解決するのを彼らを助けます。

私たちが行なうすべてのこと、そして、私たちが行なうすべての選択と決定において、私たちが導かれて、神の御心に従うならば、それは、常に私たちの利益になると断言できます。私たちの自由意志、または、選択の自由を使用するのに賢明な方法は、結婚であれ、人生の他の側面であれ、神の掟に従うことを選ぶことだと言えます。神は、私たちにとって何が最善なのかを知っておられることを常に覚えておいてください。そして、神は私たちにとって最善を望んでおられます。

神に栄光あれ!

免責事項

この日本語翻訳は、私たちの通訳者たちの全力を尽くし最高度の注意をもって翻訳されました。しかし、ControversyExtraordinary.com は諸要因により翻訳された情報の正確さを保証しません。本来の言語である英語版と日本語版に不一致があった場合でも、本来の英語版が常に優勢です。

0 コメント: