命の目的と意義

9月 14, 2020 0 Comments

すべての生き物は、明確な目的のために存在し、それぞれのの命に意味を持つようになるのは、そのような目的の達成に在ります。

あなたがあなたの周りの様々な生き物の熱心な観察者である場合、あなたはそれらの存在のまさにそれぞれの目的を知っていて、それが何であれそれらがそれぞれの目的を実行する準備ができていることを理解するようになるでしょう。

ミツバチの場合を考えてみましょう。雄の蜂、また、雄蜂は自分の目的または、義務は女王蜂と交配し、女王蜂を妊娠させることであることを知っています。そして、雄蜂は自分の義務が何であるかを理解しているので、女王蜂と交尾した後、女王蜂は死ぬ運命にあります。そうすることで雄蜂は命を失うだろうという知識があるにもかかわらず、雄蜂はそれを実行します。したがって、人々はそれを「自殺的交尾」と呼んでいます。

下の図には、「蜜蜂による自殺的交尾:雄蜂の悲しい生態」と題された記事の抜粋です。

~~~~~
蜜蜂による自殺的交尾:雄蜂の壮絶な生態:

「雄蜂と呼ばれる雄のミツバチは、女王蜂と交尾するという一つの理由だけのために存在します。蜂群にこの奉仕を提供すると、雄蜂は完全に使い捨てになります...」

しかし、雄蜂は自分の使命を真剣に受け止め、大義のために命を吹き込みます。蜜蜂の交尾は、昆虫の世界での性的自殺の最も劇的な例の一つです。女王蜂が仲間を探して飛び立つとき、蜜蜂の交尾は空中で行なわれます。雄蜂たちは女王蜂と交尾する機会を求めて競争し合い、女王蜂が飛び交う時に雄蜂たちは女王蜂の周りに群がります。

最終的に、勇敢な雄蜂が自分の動きをします。雄蜂は女王蜂をつかむと、腹部の筋肉の収縮と止血圧を使って陰茎を反転させ、女王蜂の生殖管にしっかりと挿入します。雄蜂はすぐにその陰茎の先端が破れるほどの爆発力で射精し、女王蜂の中に置き去りにされます。雄蜂は地面に落ち、すぐに死んでしまいます…」

~~~~~

このことから、たとえ自分の命が犠牲になったとしても、雄蜂が自分の使命を非常に真剣に受け止めていることがわかります。



雄蜂の存在意義を満たし、蜜蜂の繁殖や誕生の道具となるため、雄蜂の人生は有意義なものになったと言えます。雄の蜜蜂、または雄蜂が当然の義務を特に注意を払う必要のないと思っていた場合、その種類の蜜蜂はおそらく既に絶滅の危機に瀕しているか、または絶滅した可能性があります。しかし、それらの交尾のために、女王蜂はたくさんの蜜蜂の卵を産みます。それらは後に孵化して若い蜜蜂になります。

実行する特定の義務があるのは、雄の蜜蜂や雄蜂だけではありません。実際には、蜜蜂の蜂群の各一員が果たす義務があります。たとえば、女王蜂は蜜蜂の蜂群全体の保護を担当しています。蜜蜂たちの蜂群を侵入者から守るのは女王蜂の責任です。そして、女王蜂は非常に大きな責任を負うので、女王蜂は食べ物を探すために出かける必要はありません。その義務は働き蜂に帰属します。

働き蜂は、女王蜂のための蜜を集めるために、ある花から別の花へと彷徨って出て行くものです。働き蜂は、花から蜜を吸って集め、それを巣箱に持ち込むことで、女王蜂に安定した食物を届けることができます。蜜が蜜蜂たち口を通ると、蜜は次第に蜂蜜に変わり、働き蜂がハニカム構造に蓄えます。女王蜂は自分のために保存されているすべての蜂蜜を消費することができないので、過剰分は人間によって消費されます。

蜂蜜、特に蜂の巣は、甘い味がするだけでなく、人間の健康にも非常に有益です。実際、蜂蜜を食べることは聖書に勧められています。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
箴言 24:13
わが子よ。蜜を食べよ。それはおいしい。蜂の巣の蜜はあなたの口に甘い。

私たちは、聖書に書かれた神のすべての宣言をいつでも当てにすることができます。蜂蜜は確かに良いです。実際には、人体に必須な鉱物と栄養がすべて含まれているため、完全な食品と見なされています。その完全性は、赤ちゃんの完全な食品としても考えられている乳に例えることができます。

神がイスラエル人をエジプトの国から救出なさった時、神は彼らを牛乳と蜂蜜が流れる土地に連れて行くと約束しておられたことを覚えておく必要があります。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
出エジプト記 3:8
わたしが下って来たのは、彼らをエジプトの手から救い出し、その地から、広い良い地、乳と蜜の流れる地、カナン人、ヘテ人、エモリ人、ペリジ人、ヒビ人、エブス人のいる所に、彼らを上らせるためだ。

それは、神の民がその土地で栄養を欠くことはないということを意味します。若い人も老人も、完全な食糧の供給があります—赤ちゃんのための乳と大人のための蜂蜜。但し、ハチミツは、乳児や一歳未満の子どもには与えないでください。生命に害を及ぼす可能性があります。だから、蜂蜜の代わりに、赤ちゃんたちには乳を与えられるべきです。実際には、大人の方でも、適量の蜂蜜を摂取することをお勧めします。

聖書によると、人は過度ではなく、十分な量の蜂蜜を食べるべきです。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
箴言 25:16
蜜を見つけたら、十分、食べよ。しかし、食べすぎて吐き出すことがないように。

十分な量以上の蜂蜜を摂取すると、血糖値が上昇し、嘔吐を引き起こす可能性があります。

私が強調したい点はこれです。蜜蜂たちが自分たちの存在意義を果たすことに忠実でなかった場合、すなわち、雄蜂が女王蜂との交尾において、自分の命を危険に晒すことを拒否した場合、同様に、働き蜂が女王蜂のために蜜を集めて保管しない場合、そして、女王蜂が若い蜜蜂になる卵を産み、孵化することに失敗した場合、彼らの蜂群が確かに滅びるだけでなく、最も特に、人間は蜂蜜の健康と治療効果の恩恵を受ける機会を得られません。どうやら、蜂蜜はもともと女王蜂の摂取を目的としていますが、人間もそれから恩恵を受けています。言い換えれば、人間は蜜蜂の勤勉な働きの最後の受益者となったのです。

実は、木、牛、魚、豚、鶏などの他の被造物について話しても、彼らの存在の最終的な受益者も人間であることが分かります。彼らは栄養を必要とする人間を維持するために存在します。彼らはその目的を果たすことができるので、彼らの存在は意味のあるものになります。

さて、人間以外の生き物が明確で高貴な目的のために存在する場合、同じことが人間にも当てはまるはずです。人間はまた、特定の目的、または義務を果たすために存在し、それも人間が果たすべきものです。そして、その義務は神に仕えることです。人間は自分の人生を無目的にそして無用に費やしてはなりません。代わりに、人間はそれを自分の全義務であるので、神を敬い、神の戒めを守るためにその命を使わなければなりません。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
コヘレトの言葉 12:13
結局のところ、もうすべてが聞かされていることだ。神を恐れよ。神の命令を守れ。これが人間にとってすべてである。

人類の全義務は、生命の創造主でおられる神に仕えることです。私たちは、私たちの命と存在を神に借りていのです。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
使徒 17:28
私たちは、神の中に生き、動き、また存在しているのです。あなたがたのある詩人たちも、『私たちもまたその子孫である。』と言ったとおりです。
ですから、私たちの命が私たちの創造主に奉仕するために費やされることは正当ですが、神無しでは、私たちは地球上に存在することは出来ません。

悲しいことに、人々はそのことに気づかなかったので、彼らは主を殺しました—主は神の御子で、いのちの君でもおられる方です。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
使徒 3:15
いのちの君を殺しました。しかし、神はこのイエスを死者の中からよみがえらせました。私たちはそのことの証人です。

主イエス・キリストに愛と感謝を示し、主に仕える代わりに、彼らは主を殺してしまったのです。

確かに、私たちが存在意義を理解できず、私たちの命の意義を発見できなければ、漂泊者や怠け者、あるいは快楽主義者になってしまうかもしれません。

命の意義を理解することは、まず私たちの存在意義と私たちが果たさなければならない義務を知ることです。そして、私たちの命を意義あるものにすることは、私たちの義務を果たすことと私たちの目的を果たすことです。

人間として、私たちの目的と私たちの全義務は神に仕えることです。その義務は私たちの命に意義を与えるものです—それ無しでは、私たちの命は無意味で無意義になります。ですから、私たちの命が意味と目的のあるものになって欲しいのであれば、神に仕えることに費やさなければなりません。そして、神に仕えるとは、神を敬い、神の戒めを守ることです。

神の祝福がありますように!

免責事項

この日本語翻訳は、私たちの通訳者たちの全力を尽くし最高度の注意をもって翻訳されました。しかし、ControversyExtraordinary.com は諸要因により翻訳された情報の正確さを保証しません。本来の言語である英語版と日本語版に不一致があった場合でも、本来の英語版が常に優勢です。

0 コメント: