憎しみの真っ只中に、神に喜ばれることをしてみませんか?

8月 16, 2020 0 Comments

私が説教する主イエス・キリストの福音聞く機会を得た真実の探求者たちは、必然的に神に仕え、Members Church of God International(国際的・神の教会の会員たち)の一部となるという強い欲求を育みます。それだけではなく、彼らが感じる圧倒的な喜びの故に、彼らはまた、彼らが学んだこと、彼らが見つけた真の教会に加わることを彼らの愛する人たちにも学べて、加わって、そして一緒に神様に仕えられることを望んでいます。

残念ながら、時々、物事は常に彼らが望むものに従って起こるとは限りません。彼らの愛する人たちが宗教を変えるという考えに抵抗するだけでなく、私の説教するキリスト教の教義に耳を彼らが傾けることを彼らの愛する人たちが妨げる場合もあります。

更に悲しいのは、彼らの愛する人の異議と抵抗は、教義の問題などの確固たる根拠に基づいているのではなく、主に感傷性に基づいているということです。真実の探求者である彼らの両親や祖父母は、聖書に反したり、誤った信念や慣習に関係なく、人生で慣れたからだけで彼らに導入された宗教に固執することを望んでいます。

これらの真実の探求者たちは、このような人々や愛する者たちも救われて欲しいので、彼らの愛する人たちが示す反応で、彼らが彼らの友人や家族を神の教会に加わるように説得する方法の苦境に直面しています。

これは実際、多くの人が経験する両刀論法です。しかし、聖書は愛する人を神に仕えるように導く方法を教えているので、それほど大きな問題ではありません。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
ペトロ 一 3:1
同じように、妻たちよ。自分の夫に服従しなさい。たとい、みことばに従わない夫であっても、妻の無言のふるまいによって、神のものとされるようになるためです。

聖句によると、妻は夫の回心に役立ちます。彼女は言葉を使わなくても彼を信仰に導くことができますが、それは善行をすることによってのみです。彼女の善行は十分すぎるほど語ることができるので、妻は夫を説得するために説得力のある言葉を使用する必要はありません。格言が言うように、行動は言葉よりも雄弁です。

神の教会で教えられている主イエス・キリストの教えへの従順のために妻に起こっている肯定的な変化を夫が見ると、何も言わなくても、妻が加わった教会が本当に神のものだと夫は快く信じます。夫は最初に好奇心を育て、後に神の教会に参加することに興味を持ちます。

与えられた例は、妻がどのように夫を神に導くことができるかを示していますが、これは家族の他の一員、更には友人や同僚にも適用できます。

あなたが教会で学んだ教えを実践することによって、彼らがあなたに与えるかもしれない冷たい扱いにもかかわらず彼らに良い行いをすることによって、彼らはあなたが神の教会に加わることにおいて間違っていないことを心の中で知ることになるでしょう。そして、あなたがそれを知る前に、彼らはあなたの神への奉仕においてあなたと共にいます。ですから、善行をすることに飽き飽きしないでください。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
ペトロ 一 2:12
異邦人の中にあって、りっぱにふるまいなさい。そうすれば、彼らは、何かのことであなたがたを悪人呼ばわりしていても、あなたがたのそのりっぱな行ないを見て、おとずれの日に神をほめたたえるようになります。

あなたが良いことを続け、あなたについて否定的なことを言っても、人々を親切に扱い続ければ、神を認めない人でも、神を認めることを学ぶ時が来るでしょう。彼らはまた、神を賛美します。

同じ苦境を経験している人々への助言の一つ:他の人々の拒絶を恐れないでください。彼らの意見が神に仕えるというあなたの願望を妨げられないようにしてください。あなたが持つ必要があるのは、使徒たちが持っていたある種の信念です。そして、あなたの一番の関心事は、他の誰よりも先に神に従うことです。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
使徒 5:29
ペテロをはじめ使徒たちは答えて言った。「人に従うより、神に従うべきです。

私たちの従順は、優先的に神に与えられるべきであり、私たちの家族や友人ではなく、金持ちや有力者ではなく、他の誰にも与えられるべきではありません。神は私たちの創造者です。神は私たちの命の所有者です。それだけでも、私たちが絶対的な従順、完全な献身、そして留保なしの愛を神に与えることは適切なことです。

配偶者、両親、兄弟姉妹、友人を愛することには何の問題もありません。彼らの世話について何も問題はありません。しかし、神へのあなたの愛は彼らへのあなたの愛よりも遥かに大きいことを取り計らうようにすることです。他の者への愛は、神への愛に次ぐものです。私たちは心を尽くし、魂を尽くし、心を尽くして神を愛すべきです。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
マタイ 22:37
そこで、イエスは彼に言われた。「『心を尽くし、思いを尽くし、知力を尽くして、あなたの神である主を愛せよ。』

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
マタイ 22:38
これがたいせつな第一の戒めです。

JAPANESE SHINKAIYAKU SEISHO
マタイ 22:39
『あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ。』という第二の戒めも、それと同じようにたいせつです。

ですから、もしあなたが神に仕えたいのなら、あなたが神の召しに耳を傾けたいのであれば、恐れることは何もありません。何も邪魔してはいけません。あなたが本当に神を愛しているなら、他に何も問題はないはずです。

他の人が言うことに恐れないでください。そもそも、あなたは彼ら全員を満足させることができないので、あなたが何をするにしても、彼らは常に何か言うことを持っています。だから、あなたは神に喜ばれることをするのが良いのです。

そして、もしあなたが神の教えに従い、そして、あなたが神の教会の管轄下であなた自身を差し出すのなら、それは神にとって喜ばしいことです。そして、一旦、神の教会の中に入ると、あなたは絶えず善行をするように教えられ、それらは、あなたの愛する人たちを扱うときに適用することができます。

そして、神の御助けを借りて、彼らがあなたがどのように良くなったのかを見るとき、あなたが受け入れた信仰を彼らに受け入れさせることはそれほど難しいことはありません。

神の祝福がありますように!

免責事項

この日本語翻訳は、私たちの通訳者たちの全力を尽くし最高度の注意をもって翻訳されました。しかし、ControversyExtraordinary.com は諸要因により翻訳された情報の正確さを保証しません。本来の言語である英語版と日本語版に不一致があった場合でも、本来の英語版が常に優勢です。

0 コメント: